不起訴決定に抗議します!


竹内雅文
(「福島原発告訴団」10月8日名古屋集会チラシ裏面より転載)

原子力発電所 が地震や津波に弱く、破滅的な事故の可能性が極めて高いことは、ずっと以前から指摘されてきました。福島第一発電所が老朽化した危険な施設であることも、 度々指摘されてきていました。そうした一切の警告を無視し、事故は絶対に起らないというまったく根拠のない妄言に基いて、政府および東京電力は福島原発の 操業を続け、2011年3月11日の大震災による破局的な大惨事を招いたのです。

そして政府、東電やそれに連なる御用医学者らはその後の事 態の中で、福島県民を始めとする住民の命を真剣に護ろうとせず、最低限の情報さえ隠匿し続けて今日に至っています。発電所は今も極度に危険な状態が続き、 日々、作業員を被爆させ、地元を中心に多くの国民の健康を危険に曝しています。この事故を原因として、既に多くの人命が奪われ、多くの人たちが 棲み家や生業を失い、激しい不安を伴った貧困生活に直面しています。

それにもかかわらず、こうした事態を招いた無能で無責任で非人道的な行 政官や御用学者、経営者らは、いっさいの咎めを受けず、取調べさえ受けず、謝罪もせずにのうのうとしているという許し難い事態を前に、私たちは「福島原発 告訴団」を結成し、検察に対し、この未曾有の公害犯罪に厳しい捜査のメスを入れ、法廷の場で彼らの行為を法にのっとって充全に指弾するよう、要請すること になりました。

2012年6月11日、1324人の福島県民で、経済産業省原子力安全保安院、原子力安全委員会、原子力委員会、文部科学省 らの、この原発災害に責任ある地位にある者たちと、東京電力の幹部社員たち、さらに福島県の放射線健康リスク管理アドヴァイザーたち、総計33名を業務上 過失致死傷罪、公害罪の被疑事実で、また東京電力等を公害罪の被疑事実で、福島地検に告訴しました。

さらに、11月15日には、日本全国、さらに海外在住者も含めて、13,262人が福島地検に第2次告訴を行いました。私たちの中部地区(愛知・岐阜・三重)からも1000 人以上が参加しています。

その後、私たちは訴追をより確実なものにする爲に、度重ねて証拠資料を提出し、さらに多くの声を集約する「厳正な捜査と起訴を求める緊急署名」を展開し、2013年3月末までに108,333筆を提出しました。

しかし、福島地検は2013年9月9日、突如として私たちの告訴を東京地検に移送し、それを受け取った東京地検はその僅か1時間後に不起訴処分の決定を私た ちに通知してきました。9月13日に代表数名と弁護人が検事局に赴いて抗議し、釈明を受けましたが、検事局側にその不起訴決定を満足に説明可能な積極的な 論拠などは何もなく、極めて低質な詭弁や言い逃れに終始し、これがまともな法治国家の検事局の姿であろうかと、愕然とさせられる態のものであったと言わざ るを得ません。

権力機構の一端としての検事局が、庇い合いの論理の中から出してきた、主権者を愚弄する「結論、先にありき」の決定である と、私たちは判断せざるを得ません。強制捜査を一度も行わなかったばかりか、報道(時事通信)によれば、形だけ見せるイカサマ家宅捜索の計画まで立てられ ていました。

春先より意図的に「全員不起訴」をマスコミにリークし、その際、私たちの告訴と何の関係もなく、まったく思想も立場も異る人物 の行なった菅直人氏らへの告訴と意図的に混同した報道を誘導してきました。また今回の発表に際しては、その僅か1時間前に東京地検に移送し、被害の現場で ある福島県での検察審議会への訴えを予め封殺するという、まさに民主主義法治国家の司法制度の根幹を揺がす暴挙を敢えて行なってきました。

私たちは決して諦めることなく、さらなる訴追提起を継続し、また国際社会にも強くアピールしていきます。

これでも罪を問えないのですか


谷田部裕子

2013年9月13日、経産省前テントひろばトークイベント「伝えよう 福島の叫びを 届けよう 私たちの思いを」より

お手に取っていただけたでしょうか。有難うございます。関東も含めて日本全国、14000人近い告訴人の方がいて、7000通の陳述書の中から50通を選んで、というというもので、本当にぜひ読ん・・・・
ここで私たちの声を聞きに立ち寄ってくださっている方たちは、もうお読みにならなくとも、胸にしっかり分っていらっしゃる方。で,まわりにそうではなさそうな方がいたら、ぜひ、手渡して「読んでみてね」って、言ってほしいんです。

一人ひとりの方、私、生の陳述書をコピーをする事務的な手伝いをした時に、中身までは個人情報ですから読みませんでしたけれど、こういう本になる前の陳述書は、レポート用紙に書いたものとか、便箋に、もう年配の男性なんでしょうけれども、筆の字でキチンと書かれたものとか、それから子供が鉛筆でつたない字で書いたものとか、生のものが本当に悲痛なものがあります。

で、表紙で叫んでいるの、これ、私なんですが、叫んでいる中身はですね、この時は多分、署名を届けに福島地検に行った時だったんですけれども、10万という署名が集った時だったと思います。もし違っていたら御免なさい。この時、福島地検の人たちに、「聴いてください」って叫びました。

tumi
私、実家が福島ですので、私たち福島の者も栃木の人も東京の人も色んなところの人も、かなり遠く離れた静岡の人だって、多くの人が本当だったら引き継ぎたかった、子供たちにね、手渡したかった放射能で汚れていない土、空気、「大丈夫なんだ」っていいう安心感、そういうものを子供に引き継ぎたかったのに、それができなくなった、私たちは子供たちに綺麗な故郷を遺すことがもうできなくなった、もう取り返しがつかないんです。元に戻らない。

だからせめて、過ちが正されて、正義が通る、法律がキチンと守られて、被害者が救済されて、過ちが繰返されないようにする社会を、せめて、放射能汚染されていない故郷の爲なら、せめてそういう社会正義を子供たちに引き継ぎたいって言って、叫んでたんです。

そのことをさっき、思いながら、不起訴処分の説明を聴きに、弁護団の団長、副団長、弁護士の河合先生、海渡先生と一緒に10人ぐらいで入って、1時間ぐらいほど説明を聴いて、途中で抜けてきたんですが、詳しくは弁護士の先生や弁護団の方から発表があると思います。それをぜひご注目ください。

つたない私の素人の頭で1時間聴いてきた感想は、本当に驚くべきものでした。がっかりしました。新聞なんかにも、皆さん、書いてあると思います、お読みになったと思いますが、刑法上で罰することができないものだっていう、簡単に言うとそういうことなんですね。

検察の方がおっしゃるには、政府の事故調とか国会の事故調とか、色々なところであの原発は人災だとか、色んな原因があるだとか、言っているけれども検察の仕事は被告訴人、訴えられたあの33人の一人ひとりについて社会通念上・・・・何か難しい言葉で言っていました。・・・・社会的な行動準則から逸脱していない、一般通常の、常識って言うんですか、それに照らして、その、告発した相手の人たちが、掲示告発するに値しないって、そういうことをおっしゃってました。

福島の子供たちを早く逃がさなかった、放射能汚染を実際にされている関東の他の子供たちのことも救わない、除染もしない、お金も出さない、汚れていることも指摘もしない、調べもしない、そういうことをしているのに、それが結局、告発されないというものでした。・・・・説明が下手で御免なさい。ここで黙っていたら、また事故が起ると確信しました。あれほどのことが起っても、今、原稿の刑法では、一人として罰することができませんということは、これから同じことが起っても、罰することができないということですよ。そしたら、そんな緩い甘いものを避けようとする企業がいるかどうか。

「大丈夫だ」と思ったら、またやるでしょう。だからそういう意味でも、この国は原発を持つ資格もなければ、そういう状況にもない、と本当に、この福島原発告訴団の告訴・告発が不起訴になったというこの事実、何故、不起訴になったのか、どういう理由で不起訴にされたのか、それを皆でちゃんと落ち着いて、、、、感情的にショックだったり、がっかりしたり、頭に来たりすることは沢山あります。それも大事ですけれど、その不起訴の理由というのを大人であれば国民一人ひとりが、ここでちょっと立ち停って確かめて、こんなことでいいのか、というふうに、皆で手を携えてこれからもやっていきたいと思いながら、テントに向って歩いてまいりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

これでも罪を問えないのですか
金曜日・刊
ブックレット版127p 840円
一般書店にご注文いただけますが、福島原発告訴団でも取り扱います。
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/p/blog-page_8981.html

翼をください


渡辺ミヨ子

「経産省テント裁判第3回口頭弁論報告集会」(2013年9月12日参議院議員会館)より

miyoko_tentsaiban
私は阿武隈の山の中で生まれて育って、そこからたいして出たこともなくて、この原発事故以来、東京に何度も来ました。福島が汚されてしまったものですから、それでテントで心身ともに助けていただいて、今日に至っております。それで、テントは本当に私たち、福島県民にとっても私たちにとっても、大切な、守っていただかなければいけないものです。どうか、今後とも、よろしくお願いします。

それでちょっと私のこの原発に対する、その….私は小さい時から…私の母親は無口で子どもたちには何も口喧しいことは言って育ててはもらえなかったんですけれども、「正直は一生の宝」「信用に勝る財産なし」と口癖のように私たち子どもに言って育ててもらいました。

そのためかどうか、私は嘘を見抜くのがとても得意で…それで、この原発政策は私は始めから嘘をついて…こんなに嘘と偽りと隠蔽体質で築き上げられる、その原子力発電所っていうものに…こんなものが作られて日本を救うはずがないって…嘘は「信用に勝る財産なし」って言われるように、嘘を言って信用を失くすから、すべてが失くなってしまう。私は「日本の未来は本当に暗いものになってしまうんだな」と、本当に悲しくなります。

一方、総理大臣が…あんなに上手に議会に行って嘘をつける大臣が…そういう日本は世界から信用されなくなりますし、そのために日本人は大損をするのではないかと思います。

で、私、ちょっと今、日本人って昔から権力者によって、同じ闘いやら…嘘と偽りの政治っていうのは、昔の白虎隊の時代もそうですし、徳川家康の時代もそうですし、大河ドラマを見てますが、本当に同じことが繰り返され、その度に弱い人たちが犠牲になり、総出で闘って残った人たちが勇者になってきましたね。

そしてこの前に第二次世界大戦の時も、今回の原発事故と同じように、国民に対しては「この戦争は勝つんだ」「絶対、負けることはないんだ」って嘘を言って、どんなに負けても負けても最後の最後まで嘘を言って、負けた戦争だったと私は思っています。そういう権力者による嘘と作り事で、国民を騙して築き上げられる…「今の原子力政策も同じだなあ」って私は見ています。

そして今、汚染水の問題が言われていますが、私たちはあの原発事故が起きた時から、冷やさなければいけない、それこそ一日に何百トンという水を使って冷やさなければいけない原子力発電所が4基も壊れて、それを全部、冷やさなければいけない…膨大な水が海に流れないはずがないって思って見ていました。

そしてそれをズウーッとまるで収束したかのように言われてきて、今になって大騒ぎしていますけれど、あれは始めから漏れるのが当たり前、放射能が高くなっていくのが当たり前だって、私らは思ってました。誰が素人が考えたって、あんなおっかないものを作って、誰も手に負えられなくって、地元の人たちが…私の知ってる人も大勢行って、働いています。それなのに、あたかも何もなかったような顔をして政治家は原発を再稼動させたり、また外国に輸出しようとしたりしていることに、本当に、もうこの日本の国は御仕舞いなんだなと思って、考えます。

ちょっと私が、一番、大事なことと思っていることを、書いてきましたので、見ながら申し上げたいと思います。

今、福島圏内各地で行なわれている、除染という名の下に行なわれている、5センチ以上の土が剥がされて、袋詰にされています。大きな袋にミミズごと詰められてしまい、福島県人は放射能に汚れた土が憎い。草が憎い。木が憎い。ただ黙ってそれを見ています。庭の草花も大切な花木も昔から先祖代々守ってきた家を風雪などから守ってきた大きな木が誰の情け容赦もなく切り刻まれて、袋詰にされてしまうのです。

放射能という怖ろしい毒物は人々の心をも、憎むべき相手を間違えるほどに狂わせてしまうのです。その点でも、この世界で、もっとも怖れなければいけないものであると、私は思うのです。この毒物が眼に見えなく臭いもなく、見た眼には何でもないために様々な臆測を生み、人々の心を分断していくのです。

この核を作る元になったラジウムを発見しノーベル賞を貰った、キューリー夫人の本を私は改めて読み漁っています。キューリー夫人は人類のためになることだけを信じ、そのために自分の体が蝕まれていってしまったことに気付かずに、死んでいったと言うのです。

放射能で家族の体が蝕まれ、冒されていっても気付かずに、ノーベル賞だけを貰って逝ってしまった。私たちにとってはとても悲しいことの始まりだったのかも知れません。しかしそのノーベル賞を、2度も取ったと言われるキューリー夫人が、亡き人となって何年過ぎると言うのでしょう。今、世界はその頃とはまったく違う状況の中にあるのです。今は生きる科学者はまずそのことを心に止めるべきでしょう。

私は地球、母なる星という素晴しい本に十数年前に出会いました。1984年にフレデリック・ホイルという宇宙飛行士は「宇宙から撮った1枚の地球の写真、それが人の目に触れる時、それまでになかった力強い考え方が解き放たれる」と言っています。その予言があってから60年以上経ちました。何十ヶ国の何百人という人たちが宇宙に飛び発ったのです。その人たちが、美しく、しかもいかにも壊れ易いこの地球という星を宇宙から眺めて、考え方が根本的に変ったという人がたくさんあります。そして、自分と地球、宇宙の中の人間の位置について考えなければならないのです。

昔から日本人が繰返し行なってきた同じような闘い…始めは地域で闘い、そして日本の中で国盗り合戦のようなことを行ってきたのです。

我が家のために命を賭けた、お国のためにと言っておられますが、せっかくの尊い命も偉大な考え、働きも、いつも終りには多数の人の命を奪い、若者が、自ら命を断つような行為に走る、走らなければならないということは、どんなに科学が進んでも、繰返される。現代社会を生きる人間がそういうことを行うことは、地域の損失であり、国家の損である。限りある資源の中で生きる人類、地球人の損失であることを、しっかりと自分の心に教えることが、この素晴しい宇宙に二つとない美しい地球を生きる人類の役目ではないでしょうか。

今朝のニュースで、福島原発の汚染水の問題でトリチウムが1日あたり10万ベクレル、別のところでも9日に29000ベクレル、翌日には64000ベクレル。日に日に放射能による汚染度は上がるばかりです。そして誰も近寄ることができなくなるのではないかと思います。

4基もの原発が爆発して、メルトダウンし、毎日、膨大な放射能が今でもあること、そして当たり前でさえ危険なものが爆発して壊れてしまったら、安全にすることが果して人間にできることなのかも、疑われます。それでもゼネコンはそれを金儲けにしようと目論んでいるとしたら、それこそが人類の危機ではないのか。

私は、「翼をください」という歌が大好きです。ちょっと、ここで歌ってもいいですか?

tubasamiyoko

これが今、私たち、福島県人の願いです。

改めて誓いましょう、すべての原発を止めましょう!


佐々木慶子
(2013年9月11日、経産省前テントひろば。ヒューマンチェーン集会での発言)

keiko911yoru

福島からやって来た佐々木慶子です。核と人類は共存できない。原発と人類は共存できない。原発は凡てを奪う。このことを表現したのは、3/11福島原発事故 です。そこから学べない、学ばない、学ぼうとしない人がいるっていう、この現実を私は信じられません。福島の、この事故から学んで貰いたいと思います。福島の多くの女たち、だけでなく、すべての人間、福島の多くの人間は、命、財産、なりわい、田畑、これまでのコミュニティ、すべてを奪われました。何よりも 子供の、安全に、安心して暮せられる環境を奪われてしまいました。失ってしまいました。

皆さん、福島原発のような事故が、あと7年後の 2020年まで、また二度と起こらないっていう保障を誰ができるんでしょうか。地震が起きないという、この保障は誰ができるんでしょうか。どんな立派なオ リンピック施設、オリンピック準備をしたとしても、また世界中からたくさんの人びとをお招きしたとしても、あの福島原発のような事故が再び起きたとしたら、もうすべてが失われるのです。

まさに、いますぐに、福島だけでなくどこの原発も止めることこそ最大の準備であり、おもてなしではないんでしょうか。そのことを確信をもって、私たち日本人のためだけじゃなく、世界の人たちのために、地球環境のために、安全な環境で子供たちを育てられるために、おいしい自然のものをいただけるために、私たちはすべての原発を止めることが、最大の原発事故を起こした日本人としての務めでもあると思います。

皆さん、すべての原発。福島だけの問題ではないんです。何時、どこで、あと50基ある原発、すぐ止めなきゃいけないんです。それをここで改めて誓わせていただきたいと思います。皆さん、止めましょう!

オリンピック招致の前提条件


佐々木慶子

(2013年9月11日;経産省前テントひろば3年目突入記念集会での発言)

keiko_911

皆さん今日は。私も福島から參りました、原発いらない福島の女たちの一人です。皆さん、東日本大震災で今、家を失ったり、家を追われたりして仮設住宅に住 んでいる人が21万人います。そのうちの15万人は原発難民と言われる人たちです。安倍総理大臣は東京オリンピック招致の最後のプレゼンテーションで、世 界に向って、言いました、「汚染水は福島港湾の0、3キロメートル平方以内にブロックされている。健康問題は過去現在未来にわたって、まったく問題ありま せん」そう言い切りました。

これは私たち福島県民だけでなく、今日ここにお集りの皆さん、そして日本の多くの国民の人たちが、大嘘であると いうことは知っております。安倍総理大臣は大嘘吐きであり、ペテン師です。しかし、日本の総理大臣として世界に向って言い切ったということは国際公約です よね。じゃあ、実現して貰いましょう。オリンピック施設を建てるのもいいでしょう。でも、その前に、仮設住宅から、公共住宅をちゃんと建てて欲しい。そし てオリンピックの時に1号機から4号機まで、すべて沈静化させ、汚染水問題もキチンとコントロールし、仮設住宅に住んでいる人は一人もおりません、と世界 に向って言い切って欲しいと思います。

そうでなかったら、私たち日本人として大嘘吐きの総理大臣は許せません!そういう意味で、私たちはこ れから、日本の総理大臣、原子力規制委員会に向って、再稼動よりも先に今すぐ世界の叡智を集めて、1号機から4号機の状態を調べてちゃんと対応できるよう な、廃炉に向けての作業をしっかり始めていただきたい。そして、そこの現場で、福島の現場で働いている労働者の身にもなって欲しい。安倍総理は一回でも一 日でも、この現場に行ったことがあるんでしょうか?おそらく無いと思います。

皆さん、こうなった以上、世界の眼はオリンピックだけじゃな く、福島原発にも向けられています。ある意味、私はチャンスだと思ってます。外圧を最大のものだと捉えて、それをしっかりオリンピックだけじゃなく、原発 問題もしっかり解決し、そして平和な日本、日本国憲法を象徴とする平和な日本として、世界からのお客さんをおもてなしできれば、本当に私はその時こそオリ ンピックは認められると思います。オリンピック駄目とは言いません。でも絶対に福島原発を解決させる、それが絶対条件です。そういう意味で私たちは諦めな いで頑張っていきますのでよろしくお願いしたいと思います。