『新地町の漁師たち』上映+山田徹監督トーク


西川直子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5月13日(日)16:00~第60回 月1原発映画祭/交流カフェ
『新地町の漁師たち』上映+山田徹監督トーク
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新地町は福島県浜通りの最北、宮城県との県境にある町です。
東京電力福島第一原発の事故によって、漁業はどうなったのか、地下水の海洋放出をめぐって、漁師たちの生の姿を追う、貴重な映像です。
上映後は山田監督のお話をじっくりうかがい、監督を囲んでの交流カフェでは具沢山のパスタサラダをご用意します。
皆さまのご参加をお待ちしています!
■日時・プログラム
2018年5月13日(日)開場15:30、開会16:00
16:00  『新地町の漁師たち』上映
17:40 山田徹監督トーク
18:30 休憩
18:50 山田徹監督を囲んで交流カフェ
20:00 閉会
■映画あらすじ
東日本大震災における津波や福島第一原子力発電所の事故により操業自粛を余儀なくされた、福島県太平洋岸最北端・新地町の漁師たちの姿を、3年半にわたり記録したドキュメンタリー。一時期は再生不可能とまで言われた新地町の漁業。国と東京電力は原発の廃炉に向けた「地下水バイパス計画」を進めようと、漁業者から計画容認を
得るため交渉を進めるが、複雑な思いを抱えた漁師たちの間には賛否両論が巻き起こる。生活が一変した漁師たちや、それでも変わらず続けられる漁村の伝統祭事の様子を捉えながら、様々な葛藤を抱えた漁業者たちの合意形成をめぐる交渉や、福島の漁業の今を記録した。(2016年/日本/89分)
HP:http://shinchi-ryoshi.businesscatalyst.com/

■山田徹監督プロフィール
1983年、東京新宿生まれ。自由学園卒。映画美学校ドキュメンタリー科を経て、2009年から記録映画の製作会社である自由工房に勤務。記録映画作家である 羽田澄子監督に師事する。個人活動として国内アートプロジェクトの記録映像に関わる。初監督となる本作で第3回グリーンイメージ国際環境映像祭グランプリ受賞。
HP:http://www.yamadatoru.com
■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
地図:http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築60年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
■参加費/定員
上映:1000円/定員30名
トーク:500円/定員30名
交流カフェ:500円(軽食と1ドリンク付)/定員20名
■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム(上映・トーク・交流カフェ、別々にお申込みが必要です)
・上映http://kokucheese.com/event/index/518048/
・トークhttp://kokucheese.com/event/index/518049/
・交流カフェhttp://kokucheese.com/event/index/518050/
2.メールeigasai2018@jtgt.info
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員)、
参加内容(上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。
3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)
*トークと交流カフェは映画上映に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。
■主催:月1原発映画の会
問い合わせ先eigasai2018@jtgt.info
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)–
西川直子
nishikawa@kj-web.or.jp
090-9492-0075

『原発の町を追われて』上映+堀切さとみ監督トーク


西川直子

みなさま
小さなコミュニティスペース「谷中の家」西川直子からのご案内です。

7年前から福島県双葉町民の避難生活を追い続けてきた堀切ひとみ監督。長い時間かけて見えてきたものが
あります。第1部から第3部まで一挙上映。
カフェは、キューバ料理をご用意します。
監督を囲んで7年目の3.11を一緒に過ごしませんか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3月11日(日)15:30~第59回 月1原発映画祭/交流カフェ

『原発の町を追われて』上映+堀切さとみ監督トーク
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■日時・プログラム
2018年3月11日(日)開場15:00
15:30~17:10 上映
17:20~18:20 トーク
18:40~19:40 交流カフェ
■参加費/定員
・上映 500円/定員30名
・トーク 500円/定員30名
・交流カフェ 500円(1ドリンク+軽食付)/定員20名
■映画『原発の町を追われて』(第1部・第2部・第3部)
第1部、第2部では、2年間にわたる福島県双葉町民たちの避難生活を記録。
さらに第3部では、埼玉県で新たに農業を始めた元牛飼いの女性の3年間を伝えます。
(2012年・2013年・2017年/100分/日本)
公式ホームページhttp://genpatufutaba.com
■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築60年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム(上映・トーク・交流カフェ、別々にお申込みが必要です)
・上映http://kokucheese.com/event/index/507508/
・トークhttp://kokucheese.com/event/index/507509/
・交流カフェhttp://kokucheese.com/event/index/507510/
2.メールeigasai2018@jtgt.info<mailto:eigasai2018@jtgt.info>
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員の氏名)、
参加内容(上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。
3.電話 090-8681-4783(阿部)、または090-9492-0075(西川)
*トークと交流カフェは映画上映に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。
■主催:月1原発映画の会
問い合わせ先eigasai2018@jtgt.info<mailto:eigasai2018@jtgt.info>
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)

原発ゼロ社会への道 2017


『原発ゼロ社会への道 2017 ―― 脱原子力政策の実現のために』
意見交換会 in 福島市
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原子力市民委員会は、福島原発事故の収束と被災者の方々の一日も早い生活の再建、そして脱原発社会の道筋を拓くための政策をまとめ、その実現をめざす 市民シンクタンクとして、震災から2年後の2013年4月に発足しました。
昨年末『原発ゼロ社会への道 2017 ―― 脱原子力政策の実現のために』を発表 し、その公論形成活動の一環として、3月 6日(火)に福島市にて意見交換会を 開催することにいたしました。
全6章からなる『原発ゼロ社会への道 2017』は、第1章「東電福島原発事故の 被害と根本問題」として、事故のもたらした被害の現実に向き合うこと、第2章「福島第一原発事故現場の実態と後始末」として、事故の後始末に長期的な視点を取り入れることを提言の骨子とし、福島原発震災からの復興という課題について、あるべき政策の方向性について提起をしています。
これらについてご紹介した上で、会場の皆さんとの意見交換を通じて、課題解決 の糸口をさぐりたいと考えております。
直前のお知らせで恐縮ですが、ぜひご参加ください。

■日  時:2018年 3月 6日(火)16:30~19:00
■会  場:福島大学 国際交流センター
(福島県福島市舟場町4-30)
https://goo.gl/maps/KkwnnDuHorJ2
福島駅東口から徒歩15分、バス(2番、3番乗り場)舟場町下車徒歩すぐ
※3番乗り場からの「宮下町経由掛田駅前行」は、舟場町に停まりません
のでご注意ください。

■プログラム(予定)
(1)趣旨説明と『原発ゼロ社会への道 2017』の紹介
(主に第1章、第2章について)
(2)全体での意見交換

■委員会からの出席者(予定)
大島堅一(龍谷大学政策学部教授、原子力市民委員会 座長)
満田夏花(国際環境NGO FoE Japan、原子力市民委員会 座長代理)
筒井哲郎(プラント技術者の会、原子力市民委員会 原子力規制部会長)武藤類子(福島原発告訴団団長、原子力市民委員会 委員)
細川弘明(京都精華大学人文学部教授、原子力市民委員会 事務局長)石井秀樹(福島大学 うつくしまふくしま未来支援センター 特任准教授、
原子力市民委員会 福島原発事故部会コーディネータ)    他

■資料代:1,000円
(資料として、『原発ゼロ社会への道 2017 ―― 脱原子力政策の実現のために』を配布します。すでにお持ちの方はご持参いただければ資料代は無料となります。

主 催:原子力市民委員会
『原発ゼロ社会への道 2017 ―― 脱原子力政策の実現のために』
http://www.ccnejapan.com/?page_id=8000

お問い合わせ
原子力市民委員会事務局
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3F
E-mail:email@ccnejapan.com <mailto:email@ccnejapan.com>
TEL/FAX:03-3358-7064

総会&記念講演のお知らせ


フクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)会員のみなさま
 ここ福島は雨少々、日照りなし、猛暑なしの異常冷夏が20日以上も続いています。みなさまのところはいかがでしょうか。
共同代表の佐々木慶子です。ご無沙汰してすみません。
昨年9月の総会以降、学習会(11.23)、事務局会4回、対交渉県2回などを行ってきました。県環境創造センターには再要望書を出して継続的に交渉しております。
さし当たっては、第5回総会&記念講演を以下の要領で開催いたします。参加可能な方にはご出席いただけたら、大変嬉しいです。
              ― 記 ―
(1)イベント名:フクシマ・アクション・プロジェクト 第5回総会&記念講演
(2)日   時: 2017年9月16日(土)13:00~16:30
①第1部ー総 会  13:00~13:50
②第2部ー記念講演14:00~16:30(含 開会、Q&A等)
(3)会   場: 福島市市民会館 第2ホール
〒960-8021 福島市霞町 1‐52 ℡024ー535-0111
-福島駅東口から車で10分程度
(4)講演テーマ:IAEAなど国際機関のもくろみと動向について知り、
FAPとしての対応方法を探る。
(5)演   題: IAEAとフクシマ
(6)講   師: 瀬川嘉之さん
(7)講師プロフィール:
1964年生まれ。早稲田大学理工学部物理学科卒業。
科学技術館職員後、
高木学校医療被ばく問題研究グループ、
NPO法人市民科学研究室低線量被曝研究会、
NPO法人市民科学者国際会議理事、
NPO法人シューレ大学非常勤スタッフ。
2011年4月以降、放射線・放射能に関する講演多数。
共著『受ける?受けない?エックス線CT検査』(七つ森書館)、
『原爆調査の歴史を問い直す』(市民科学研究室)、
『福島原発事故はなぜ起きたか』(藤原書店)他。