私の友達のジャックがねえ…


CRIIRAD機関誌25/26合併号に載った、メンバー2人(R・シャゼル、M・マザル)によるベラルーシ訪問(2003年4月)記から

私たちの最初に歩を踏み入れたのはストリン地区である。フランスの核ロビーが始めたエートス・プログラムは、この地区で進められている。地域はまったく孤立していて、ブラリとやってこれるような場所ではない。泊まったホテルのすぐ脇には、巨大なレーニン像が、街にのしかかるように聳えている。ホールには大惨事の結果起こっている様々な物事を処理するのが仕事の、コム・チェルノブイリという政府系の団体の責任者が、私たちを待ち受けていた。私たちがこの地区にいる間、彼がお供をするというのである。私たちは住民たちと話がしたいのだが、場合によっては、彼をうまく巻く必要もでてきそうだった。

«mon ami Jacques…»(私の友達のジャックがねえ…)というのが、彼の知っているただ一つのフランス語の«言い回し»で、ろくでもないが、何度も何度も繰り返すことになるその言い回しに出てくるジャックというのは私たちの大統領ではなく、エートスの責任者の一人であるロシャール氏のことであり、COGEMA(総合原子力社。アレヴァの前身),EDF(フランス電力),CEA-IPSN(原子力局=原子力安全保安研究所)という、フランス原子力界の三大勢力を一纏めにした「npo法人」CEPN(原子力部門防護評価研究センター)の代表である。フランスではモスクワの監視という考えはお馴染だろうが、ここでは旅の途上、ずっとパリの監視というものにつきあわされることになったのだ。

ベラルーシへの旅を準備している最中に、この地域でエートスのために働いているパシャという看護婦が主人公のルポルタージュを、インターネットで見つけた。今日、「案内役」の監視下で、私たちはオルマニー村まで、彼女に逢いに生くのである。チェルノブイリの結果と取り組む測定専門家とての彼女の体験を話してもらえるものと期待していた。

番組ではパシャは地域地域にある放射能測定センターの一つで働いていた。こうしたセンターはベルラド研究所の作ったもので、フランスの科学者たちの提案によってベルラドからコム・チェルノブイリの手に奪われてしまったのだ。彼女はやはりそうしたコム・チェルノブイリの測定所にいたが、しかし、ピンスクという別の町の測定所に移っていた。このエピソードに関して彼女が言うには、「以前は、ベルラド研究所が給料を払ってくれましたが、エートスが始まると、装置はピンスクに映されました。私の給料の方は、ちゃんとしてもらえませんでした。研究予算はここまで回ってこないようです」

エートス・グループの要求する仕事は、大部分、彼女の肩にかかっている。インターネットにあった、彼女のことを書いた文章を、私たちは持っていっていた。「パシャ、チェルノブイリ後に生き甲斐を見つけた」という題の記事である。彼女をキーパースンの一人として、エートスの栄光を謳い上げようというわけだ。

記事を彼女のために読んだが、「欧州委員会の出資を受けたフランスの研究者たちからなるエートス・チームは、まさに救い主だった」という部分を彼女は話題にした。「このくだりをお読みいただいた時、凄いショックでした。問題が何一つ解決していないのに、全部うまくいったみたいに書いてあるじゃないですか。放射能はそのまんまだというのに」

(パシャの証言はもっとあるが、今はここで止めておく。彼女にとって舌禍になる可能性もあるからだ。私たちは別の印刷物で、この分を埋め合せようと思っている)

日を追って、私たちに少しずつ奇妙な感覚が忍び込んできた。あちこちで、どうしてペクチンにはお金が出ないんでしょうね、ということを聞いたのだが、実にスラスラとこんな答が返ってくるのである。「だって、効くからですよ。そうなったら、もう実験できないじゃないですか。私たちが徐々に汚染されていくのを観察して、そこから教訓を引き出して、知識を増やしたいんでしょう、それができなくなっちゃうからでしょう」

醒めきった答えの中に、酷いことになってしまったこの地域に毎年毎年、入れ替り立ち替りやってくる科学者たちの行動がどんなものなのかが、雄弁に物語られている。チェルノブイリ大惨事の犠牲者であり、一かけらの民主主義もない政治体制の犠牲者でもあるベラルーシの人びとは、それに加えてまた別の苛つかせる連中がやってくるなど、本当に真っ平なのだ。途方もない孤独を感じさせる元が彼らの国にあるとすれば、途方もない怒りを感じさせるものが、私たちの….

子どもの諸器官へのCs137の慢性蓄積


ユーリ・バンダジェフスキー

スイス医学週報(SMW)(2003年)

要約

チェルノブイリ大惨事による降下物で激しい汚染を受けたベラルーシのホメリ地方で、私たちは1990年以来、田園地域の人々、特に子どもたちの諸器官内のCs137の蓄積の進展を研究してきた。子どもたちは、同じ地域に住む成人に比べて高いCs137の平均値を示している。

私たちは解剖時に諸器官のCs137の水準を測定した。Cs137の特に高い蓄積が見られたのは、内分泌腺で、特に甲状腺、副腎と膵臓である。心臓、胸腺、脾臓にも高い値が見られた。

序文

チェルノブイリ原子力発電所の爆発(1986年4月26日)以来、ベラルーシの放射能に汚染された諸地区で生活する子どもたちは、ベラルーシでもCs(セシウム)137に汚染されていない地域の子どもたちには滅多に見られない慢性の疾患に苦しんでいる。放射性沃素ショックなるものの病原的役割については沢山のことが書かれてきた。それは数十種ばかりの短寿命の放射性核種に、基本的には沃素131に因る。沃素ショックはまた、幾つかの状態の進行に糸口をつけ、それがそのまま、体内に取り入れられたCs137による慢性的な低線量被曝の下で、引き継がれていく、ということもありうる。チェルノブイリ周辺に生活する人々の身体組織内に、ここ17年、作用し続けている人工放射能は、長寿命の放射性核種に因るもので、主にはストロンチウム(Sr90)、セシウム(Cs134そして特にCs137)だが、さらにプルトニウムを含む各種のウラン派生元素がある。

Cs137の子どもの体内での効果を研究する場合、1987年3月以降の出生で、たとえ子宮内であろうとも、沃素ショックに傷めつけられていない子どもたちを選択するのが肝要である。正常な妊娠であれば、胎児を保護するために胎盤は母体の血液中を循環しているCs137を吸収する。Cs137の胎盤への集積が100Bq/kgを超えると、胎児は傷めつけられる。

新生児は母乳からCs137を摂取する。地域の村で生産された牛乳や野菜を飲食している子どもたちは体内に少しずつCs137を蓄め込んでいく。特に高いCs137の集中が見られるのは野生の漿果や茸、狩猟鳥獣で、貧困家庭はこうした食品に頼っている。

研究法

ホメリ病理研究所でとられていた研究法

セシウムはガンマとベータ、双方の線源である。ベータ線はゲノムと細胞の構造に対して、ガンマ線よりも放射線としての毒性が強いが、セシウムの人体内での単位体重あたり放射能を測定する時に使用されているのはガンマ線である。全身を測定するのと、諸器官に蓄積しているCs137の水準を測定するのとでは、私たちは異なった装置を用いている。

ベルラド研究所は放射線防護の独立機関だが、その移動チームによる測定は、装置の状態を年に一度、欠かさず精査することによって、精確さを保っている。さらに、ドイツとベラルーシの共同プロジェクトの一環として、異った装置(ベルラド研究所所有のウクライナ製«スクリーナ3M»型全身測定器7台、ユエリヒ研究センター所有のドイツ製«カンベラ・ファストスキャン»型移動測定用全身測定器2台)各々の癖を、相互校正でチェックすることができた。初めは11%ほどもあった誤差範囲が、後には7%以下に抑えられるようになった。体重1kgあたり5Bqを下回ると、測定の精確さは保障されなくなる。

解剖中の器官の検査など、実験室内での試料の体重あたり線量の測定には、ベルラド研究所から自動式の«Rug-92M»型ガンマ放射線測定器が、ホメリ国立医学院に提供されていた。測定時間は、100Bq/kg以上の試料の場合で1分、50-100Bq/kgの試料では10分である。49Bq/kg以下になると、精度は減少する。また、各試料の再測定をフランスで行ない、発見に間違いのないことを確かめた。

測定結果と議論

解剖=病理学的アプローチ

病理研究所では異なった器官それぞれについて、Cs137の集積状態を必ず計測するシステムになっていた。妊娠期間中ずっと、母体の血液中を循環しているCs137は胎盤が吸収、蓄積し、胎児は比較的うまく防護されているように見受けられる。多重畸形による流産の場合には、胎児に高い線量のCs137が見られる。

6ヵ月を過ぎた赤児からは高い線量が測定される。«表1»には、赤児の13器官について、Cs137の数値を示した。

«表1»
赤児6人の13器官で測定したCs137

 123456
死因敗血症早発性畸形敗血性出血脳畸形心臓病敗血症
器官




心臓5333 4250
62541661071
1491
肝臓250 277525 851 882 1000
肺臓1125
2666
400
1195
1500
2610
腎臓1500
1687
259
2250
812
583
3000
1363
305
90
1693
714
甲状腺4333
6250
250
1900
未検1583
胸腺3000
3833
1142
3833
714
833
小腸2500
1375
571
3529
2200
590
大腸3250
3125
261
3040
4000
2125
3750
1250
1500
未検未検未検
脾臓3500
1500
428
1036
2000
2125
副腎1750
2500
未検2500
4750
2619
膵臓11 000 12 500 1312 未検未検2941

Cs137の体重あたり放射能がもっとも高い数値は膵臓、副腎、心臓に見られるが、胸腺、胃、腸壁も高い。症例1と2では、集積しているCs137の値は、膵臓では肝臓のそれぞれ44倍、45倍にもなっている。

成人と子どもの各器官でのCs137の蓄積

ホメリ地方の田園地帯に居住する成人と子どもの解剖の際に、8つの異った器官に含まれていたCs137を調べた。子どもの平均的な;Cs137測定値は、同じ環境に生活する成人の2倍から3倍の高さである。(図1)

調べたすべての器官で、放射性セシウムの測定平均値は、子どもの方が成人より高かった。ホメリ州の田園地帯の町村での、学童の全身測定値も、やはり成人の値を上回った。

«図1»
1997年に死亡した成人と子どもの;諸器官内での放射性同位体の蓄積

banda_f11:心筋
2:脳
3:肝臓
4:甲状腺
5:腎臓
6:脾臓
7:骨格筋
8:小腸

1997年調査の、10歳以下の子どもたち

1986年の4月26日から6月までの間、チェルノブイリからの放射性降下物は濃密であった。放射能の2/3は短寿命の放射性各種によるもので、もっとも重要なのは沃素131であった。1987年以降に出生した子どもたちは、«子宮内»も含めて、«沃素ショック»によっては傷つけられていない。

病理研究所では、様々な原因で死亡した、ホメリ州の田園地帯の町村の子どもたち51人を調べた。このグループは沃素ショックを受けていない。慢性的な内部被曝がこの子どもたちの病気の源であったとしても、放射性セシウムなど長寿命の放射性核種、に帰因できるであろう。調べた13の器官について平均数値の高い順に、標準偏差付きで示したものが«表2»である。

ホメリの国立医学院では、器官への放射性セシウムの蓄積に因る細胞の損傷を研究した。諸器官にこの放射性核種が蓄積したことに因る機能障害、ないしは疾病については、臨床的、疫学的、ラットとハムスターによる解剖=病理学的ないし動物実験的な論文が計20編ある(1〜4の文献を参照)

«表2»
1997年、ホメリ地方の10歳以下の子ども52人の13の器官でのCs137の体重あたり平均測定値

器官Bq of Cs-137/kg
1:甲状腺2054 ± 288
2:副腎1576 ± 290
3:膵臓1359 ± 350
4:胸腺930 ± 278
5:骨格筋902 ± 234
6:小腸880 ± 140
7:大腸758 ± 182
8:腎臓645 ± 135
9:脾臓608 ± 109
10:心臓478 ± 106
11:肺429 ± 83
12:脳385 ± 72
13:肝臓347 ± 61

Cs137のもっとも高い平均値が見られるのは膵臓を含む内分泌腺である。甲状腺のCs137の蓄積量は肝臓より6倍も高い。内分泌腺の次に高いのは胸腺で、平均930Bq/kgにもなる。

結論

子どもたちが体内に抱えてしまっているCs137については、さらに調査を進めるべきであるし、様々な疾病の発症に関しては集中的な研究が必要である。放射能に汚染された耕地が次第に耕作されるようになってきているし、放射能汚染された食品が全国的に流通している現在、ことは急務である。

汚染地域の学童たちは放射能汚染のない食品を学校食堂で無料で提供されていたし、また毎年、綺麗な環境のサナトリウムで一カ月を過した。しかし経済的な理由から滞在期間は短縮され、汚染地域内の町村の中に、「きれい」に分類し直されるところが出てきた。そして、国家によるきれいな食品の提供も終りにされてしまうのである。

文献

1 Zhuravlev F. Toxicology of radioactive substances, Second Ed. pp 336, Energoatomizdal, 1990.
2 Bandazhevsky Yu I. Pathology of incorporated radioactive emission. Gomel State Medical Institute 2001; pp. 91.
3 Bandazhevsky Yu I. Radiocaesium and congenital malformations. Internat J Radiation Medicine 2001:3:10–11.
4 Bandazehvsky Yu I & Lelevich V V. Clinical and experimental aspects of the effects of incorporated radionuclides upon the organism. Gomel 1995; pp 128.