シンポジウム 福島原発事故 「吉田調書」を超えて


澤井正子

福島第一原子力発電所事故原因に関するシンポジウムが雑誌『世界』の主催で開催されますのでご案内いたします。パネリストは、海渡雄一氏、田辺文也氏、 田中三彦氏、ほかです。
参加費無料ですが、申込み制(先着150名:1/18締め切り)になっておりますので、 参加ご希望の方は、下記要領にて岩波書店『世界』編集部シンポジウム担当  までお申込みください。

————————————————————
【転送・転載歓迎】
https://www.iwanami.co.jp/news/n17630.html

【シンポジウム「福島原発事故 「吉田調書」を超えて」@明治大学(1/22)】

シンポジウム
福島原発事故 「吉田調書」を超えて――何が究明され、何が究明されていないのか

■日時
2017年1月22日(日)12時30分開場 13時開会 15時40分閉会予定

■場所
明治大学駿河台キャンパス リバティタワー16階 1163教室

■講演・パネルディスカッション
海渡雄一氏(新書『原発訴訟』著者)、
田辺文也氏(叢書・震災と社会『メルトダウン』著者)、
田中三彦氏(新書『原発はなぜ危険か』著者)

■参加費
無料

■参加申込
氏名・年齢・連絡先(電話・FAX・メールアドレスのいずれか)を明記のうえ、1月18日(水)までに、FAX・メール・葉書にて下記までお申込みください。

メールアドレス:sekai@iwanami.co.jp

FAX:03-5210-4144

郵送:〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2-5-5
岩波書店『世界』編集部シンポジウム担当

※先着150名様までの受付とさせていただきます。
※受付順に予約番号をお伝えしますので、当日、受付にてお申し出ください。

■主催
岩波書店『世界』編集部/福島第一原発事故を考える会(共催)

■問い合わせ先
岩波書店『世界』編集部
電話:03-5210-4241
FAX:03-5210-4144
メール:sekai@iwanami.co.jp

『遺言 原発さえなければ』上映


西川直子

 

満6年の3.11に向けて『遺言 原発さえなければ』大河映画を3分割、連続上映!

豊田 直巳監督来訪! この機会をお見逃しなきよう! すぐにご予約ください!

==============================
1月8日(日)16:00~

       第50回 月1原発映画祭+交流カフェ

『遺言 原発さえなければ』上映1 〈第1章 汚染、第2章 決断〉
==============================

年明けから、月1原発映画祭ではドキュメンタリー映画『遺言 原発さえなければ』
(全5章
3時間45分)を3回に分けて、毎月1回上映。貴重な映像をじっくり見ることができます。 記念すべき50回目。カフェでは暖かいものをご用意します。

上映1 1月8日(日) 16:00~ 第1章 汚染〈取り残された住民たち〉・第2章
決断〈酪農家人生の崩壊〉(92分)

上映2 2月5日(日) 第3章 避難〈ご先祖さまを残して〉・第4章
故郷〈つなぐ想い〉(63 分)
上映3 3月5日(日) 第5章 遺言〈原発さえなければ〉(70分)

福島原発事故直後の2011年3月12日から2013年4月まで、飯舘村を中心に、住民家族に密着取材し、時を追って記録した貴重な映像です。今回上映する1~2章は、汚染の事実が徐々にわかっていく村のようすと、
生業を手放さざるをえなくなった人々の苦渋を伝えます。飯舘村は事故の1か月後から全村避難となり、現在に至っていますが、2017年3月末の避難指示解除(帰還困難区域の長泥地区を除く)が決まり、住民の方々は「戻るか、戻らないか」の決断を迫られています。
原発再稼働といい帰還促進や避難者支援打ち切りといい、原発事故を過去のものにしようとする動きが加速するなか、6年目の3.11に向けて、この映画をぜひ皆さんと一緒に観て、語り合いたいと思います。どうぞお気軽にご参加ください!

■日時:2017年1月8日(日) 15:30 開場
16:00~17:35 『遺言』1・2章上映
17:40~18:40 豊田監督トークと質疑応答
19:00~20:00 交流カフェ

■映画『遺言 原発さえなければ 福島の3年間―消せない記憶のものがたり』
(監督 豊田 直巳、野田
雅也/2013年/225分) http://yuigon-fukushima.com/

【第1章 汚染 〈取り残された住民たち〉】(52分)

【第2章 決断 〈酪農家人生の崩壊〉】(40分)

■会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木駅・JR日暮里駅・JR西日暮里駅下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側2軒目。
築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。

地図: http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

■参加費/定員
【上映1】500円/定員30名  *3回共参加の場合は1200円(1回目に前払い)
【監督トーク】500円/定員30名
【交流カフェ】500円(軽食+1ドリンク付)/定員20名

■予約方法:以下いずれかの方法で予約してください(3回一括申し込みも承ります)

1.申込みフォーム
【上映1・トーク】 http://kokucheese.com/event/index/441237/
【交流カフェ】 http://kokucheese.com/event/index/441238/
*交流カフェは、上映とは別にお申込みが必要です。

2.メール eigasai@jtgt.info
*件名を「月1原発映画祭申込み」として
参加者氏名(複数お申し込みの場合は全員のお名前をお書きください)、
参加内容(上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。
3回共参加の場合はその旨明記してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*トークと交流カフェは上映会に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:月1原発映画の会
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)
共催:映画『遺言』プロジェクト
問い合わせ先:eigasai@jtgt.info

支援団結成1周年集会


福島原発刑事訴訟支援団

 

絶対に風化させない! 責任をうやむやにさせない!
その想いを結集しましょう。来年1月29日、支援団結成1周年集会です。

1日も早い裁判を! 支援団結成1周年集会
福島原発事故の真実を明らかに

強制起訴から、早10ヶ月。
裁判はまだか!と言う声がさまざまな所から上がっています。
未だ闇のなかにある原発事故の真実と責任の所在を、1日も早く明らかに・・・。
それは、繰り返される核の悲劇にピリオドを打つための一歩だと、私たちは信じています。

東電株主代表訴訟 第29回口頭弁論


松田奈津子

2012年3月5日に東電取締役等に対して提起した「東電株主代表訴訟」ですが、今回の期日において、当方のIAEA技術文書に基づく主張への補助参加人からの反論(第20準備書面)への反論書面を陳述予定です。
なお、政府事故調のヒアリング調書に対する文書提出命令申立に関しても、まもなく裁判所の判断がなされる見込みです。

3・11からまもなく5年9カ月を迎えますが、未だだれも責任を取っていない東電福島第一原発「事件」。
この訴訟によって、取締役の責任追及の重要性を多くの人に知っていただく機会になればと思います。

期日後は、弁護団からの報告の後、原告でもある山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)を迎え、学習会「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」と題し、わかりやすく解説します。
最近の東電の不始末や実質国営化状態の継続などの背景を知るとともに、未だ収束の見えない核事故の現状を考える機会になると確信しています。
平日の昼間の時間帯になりますが、ぜひご参加ください。

2016年12月15日(木)13時半~

【直前地裁前アピール】
・12:30 ~東京地裁前(最寄:霞ヶ関)

【第29回口頭弁論期日】
・13:30~ 東京地裁103号法廷

【記者会見】
・14:00~ 記者クラブ(東京高裁2階)
出席:弁護団:河合弘之、海渡雄一、甫守一樹ほか
原告:堀江鉄雄(原告代表)、木村結(事務局長)、ほか

【報告&学習会】※14:30~通行証配布
・15:00~
裁判報告 甫守一樹 弁護士(弁護団)
学習会 講師:山崎久隆(たんぽぽ舎副代表)

参加費:無料
会場:衆議院第2議員会館第1会議室
(1階地下)
(最寄:国会議事堂/永田町)

▼詳細はこちら
http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/

もっかい事故調セミナー


澤井正子

▋つぎつぎに認められる“ゾンビ原発”の再稼働—その危険な側面—▋

日時:11月26日(土)PM1:00-4:30(事前申込みはありません)
場所 :岩波書店セミナールーム
(岩波アネックス3F・1Fは岩波ブックセンター)
(地下鉄神保町駅下車)
(チラシ・会場地図はhttp://www.cnic.jp/7218 )
資料代:500円
パネリスト:
上澤千尋(原子力資料情報室)
佐藤暁(元GE原発技術者)
小倉志郎(元東芝原発技術者)
田中三彦(元日立系原発技術者)
*もっかい事故調:国会事故調で事故原因調査を担当したメンバー(元委員,元協力調査員)の有志が集い,事故調査を継続している.

福島第一原発事故を受けた炉規法改定により、原発の運転期間は「原則40年」
に制限された。しかし、これはあくまで“原則”である。原子力規制委員会が認めれば、最長20年の期間延長が認められるのだ。よくあるザル法のようだが、原子力規制委員会発足直後の記者会見で、田中俊一委員長は確かこう話していた。期間延長への対応は「相当困難」である、と。
ところがどうしたことか。運転年数40年を超え、墓場へと向かうと思われていた関西電力の高浜1号(運転開始1974年)と高浜2号(同1975年)の二つの老朽化
原発が、今年2月、あいついで運転延長が認められた。そして、翌月には、同じ関西電力の美浜3号(同1976年)の運転延長も認められた。期間延長は相当困難どころか、半死半生のゾンビ原発がいとも簡単につぎつぎと蘇っている。早くも「40年ルール崩壊」の感がある。
40年を超えた原発、あるいはそれに近づきつつあるゾンビ原発予備群。日本にはこうした“老朽化原発”がじつに多い。現在再稼働が目論まれている42基の原発のうち、運転年数が30年を超えるものがじつに17基もある。これらの老朽化原発は浅い知識、古い技術、古い法規、古い審査体系をもとにつくられている。そんな原発が当初の想定寿命を超えて運転延長されることにはどんな大きな危険があるのかを、まずパネリストが提示し、参加者の方々と全員で議論したい。

主催:もっかい事故調
賛同:原子力資料情報室
協力:岩波書店「科学」編集部
問い合わせ:
090-4422-5394(澤井)
sawai@cnic.jp

第49回 月1原発映画祭


西川直子

築50年の木造民家を耐震補強再生改修した谷中の家で、
11月6日(日)、スウェーデン映画『脅威』を上映します。
スカンジナビア半島北部でトナカイ遊牧生活をしてきた先住民族、
サーミの人々はトナカイが大量に殺処分されるなど
チェルノブイリ事故による放射能汚染で 大打撃を受けました。その様子は、
酪農はじめ福島の農林水産業の現実と重なります。
当日は、映画の日本語版制作に携わった荒川俊児さんと、
スウェーデン在住の松田青子さんをゲストに迎えてお話をうかがいます。

===============================================================
第49回 月1原発映画祭+交流カフェ
『脅威』上映+トーク「北欧サーミとチェルノブイリ事故をめぐって」
===============================================================

■日時:11月6日(日)
【1回目上映】14:00~15:20(開場13:30)
【2回目上映】16:00~17:20(開場15:30)
トーク 17:20~18:15 ☆1回目をご覧の方もご参加いただけます。
【交流カフェ】18:30~19:30

■映画『脅威』 http://www.eizoudocument.com/0648FILM003.html
スカンジナビア半島の北部でトナカイの遊牧生活を営むサーミの人々のチェルノブイリ後を描いた映像詩。サーミの人々は、豊かな大自然のなかに、生活のすべてをつくりあげてきた。ところが、チェルノブイリの死の灰が彼らの地を突然襲った「あの日」以来、彼らの生活は根本からくつがえされてしまった。彼らの暮らしぶりと、サーミ人の夫婦ユンさんとリリムールさんの淡々とした語り口のなかから、サーミの人たちの心が伝わってくる。ベルリン映画祭特別賞受賞。(ステファン・ヤール監督/1987年/スウェーデン/72分)

*各回上映後に、ヤール監督のショート・インタビュー(今年4月にスウェーデンで放映されたチェルノブイリ30周年のTV番組より)を上映します。

■トーク・ゲスト
・荒川俊児さん(映像ドキュメント.com)
・松田青子さん(スウェーデン在住)

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

■参加費/定員
【1回目・2回目上映(トーク込)】各1000円(パンフレット付)/定員30名
【交流カフェ】500円(軽食+1ドリンク付)/定員20名

■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム
【1回目上映】http://kokucheese.com/event/index/432089/
【2回目上映】http://kokucheese.com/event/index/432090/
【交流カフェ】http://kokucheese.com/event/index/432091/
*交流カフェは、上映とは別にお申込みが必要です。

2.メール eigasai@jtgt.info
*件名を「月1原発映画祭申込み」として参加者氏名(複数お申し込みの場合は全員のお名前をお書きください)、参加内容(1回目、2回目、交流カフェ)を明記してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*交流カフェは上映会に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

++++++++++++++++++++++++++++
2017年1~3月の予告
++++++++++++++++++++++++++++
長編ドキュメンタリー『遺言』(豊田直巳・野田雅也共同監督)
http://yuigon-fukushima.com/
を3回に分けて上映します。

・1月8日(日) 第1章 汚染(取り残された住民たち)
第2章 決断(酪農家人生の崩壊)
・2月5日(日) 第3章 避難(ご先祖さまを残して)
第4章 故郷(つなぐ想い)
・3月5日(日) 第5章 遺言(原発さえなければ)

■主催:月1原発映画の会
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)
問い合わせ先 eigasai@jtgt.info