危機的健康状況を巡る緊急アピール


ユーリ・バンダジェフスキー
ガリーナ・バンダジェフスカヤ

「ドニエプル」50号に掲載されたアピール文(2009年4月)

チェルノブイリ原子力発電所事故から23年がたち、ベラルーシ共和国では、放射性元素によって汚染され、長期にわたる放射線核種セシウム137とストロンチウム90を吸収した汚染地域の住民たちは、心臓・循環器系の様々な病気と、各種の悪性腫瘍との危険度の増大に曝されています。これらの病気が休みなく増え続けている結果、人口構成が破局的な様相を呈し始めてきました。死亡率が出生率の2倍近くにもなっているのです。

放射性同位体セシウム137が長期にわたって身体組織に入り込むと、幾つもの器官が、また生命系が損傷を受けます。

私たちには、セシウムを次のように捉えるだけの確かな理由があります。

1) 細胞核を崩壊させ、それによって身体組織内に変異を引き起す源のひとつとして

2) 体の状態を維持するプロセスを破壊する要素の一つとして。また、人には生れつき遺伝によって、特定の病的な状態になりやすいとか、病気になりやすいといったことが、隠れていることがありますが、それを表に出やすくする要素のひとつとして

3) 生命器官に大量に集まって、そこで細胞内のエネルギー装置を破壊して、器官を傷つける、そうした毒物の一つとして

私たちの考えでは、これこそがベラルーシ共和国の領域内で様々な病気の罹患率が上昇している基本的な原因なのです。

人体組織へのセシウム137の作用の支配的な特徴は、細胞の仕組みを破壊するに至る、代謝過程の圧迫です。細胞と組織との損傷の量は、取り入れられた放射性核種の量に比例します。

セシウムが人体組織内、あるいは動物の組織内にもたらす病的な変質は、放射性同位体セシウム137慢性同化症候群、ないしは放射性同位体セシウム137滞留同化症候群としてまとめられます。

セシウム137を体内に取り入れると、この症候群が現れます(その激しさは、取り入れた量と、期間によって変化します)。この症候群の特徴は、代謝の病気で、その結果、心臓=循環器系、神経系、内分泌系、免疫系、生殖系、消化器系、腎臓系、肝臓胆嚢系の構造的機能的な変質が起ります。

滞留同化症候群がどの程度の分量のセシウム137によって起きるかは、年齢や性別や身体の全般的な状態によって、異ります。

子どもたちは、50Bq/kg程度のセシウム137が体内にあると、システムや臓器に重大な病的変化が現わ始めることが分りました。代謝の障害も、10B/kgくらいから以上のセシウム137が集ってくると、問題になり始めます。これは主に心筋内で起ります。

放射性元素(セシウム137など)を含んだ食品の摂取によって、日常的慢性的に、長期にわたって放射能に曝されている住民たちを、私たちはチェルノブイリ事故の被害者として考えていくべきだと思います。

こうした問題に解決を与えること、つまり、チェルノブイリ事故によって汚染された地域に住む人々の健康状態を守っていくべきですが、目下の状況はそうなっていません。国内的にも国際的にも、緊急な決断が要請されています。