エネルギー基本計画関連のお知らせ


満田夏花

FoE Japanの満田です。大晦日、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
さて、来年いきなり正念場を迎えるエネルギー基本計画関連のお知らせです。
—————————————-
1.【署名】現在の民意無視、原発回帰のエネルギー基本計画案に反対します
http://goo.gl/geRc42
—————————————-
Change.orgで、エネルギー基本計画に関する署名をはじめました。
要請事項は、下記の3つです。
1. エネルギー基本計画に、昨年夏の国民的議論の結果を反映し、「原発ゼロ」を明記してください
2. 各地で公聴会を開催してください
3. パブリック・コメントをきちんと審議してください

目標1万筆ですが、2日経過して、337筆と低調です。
1月7日または8日に政府に提出し、パブリック・コメントの反映を迫りたいと
考えています。
ぜひ、署名&拡散にご協力いただければ幸いです。

(要請事項2、3、についてはもはや言い飽きた感があります。安倍政権になっ
てから、市民の声を完全に無視する状況がますます顕著になってきています。それ
でもあきらめずに言い続けることは重要かと考えています。)

—————————————-
2.【報告】政府交渉:民意無視の「エネルギー基本計画」に異議あり! 国民的議論の結果はどこへ?
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-a985.html
—————————————-
12月24日、FoE Japanおよび原子力規制を監視する市民の会の主催で、エネルギー
基本計画案に関する政府交渉を行いました。80名ほどの市民が参加しました。み
なさま、お疲れ様でした。
福島市から佐々木慶子さん、郡山市から人見やよいさんが参加され、気迫あふれ
る発言で、パブコメの反映をエネ庁に迫ったのが印象的でした。田中龍作ジャー
ナルがそのくだりを報道しています。
http://tanakaryusaku.jp/2013/12/0008464

以下、先方とのやりとりです。

質問)12月6日、経済産業省の審議会「総合資源エネルギー調査会」の基本政策
分科会第12回会合にて、事務局側が「エネルギー基本計画に対する意見(案)」
(以下事務局素案)を提出し、同日、この文書そのままが、パブリックコメント
にかけられた。これは手続きとしてはおかしく、基本政策分科会として最終決定
した案をパブコメにかけるべきではなかったか。

回答)このパブコメは、行政手続法上、義務となるパブコメではない。
また、基本政策分科会開催中も一般から意見を募集していた。

⇒だからおかしくない、というのでしょうか? ちなみに一般から意見を募集し
ていたのは事実で、FoE JapanやISEPなどの団体も意見を提出しています。しか
し、何一つ反映されていません)

質問)12月13日、同分科会第13回会合で、同案の修正について座長預かりとなっ
た。その後、パブコメ対象の文書を差し換えたと考えられるが、それはいつか。

回答)12月14日9時半に差し換え。その後、12月17日にさらに差し換え。
⇒パブコメ対象文書を2度も差し換えているのですね。12月17日をパブコメの開
始日とすべきではないでしょうか?

質問)「総合資源エネルギー調査会」の基本政策分科会の次回開催はいつか。

回答)12月13日で終了。(エネルギー基本計画案やパブリック・コメントに関す
る審議はしない)

質問)今回集めるパブリック・コメントはどのようにして、検討・反映されるの
か。

回答)新エネルギー基本計画は、基本政策分科会の結果でてきた「エネルギー基
本計画への意見」(現在、パブコメにかかっている素案です)と、パブリック・
コメントを踏まえて策定される。

※「反映されるんでしょうね?」という市民側の鋭い追及に、官僚たちは最後ま
で明言を避けました。

質問)今回、パブリック・コメント以外に、公聴会などを実施する予定はないの
か。

回答)予定はない。

質問)「エネルギー基本計画」の策定スケジュールについてご教示いただきたい。

回答)今後、年内に、官房長官を責任者とする閣僚会合を開催、また別途最終処
分に関する閣僚会合も開催する。そこでの議論を経て、年明け1月を目処に閣議
決定する。

質問)2011年から行なわれた「基本問題委員会」等での議論を経てつくられた
「エネルギー・環境の選択肢」に基づき、2012年夏には大々的な「国民的議論」
が行われたが、これについてはどのように考慮されたのか。

回答)…

質問)「エネルギー基本計画に対する意見(案)」について、以下についてご教
示いただきたい。
①「原子力は準国産エネルギー」としているが、なぜか。

回答)IEAのガイドラインで、原発は「自給エネルギー」にお含めていいことに
なっている。
また、燃料投入量が少なく、2年以上は原料を輸入しなくても利用できる。

②原子力のコストを低廉としているが、その根拠は何か

回答)コスト等検証委員会報告書による
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/npu/policy09/archive02_hokoku.html
原発のコストには、
(1)資本費
(2)運転維持費
(3)核燃料サイクル費 用ウランの取得、使済扱いに係る
(4) 東京電力 福島第一原子力発電所の事故を受けた追加的安全対策
(5)政策経費・広告寄付金他の電源とも共通)
(6)事故リスクへの対応費用
が入っている・・・ことになっている。(P.36)
(6)の事故リスクへの対応費用については、P.42で、
「試算の時点で明らかな費用しては東電 福 島第一原発の事故で、
追加的な廃炉費用が約 1.2 兆円、損害賠償費用が一 過性のもが約 2.6 兆円、
初年度分が約 1.0 兆円、2年度以降の損害(単 年度分)が約 0.9 兆円と試算して
いる。
この費用をモデルプラントベース 兆円と試算している。この費用をモデルプラント
ベースに補正して、約5兆円と仮定した。

③原子力を「安定供給できる」としているが、福島原発事故により結果として現
在ゼロであることをどのように評価しているのか。

回答)…

④「原子力規制委員会によって世界最高水準の新規制基準の下で安全性が確認さ
れた原子力発電所については再稼動を進める」としているが、規制基準が安全基
準ではないことは、原子力規制委員会の田中俊一委員長も明言しているところで
ある。このような認識はあるのか。

回答)認識はある。

⑤「核燃料サイクル政策を引き続き着実に推進」としているが、六ヶ所再処理工
場やもんじゅでの相次ぐ事故やトラブルをみれば、核燃料サイクル政策を継続す
ることは非現実ではないか。

回答)(日本の従来の核燃料サイクルについて説明していましたが、回答にはなっ
ていませんでした)

省庁からの出席者:
資源エネ庁総合政策課需給政策室長:奥家利和さん
資源エネ庁電力・ガス事業部 原子力政策課 課長補佐:宮下さん
原子力立地・核燃料サイクル産業課 専門職 楠見さん

—————————————-
3.サンタデモ報告…東京・福島
—————————————-
12月21日渋谷西口で、12月24日新橋SL広場で、怪しいサンタ集団とゼロノミクマ
が、「エネルギー基本計画にパブコメを!」と訴えました。
27日には、郡山でも寒い中、人見さん、武藤さん、森園さん、蛇石さんなどが、
クマとともに街宣してくれました。お疲れ様でした!
以下、簡単なフォトレポートです。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/1221-96d9.html
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-3cb1.html

—————————————-
4.【何度でも!】エネルギー基本計画へのパブコメお忘れなく。
—————————————-
過去の例をみるとパブコメは件数でカウントしています。何度でも出せます。短
いものを数行だして、じっくり版をさらに出すというのがお勧めです。郵送でも
ファックスでも出せます。家族やグループでまとめて出す場合は郵送が便利かも
しれません。ただし6日必着ですので要注意です。詳しくはこちらを。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-62eb.html
100人が100人に伝え、さらに100人に伝えてみんなが出せば10万件!

以上、長文で失礼しました。

最後になりましたが、本年はたいへんお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

国会に声を届けよう Part II …原発事故被害者の救済を求める全国集会


満田夏花

FoE Japanの満田です。年の瀬に失礼します。
原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会は、全国のみなさまとともに、
1月28日、第二次請願行動を行います。今回は、院内集会を開催し、署名を提
出します。集会では、原発被害者の置かれている状況について、損害賠償や支援
法の現状について、法律の観点からの報告を行います。また、全国各地から被災
者のみなさまが集い、発言します。
みんなの声を国会に届けましょう!
新年のカレンダーにご記入を!
——————————————————-
1・28 国会に声を届けよう Part II …原発事故被害者の救済を求める全国集会
原発事故被害者の救済を求める全国集会
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/part-ii-b323.html
——————————————————-
2014年1月28日(火)
場所:衆議院第二議員会館多目的会議室
(最寄駅:東京メトロ・国会議事堂前/永田町)
集会:11:00~13:30
署名提出:12:20~12:40
<内容>
1.原発事故被害の損害賠償について
-時効問題
-全国の状況
2.子ども・被災者支援法はいま
3.住宅支援はどうなっているか?~自治体ごとの現状~
4.帰還促進政策と支援法パッケージ
5.全国各地の被災者・避難者からのの報告
6.今後に向けて

◇主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動
http://act48.jp/index.php/national-movement.html
◇連絡先:
【福島】 いわき市議会創世会 佐藤和良
福島県いわき市平梅本21
TEL : 0246-22-1111(代表)内線4132 FAX : 0246-25-8380
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL : 03-6907-7217(平日・日中) FAX : 03-6907-7219
E-mail: XLA07655(アット)nifty.com (アットを@に変えて送信してください)

署名はこちらをご覧ください↓
http://act48.jp/index.php/petition-signed.html
PDFはこちら⇒ https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/311shienho_zenkoku_shomei.pdf
請願内容を解説したリーフレットはこちら↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/zenkoku_leaflet.pdf

【以下は前回の請願行動のご報告】
※【フォトレポート】11.12 国会に声を届けよう…原発事故被害者の救済を求め
る国会請願行動:79,856筆の署名を32人の国会議員に手渡しました
日比谷公園から請願デモ出発。
請願の二つのメッセージ「支援法の十分かつ具体的な施策の実施を!」「賠償請
求の時効問題の抜本的な解決のための立法措置を!」を書いたボードを持つ福島
の女性たち。
議会面会所。たくさんの国会議員が拍手で出迎えてくださいました!!
続きはこちら↓
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/1112-b2f8.html

年末年始はテントひろばへ!


簑口季代子

今年も残すところわずかとなりました。
官公庁が休みに入る年末年始は霞ヶ関の人通りも少なくなりますが、テントひろばは年中無休で「脱原発」を訴えて座り込みを続けます。

この時期、より多くの方にテントにお出でいただけるように、様々なイベントを企画しました。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください(すべての企画で出演者、協力者を募集中です)。
また、この情報をお知り合いの方々にもお伝えいただければ幸いです。

【転送・拡散大歓迎】

年末年始企画決定!

年末年始はテントに行こう!

12月27日(金)
●テント大望年会(テント望年アンコウ鍋会)
一品持ち寄り大歓迎! 参加者は500円以上のカンパを!
・20時〜22時 第一テント及び第二テント
・問い合わせ 江田忠男(090-5339-2243)

12月28日(土)
12月29日(日)
12月30日(月)

12月31日(火)
●第三回「世界から原発なくそう!紅白歌合戦」 ― 出演者募集中!
★★ 主権はこっちだ!霞が関デモクラシー ★★
・19時〜23時30分 テント前
・問い合わせ 浦邉力 chikarasongs@hotmail.com

01月01日(水)
●新春朝までチャランケ会 - 出演者募集中!
・0時15分から4時まで テント前
・問い合わせ 浦邉力 chikarasongs@hotmail.com

●シリーズ“原発と闘う”(DVD)連続上映会 ― 協力者募集中!
◎「原発は命とひきかえ」(元敦賀原発労働者、斎藤征二さん)
◎「飯館のさけび」(福島県飯館村酪農家、長谷川健一さん)
◎「危機の時代を生きるために」(福井県小浜市明通寺住職、中嶌哲演さん
◎「生きる尊厳とつながりを取り戻すために」(福島原発告訴団、武藤類子さん)
・17時〜20時 第二テント
・問い合わせ 高瀬晴久(080-1082-9980)

01月02日(木)
●第48回「After311―霞が関の中心で愛をさけぶ」―― 出演者募集中! カンパ大歓迎!
お正月スペシャル 経産省前テントひろばオープンマイク
・13時〜20時 テント前
・問い合わせ 浦邉力 chikarasongs@hotmail.com

01月03日(金)
●テント新春講談
出演 甲斐織淳 ◎「田中正造伝」他 (協力 神田香織一門会)
・14時〜16時 第二テント
・問い合わせ 乱鬼龍 070-6472-1947

●小児甲状腺がん58名の意味すること(報告)&避難者から(予定)&交流会。
★★小児甲状腺がんはアウトブレイク(異常多発)! 放射能健康診断を!保養を!医療を!★★
・17時〜19時 第二テント
・問い合わせ:高瀬晴久(080-1082-9980)

01月04日(土)
●経産省包囲新春マラソン(第三回)―― 参加者第募集中! スタッフも募集中!
◆40キロコース・3時間・45周 ◆20キロコース・22周 ◆10キロコース・11周
◆自己申告周回
・ゼッケンあります。(持込、手作りはもちろんOK A4サイズ) 周回チェックをします。
甘酒・コーヒーの準備あり。 ・完走者にはテント広場より表彰状贈呈。
・11時スタート 途中参加歓迎 14時終了  カンパ大歓迎
・問い合わせ 高橋秀三(たかはしひでみ) 090-7217-4812

●テントを守れ!新春川柳句会
乱鬼龍選
入選作に呈賞
・14時〜16時 第二テント
・問い合わせ 乱鬼龍 070-6472-1947

01月05日(日)
01月06日(月)再稼働阻止!新春もちつき大会  もちつき希望者、協力者募集中!
・あんこ餅、きなこ餅、からみ餅、なっとう餅&とん汁の振舞い。
・13時からはつきたてのお餅を持ってご近所挨拶まわりもします。
・11時〜14時 テント横&テント前
・問い合わせ 橋本ゆき(080-6673-2852)
高瀬晴久(080-1082-9980)

エネ計画パブコメちらしができました!!配布先・ボランティア募集中


吉田明子

FoE Japanの吉田です。

プロセス、内容ともにひどい「エネルギー基本計画案」が市民に意見をほとんど聴くことなく閣議決定されようとしています。(無視されることは明らかであっても・・)1月6日までのパブコメでは一つでも多い声をと、再度呼びかける必要があります。(2012年のパブコメは約9万件)ということで・・

★パブコメ呼びかけのカラーちらしができました!!
こちらからPDFをダウンロードできます。
http://publiccomment.wordpress.com/
友達や家族にわたす、デモやイベントで配る、街頭で配る・・・など、一人でも多くのひとに伝えるために、配布してくださる方を募集中!
希望枚数、送付先を、到着希望日(あれば)を添えて、eシフト事務局(info@e-shift.org、03-6907-7217)までご連絡ください。

★このパブコメを広めるために、短期ボランティア募集中!!
eシフト事務局(FoE Japan、連絡先同上)までご連絡ください。
内容:イベントや集会でのチラシ配布、各地へのチラシ発送、オンラインでの呼びかけ など
場所:FoE Japan事務所(東京・池袋、www.foejapan.org)
もしくは都内、全国各地

<転載・拡散歓迎!>
———————————————————————
【1/6〆】エネルギー基本計画にあなたの声を!数万のパブコメを
http://publiccomment.wordpress.com/
———————————————————————

12月6日、総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会第12回会合で、エネルギー基本計画見直しの事務局(資源エネルギー庁)素案が示され、同日そのまま、パブコメにかけられました。
(その後、6日と13日の2回の審議を経て若干内容に修正が加えられ、パブコメ対象文書は差替えられています。〆切も4日→6日に変更)

「エネルギー基本計画」案の内容は、
・準国産エネルギーである原子力は、重要なベース電源である。
・世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認し、再稼働を進める。
・核燃料サイクル政策については、引き続き着実に推進する。
などを明確に打ち出したもので、2012年の「国民的議論」を事実上まったく無視しています。

しかし、市民の声を聴き、反映させるプロセスが極めて限られている現在、このパブコメを出さないわけにいきません。
数万を超える声を届けましょう。

★一通でも多くのパブコメが必要です!まずは資料をご覧ください★

[新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の募集について]
2014年1月6日〆切り
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620213015
&Mode=0

[基本政策分科会 開催状況と資料]
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/index.htm

★「エネルギー基本計画案」とは?
~民意無視・原発回帰でいいの?!

<民意無視のプロセス>
●2012年「国民的議論」の結果を無視
・経済産業省の審議会の議論の中で、パブリックコメントの結果(8割以上が原発ゼロを選択!)や、その他の調査の結果を受けて「国民の過半が原発ゼロを望む」とまとめられた結果は、資料としてすら出されていない。
・審議会のメンバーは、15人中13人が原発維持・推進の意見を表明。

●市民の声を聴くプロセスが非常に限定的
・1月に閣議決定と言われていますが、それまでに市民の声を聴くプロセスは、ほぼこのパブリックコメントのみ。
・福島や各地での意見聴取会すら予定されていない。

<原案の内容は・・・>
●「準国産エネルギーである原子力は基盤となる重要なベース電源」?
・「準国産」という言葉は詭弁。ウランはほぼ100%輸入しており、核燃料サイクルも破綻。
・事故や災害で止まる原発は不安定な電源
・事故で明らかになった原発の莫大なコスト(事故リスク、損害賠償等)は過小評価

●「世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認された原発は、再稼働を進める」?
・新規制基準には、抜け穴がたくさん。原子力規制委員会も「規制基準は安全基準ではない」と認めている。
・事故の原因究明も終わっていない。

●「核燃料サイクル政策は、引き続き着実に推進する」?
・核燃料サイクル政策は相次ぐトラブルで破綻。
・六ヶ所再処理工場は1997年竣工予定がいまだ竣工せず。建設費は当初予算の3倍。
・高速増殖炉もんじゅ(まだ実用段階前)は1995年の試運転段階で事故。15年ぶりに運転再開したがまた事故で停止中。
・普通の原発でプルトニウムを無理やり燃やすプルサーマル。10年遅れの4基で実施中だったが、福島原発3号機はキノコ雲を吹き上げる。

★パブコメに加えて
すでに、反映のプロセスがほとんどないパブコメ(それでも重要!!)。加えて、プロセスの不当性についての指摘など、新聞に投書したり、議員さんに呼びかけたりしましょう!

霞が関ナイトスキップ


簑口季代子

今週の水曜日にテントで行われる「霞ヶ関ナイトスキップ」のご案内をさせていただきます。
今までに何度かテントで体のワークや福島のことを話す茶話会を開催している菊地びよさんによるものです。

原発再稼働、汚染水、被ばく、秘密保護法、TPP、オリンピック招致…と目まぐるしくいろいろなことがあるなか、疲れて凝り固まった心と体をスキップで解き放ってみませんか。

霞ヶ関、テントという場所についても新たな発見があるかもしれません。
多くの方のご参加をお待ちしています。

霞が関ナイトスキップ

2013/12/18(水)

今 何が起こっている!?
スキップが身体も心も開放し鼓舞する時間。
どなたでもどうぞご参加下さい。

18:30集合 からだのワークなどをして
19:00頃~ スキップ出発 ~国会を巡るスキップ~
20:00頃~ テントで茶話会

スキップできる格好であれば、各人の思い思いに準備や格好を。
スキップ前は少し寒いですが、スキップすると温かくなります。

集合・解散場所:経産省前テントひろば  http://tentohiroba.tumblr.com/
(メトロ千代田線・日比谷線・丸の内線「霞ヶ関」A12出口すぐ)

ナビゲーター:
中野純(体験作家・闇歩きガイド、『闇を歩く』『月で遊ぶ』等の著者)
菊地びよ(舞踏手・body dialogue space体話舎主宰)

企画 :ナイトスキップ協会
協力: 経産省前テントひろば(簔口)
連絡先:biyo.j@jcom.home.ne.jp  tel: 090-8342-8558(菊地)

バーナムの森は動いた


海渡雄一

「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載

秘密保護法強行採決は安倍政権の終わりの始まりだ!

秘密保護法を廃案へ!実行委員会
海渡雄一

1 参議院で法案採決される

参議院本会議で、法案が可決されました。採決結果は、投票総数212、賛成130、反対82でした。

賛成したのは自民党と公明党。反対したのは、民主、共産、社民、生活、糸数議員、山本議員などでした。みんなの党は欠席しましたが、一部議員は出席して反対しました(川田さんと寺田さんと真山さん)。維新の会は欠席しました。

市民の8割が慎重審議を望んでいる中で、日比谷野音に1万5千人が集まり、全国で抗議集会が続き、数万人の市民が国会を取り巻き、秘密保護法絶対廃案を叫び続ける中での、法案可決です。

「特別秘密の保護に関する法律案【逐条解説】」という文書が12月5日午前11時45分に福島みずほ議員の強い要求によって、ようやく開示されました。これは、法案の策定段階おそらく公明党との修正協議の前の段階の法案について内閣官房が作成したものと考えられ、合計92頁に及ぶ大部なものです。法案の逐条解説を公開して審議していれば、法案の問題点はもっと深く審議でき、浮かび上がったはずです。作成名義は、内閣官房の作成とされています。

さらに、内閣と各省庁の間で、この法案の策定の段階で、多くの意見交換が行われていたことが昨晩わかりました。今のところ人事院と文書のやりとりだけが、公表されています。他の省庁は、各官庁の了解が取れないという理由で、今も不開示となっています。

このような重要な文書をこれまで秘密にしていたことは、国会軽視として決して許されることではありません。すくなくとも、このような重要文書について、きちんと国会での審議の時間を確保するべきことは民主主義政治の元での国会運営として、当然のことでした。

委員会採決は、最後は、全く言葉も聞き取れない、議事録もないような状態での採決であり、手続的にも違法無効です。

2 根本的欠陥法案である

この法案には根本的な欠陥があります。何が秘密に指定されるかが限定されず、政府の違法行為を秘密に指定してはならないことも明記されていません。公務員だけでなく、ジャーナリスト・市民も独立教唆・共謀の段階から処罰されます。

政府の違法行為を暴いた内部告発者やジャーナリスト、市民活動家を守る仕組みが含まれていません。権威ある国際原則であるツワネ原則にことごとく反しているばかりでなく、ふたりの国連特別報告者とピレー人権高等弁務官からも重大な懸念が表明されています。私たちはこの秘密保護法案の内容も手続も絶対に認めることはできません。

3 法案廃止の活動を始めよう

これからの闘いの方向性について、提起したいと思います。今晩の闘いの力で、これからの政府の暴走を止めましょう。

成立した法案は同じ手続で廃止することができます。私たちは、明日から、この法律の廃止を求める活動を直ちに始めようではありませんか。次の国会には、採決に賛成しなかった多くの政党と共同して、秘密法の廃止法案を提案するための活動を始めましょう。

4 弾圧に備えよう

もうひとつ、大切なことを提起します。

この法律は、憲法21条、自由権規約19条で保障された表現の自由を侵害する違憲立法です。この法律が自由権規約19条に違反することは、国連の見解なのです。我々には国際社会が味方してくれています。裁判官も私たちの反対運動を見ていることでしょう。そして、心の内では応援してくれている裁判官も少な
くないはずです。

秘密法違反の被告人は違憲な法律によって起訴されたのですから、絶対無罪としなければなりません。
これは、弁護士の仕事ですが、政府があくまで、この法案を施行しようとするなら、第一号の秘密法違反事件の被告人を弁護するために、1000人の弁護士を組織し、あらかじめ大弁護団を結成しておきたい思います。

5 新しい闘いのはじまり

法案の成立は、私たちの一つの敗北であることは確かです。

しかし、今日一日の私たちの行動は、政府、国会に私たちの秘密法廃案、安倍政権NOの怒りをぶつけ、一人一人の市民に秘密法反対の意思を確認する機会となったことと思います。

まず、私たちは、これだけの多数の市民の反対を押し切って秘密法を成立させた政府与党の暴挙を心にしっかりと刻みつけなければなりません。マクベスのバーナムの森は動いたのです。これから、政権崩壊の日が近いことにおびえなければならないのは、勝ち誇ったような顔をしている安倍首相とその取り巻きたちです。

私たちは、この法律が廃止されるまで、決してあきらめません。明日から、秘密法のある社会を拒否し、その実質化を食い止めるため、新たな闘いを始めましょう。

12月8日、鎌倉ピースウォークのお知らせ


簔口季代子

今週の土曜日に鎌倉で行われる催しをご紹介させていただきます。

12月8日は日米開戦の日、12月10日は世界人権デーということで、この週末は平和や人権を考える催しが各地で開催されるようです。
私の地元では、3.11以降、何度か脱原発のパレードを行ってきた「イマジン原発のない未来 kamakura parade」というグループが、市内を歩きます。
脱原発パレードが軸となっていますが、主催者によると「それぞれの参加者が思うことを声を上げることができるようなパレードにしたい」とのことです。

12月8日は「イマジン」を歌ったジョン・レノンの命日でもあります。
彼の死後に発表された「No Body Told Me」という歌をご存知でしょうか?

No Body Told  Me

Everybody’s talkinng and no one say a word
Everybody’s making love and no one really cares
There’s Nazis in the bathroom just below the stairs
Always something happening and nothinng going on

Nobody told me there’s be days like these

ノーバディー・トールド・ミー

皆話してるってのに、誰も言葉を口にしない
皆愛し合ってるってのに、誰も本気じゃない
バスルームにナチスがいるぜ。ちょうど階段の下さ
いつも何か起きてるってのに、何も続かない
(後略)

誰も言ってくれなかった。こんな時代が来るなんてThere’s Nazis in the bathroom …ハンナ・アーレントの説いた「悪の凡庸さ」を、ここでジョン・レノンはおそらく直感的に看破しています。

仮に秘密保護法が成立しても、すぐにはセンセーショナルなことは起こらないかもしれません。
しかし、平凡な日常の中に「それ」はじわりじわりと入り込み、いつか気づいた時にはすでに手の施しようのないことになっているでしょう。
だからこそ、特別な場所ではなく、日常の場で1人ひとりが考え、自分の言葉で想いを伝え続けることは大切なのだと思います。

長文失礼いたしました。
以下に主催者から届いたパレードのお知らせを転載させていただきます。
拡散大歓迎です。

簑口季代子

 12/8 イマジン原発のない未来  kamakura parade

★グーチョキパー kamakura parade★

グー  それでも拳をあげていこう

チョキ ピース(平和)をつくろう

パー  バイバイ原発

いまだに収束していない原発事故。そんな状況においてTPP参加?特定秘密保護法案?憲法改正??などといった様々な問題を日本の社会はかかえて、多くの人々に諦めや無関心が蔓延しています。そんななか「原発いらんの基本ちゃう?」と改めて思う私達。そして、そんな思いの人たちが集まってわいわい楽しく自分たちを表現しながらパレードしよう!と企画しました。
そんなおり、先の参議院選を熱く盛り上げてくれた三宅洋平さんも12/7に東京で大デモというデモの概念を越えた楽しいパーティのようなデモをしようと声かけてくれています。この2days、楽しく声を上げ、そして私達の目指すワクワクする世界をパレードで表現していきましょう!もうすぐそこです。岩戸よ 開け~ゴマ!!

原発のない平和な明るい未来を子ども達に渡していくために、まずは自分がかわること、一人一人が動き出しつくっていく、変えていく、そんな思いを表現しながら、大人から子どもまでいきいき楽しく繋がりあっていくというパレードです。

9時45分 鎌倉市役所集合
10時~10時半 集会
10時半~ パレード出発
11時45分 パレードゴール&イマジン大合唱
12時 解散

★楽器の持ち込み大歓迎
★お子様たちの参加大歓迎
★団体の参加 大歓迎
★個人の参加 大歓迎

主催/連絡先
イマジン原発のない未来 kamakura parade

imaginekamakura@gmail.com
090-6416-7926
http://imagine.greenwebs.net/

★賛同団体
アースキーパーズ、イマジン盆踊り部、5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会、ぐるぅぷ未来、TT鎌倉、TT葉山、青空自主保育なかよし会、アパアパの木、鎌倉に震災銭湯をつくる会、イマジン湘南、ピヨピヨ保育園有志、岐れ路の会、原発国民投票、エネルギーと環境の未来を考える市民円卓会議・逗子葉山、さよなら原発ちがさき、ぶんぶんトークの会、チームみつばち、さかい内科・胃腸科クリニック、イマジン自給道場、鎌倉・九条の会、Peacenic、皆でつくろう湯たんぽカバーの会、日本山妙法寺

※ イマジン原発のない未来kamakura paradeは311後、原発のない未来を子ども達に手渡したいと立ち上がった市民グループです。何かに反対するのではなくまずは自分が変わろうと、節電アイディアの推進活動や、地域に根ざしたパレードという名のデモを企画してきました。

フェイスブックイベントページ https://www.facebook.com/events/1407772776126389/?ref_dashboard_filter=calendar
大デモ http://bigdemo.jp/
2011,8,6の行灯行列パレード http://www.youtube.com/watch?v=CJx7YqWZRxU
打ちみ~ズPV http://www.youtube.com/watch?v=DeDfcImfS5Y

特定秘密法案、絶対、反対!


人見やよい

「特定秘密保護法/永田町大集会」(2013年12月4日、永田町街頭)での発言

yayoi-himitsy_nagatatyo

えーっ、全然、主役じゃないのに、御免なさい、盛り上げてもらってすいません。福島からやって参りました。今日、この後ろの参議院会館で、ロビーイングもやってたんですけど、外の音、中に凄く聴こえてます。多分、議員さんたちにも聴こえてるんじゃないかなって思います。

ここで私たちが叫んでることって、多分、聴こえてます。そして、伝わってます。皆が反対していることを、国民の多くが反対していること、伝わらないはずがないです。

で、今日の大宮の公聴会、どうだったのか、まだ、私報道を見てないので、結果は分らないですけど、多分、ほとんどの方が反対されたと思います。福島で行なわれた公聴会、100%が反対でした。誰も賛成しないです。この法案に賛成するような人は、本当、まともじゃないです。

今日、賛成するような人がいたら、その人はもうまともじゃない人です。なので、間違いなく廃案にできるはずなんですけれども、今夜にでも委員会、開かれるんじゃないかとか、今夜は長丁場になるんだとかいうtwitterが、何か髭の隊長から流れてるんだとかいう噂が聴こえてきてます。

なので、何が行なわれるか分らない、本当に風雲急を継げる段階ではありますが、最後の最後まで、私たちは、私たちの法が正義だということを、叫びたいと思います。特定秘密法案、絶対、反対!

絶対、反対!

有難うございました。

福島をこれ以上、踏み躙らないでください!


佐々木慶子

「特定秘密保護法/永田町大集会」(2013年12月4日、永田町街頭)での発言

keiko-himitsu_nagatatyo

福島から参りました佐々木慶子と申します。皆さん、本当にこれだけ集まっていただいて嬉しいです。

福島はあんな犠牲を受けているんですよ! それなのに、この秘密法案の目的の一つに「原発テロ防止」というのがあります。原発事故を理由にして、こんな悪法を通してはなりません!

福島原発のこの惨状を分ったら、もう2度と原発の情報を隠蔽することなどあり得ません! 福島の犠牲をヘンな法案に利用することは止めてください! 福島をこれ以上、踏み躙らないでください! 福島公聴会が一番始めに行なわれました、11月25日です。私も行きました。今、お話しした人見さんは中に入れました。中はガラガラだったそうです、傍聴席。私は場外で頑張りました。入れてもらえませんでした。額賀座長は拒否しました。あくまでも、「議員を通して」とか「政党を通して」とか言って入れてもらえなかった。

もうあれはただ単なる形式だけです。ガス抜き、アリバイに過ぎません。そして次の日、私たちの100%反対の意志を無視して、強行採決したじゃありませんか。こんな横暴なファシズム的な自民党政権は許せません!

しかし、自民党政権に力を与えたのも私たち国民です。自民党に投票した人、反省していただきたい! そして、こうなったら、この私たち国民の良識と正義を、廃案を実現することによって、実現しようじゃありませんか。

日本国民は馬鹿ではない! 日本国民、こんな悪法を簡単に通すわけにはいかないという、この私たちの怒りを、ぜひ、国会議員と、海外の皆さんにも示そうではありませんか! そうでなかったら、こんな悪法、ただすんなり通したら、恥かしいですよね。外国メディアも、アメリカの高官も、こんな秘密法なんかなくたって、情報はしっかり共有していると言ってます!

こんな悪法は通してはいけません! あくまで廃案になるまで、私たちは頑張らないと、子どもたちに顔向けできないと思います。皆さん、最後まで諦めないで、私たちも頑張りますから、一緒にやっていきましょうね。

有難うございます。

12・18 汚染水第二次告発!


福島原発告訴団は9月3日、福島第一原発の汚染水放出事件について、東京電力の新旧幹部32名と法人としての東京電力株式会社を、公害罪の被疑事実で福島県警に刑事告発をしました。
告発は10月11日に受理され、捜査が開始されました。
そして、5000人を超える人々がこの汚染水放出事件の責任を追及する告発に参加し、12月18日に委任状第二次提出を行います。
委任状の提出と、記者会見、報告集会を行いますので、みなさまお集まりください。

12月18日(水)
9時40分 福島県庁西庁舎入口前 集合
10時 福島県警に委任状提出
11時~12時 記者会見&報告会
(会場:チェンバ大町3階 福島市市民活動サポートセンター:福島市大町4-15)