検察審査会申し立て&激励行動


ちわき みわ

福島原発告訴団が、今年1月13日に保安院や東電等の津波対策担当者らを告訴・告発した「2015年告訴」について、東京地検は4月3日、全員を不起訴処分としました。

たった2ヶ月半で捜査を打ち切り、家宅捜索もされませんでした。
この告訴に、全国から多くの方が参加予定でしたが、第2次告訴は行えなくなってしまいました。先行して告訴を行った団長ら14人は、この事件についても検察審査会へ4月30日に不服の申立てを行います。

また、勝俣元会長らの強制起訴を求める「2012年告訴」の激励行動も合わせて行います。
ぜひ、ご参加をお願いいたします。

4・30検察審査会申し立て&激励行動
(日時) 4月30日(木) 12:00~13:00
(場所) 東京地方裁判所前

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・同日、「東電株主代表訴訟」の裁判と報告集会&学習会が開催されます。
10:30~ 「東電株主代表訴訟」裁判 (口頭弁論期日)  東京地方裁判所103号法廷
・傍聴は抽選となる場合があります。

13:30~  裁判報告&学習会 参議院議員会館 講堂
・通行証は13:30より、配布
・告訴団からの発言の時間をいただきました。感謝です。

主催・連絡先:東電株主代表訴訟  nonukes0311@yahoo.co.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
福島原発告訴団     ブログ  http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/
電話 080-5739-7279  メール  1fkokuso@gmail.com

香港に輸入された緑茶の放射能汚染


安藤直彦

20153月17日付けのEcoWatch***NYタイムズの報道として日本から輸入された緑茶に福島由来と思われる放射能がみつかったという香港政府が発表を報じている。

香港政府によると基準値100Bq0.93% というから1Bq/kg相当か。いま、日本でも1Bqの放射能は通常は検出限界以下とされ、問題にするひとはごく一部と思われる。

しかし、Ecowatch***はつぎのようにのべる。「フクシマにおける複合爆発とメルトダウンから4年後、この恐ろしい物語は丁度いま始まったばかりのようにみえる。

安倍晋三の日本の独裁主義的な政権の抑圧的な国家秘密法によってフクシマからの情報は厳しく取り締まられており、現場で何がおこっているのかについて正確に知ることはできない。

毎日300トンの放射性の水が太平洋に流れ出ていることは分かっている。また、使用済み核燃料が現場に放置されていることも。東京電力は4号機からのすべての燃料棒を取り除いたかもしれないし、そうでないかも知れない.しかし、1,2,3号機の上空には確実に多くのものが浮遊している。

私たちは安倍が福島地区への避難民の帰還を推し進めていることも知っている。ガンを含む甲状腺の障害率はこの地区の子どもたちのあいだで飛躍的に増加した。放射能のホットスポットは遥かはなれた東京でもみつかった。(中略)今福島の放射能の少量が日本から香港に船積みされた緑茶の中に見つかった.このことは、この地区から輸出されているすべての食品に疑問を投げかける恐るべき進展である」

 NYタイムズ*によると,「日本の千葉県から輸入された粉末状のお茶のサンプルは微量(traces)のセシウム137 を含んでいるとされる。

この発見はこの種のものとしては最初ではない。政府の食品安全センターは日本からの野菜の3つのサンプルに2011.3月の地震と津波によりメルトダウンした原子炉による放射能汚染で不適合なレベルの野菜を3種発見している

EcoWatchはつぎのように結んでいる

「今も私たちはすべての食品を放射能検知器を持ち歩いて食べるべきだろうか?

原発による食品の放射能汚染を多くの日本人はすでに忘れ去ろうとしている。しかし、いまNYタイムズがこれを大きく報道していること、さらにEcoWatchが安倍政権の原発、そして秘密保護の姿勢を強く批判していることはあらためて考えさせられることである。

ジェトロ**によると今なお(3.17現在)東北を中心にほとんどの水産物、一部の野菜、きのこなどが

多くの国によって輸入規制がなされている。しかし、このことを関係者以外の日本人は知らない。このことを政府が言うように過剰規制だというのか、あるいは素朴にフクシマ以前の値にもどしてくれ、というのが正しいのか、私たちも自分たちが測定した数値の意味を考えてみる必要がある。

*http://www.nytimes.com/2015/03/13/world/asia/hong-kong-finds-radioactive-contamination-in-sample-of-japanese-tea.html?_r=1

**http://www.jetro.go.jp/world/europe/eu/biznews/530bff99923d8

**http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kisei_all_150303.pdf

***http://ecowatch.com/2015/03/16/

南相馬 20ミリシーベルト基準撤回訴訟~応援の声を!


満田夏花

特定避難勧奨地点の解除は違法だとして、福島県南相馬市の同地点と周辺の住民132世帯535人が、近く東京地裁に提訴します。

<朝日新聞>「避難勧奨地点解除は違法」 南相馬住民、提訴へ
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11681114.html

政府はずっと住民や国民を無視して、避難や解除の政策を一方的に決めてきました。すでに伊達市、田村市都路、川内村などが、住民の反対にもかかわらず、避難指示が次々に解除されていきました。今後もこの流れは続くでしょう。
しかし、放射線被ばくの影響や原発事故の被害をどうするのか、私たち一人ひとりが知り、考え、公の場で議論すべき問題ではないかと考えています。

国の一方的な避難指示解除に、はじめて司法の場でのたたかいを挑んだ南相馬の皆さんを、孤立させてはなりません。

全国から応援していきましょう!

この訴訟に関して、応援署名とメッセージの募集を開始しました。
署名は応援メッセージとともに、南相馬の地点解除訴訟の原告のみなさんにおわたしします。
以下のChange.orgのページから署名できます。
http://goo.gl/JDohtr

ぜひ、署名および拡散にご協力ください。

※関連情報※———————————————-
南相馬の地点解除訴訟(「20ミリ基準撤回訴訟」)
を応援する全国集会 in 東京
「帰還促進政策に異議!」「被ばくを避ける権利を!」
—————————————————————
日時:2015年5月9日(土)18:30~20:30
場所:文京区男女平等センター(東京都文京区本郷4-8-3)
https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
参加費:500円
内容(予定):
「私たちは、なぜ訴えざるをえなかったのか」…南相馬の原告のみなさんから
「南相馬特定避難勧奨地点解除の違法性」…弁護団から
「南相馬だけの問題ではない! 国の避難指示解除の強引さ」…福島各地から
「南相馬を応援しよう!」
…南相馬の地点解除訴訟(20ミリ基準撤回訴訟)支援の会(仮)から
◆主催:南相馬の地点解除訴訟(20ミリ基準撤回訴訟)支援の会準備会
(Hsink 避難・支援ネットかながわ、福島老朽原発の会、FoE Japanなど)
◆問い合わせ先:FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
携帯:090-6142-1807 Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

脱原発をめざす首長会議 宝塚勉強会


越智信一朗

「脱原発をめざす首長会議」が宝塚市で勉強会及び総会を開催しますので、お知らせいたします。
勉強会には元経産省官僚だった古賀さんが登壇されます。傍聴方法などは下記をご覧下さい。
◆詳細:http://mayors.npfree.jp/?p=3667

また、この前日には関西の市民団体グループ兵庫フォーラムさんが企画するイベントに世話人の三上元 湖西市長も登壇します。

「これからのエネルギーは市民が決める!
原発ゼロ社会への道―第2回兵庫フォーラム」
日時:5月9日(土)13:00~17:00
場所:兵庫県立中央労働センター 大ホール
(JR阪神元町北西歩10分、阪急花隈北歩5分、神戸市営地下鉄県庁前西歩5分)
◆詳細:http://mayors.npfree.jp/?p=3680

*** 拡 散 歓 迎 ***

「脱原発をめざす首長会議」
勉強会及び総会 in 宝塚

<勉強会及び総会>
日時:5月10日(日)13:30~16:30(開場 13:00)
会場:宝塚市立公民館 東公民館 ホール(兵庫県宝塚市山本南2丁目5-2)
※阪急宝塚線山本駅(南口)より徒歩10分

◆勉強会
13:30~15:00 「日本の成長は脱原発から」
古賀茂明氏 (古賀茂明政策ラボ 代表)
◆総会
15:15~16:15 総会
16:15~16:30 記者会見

※この活動の一部は一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストの助成を受けてい
ます。
▼一般傍聴者
事前予約制で80名とし、先着順とします。勉強会、総会すべて傍聴可能です。
※再生可能エネルギー施設の視察は首長のみとなります。
下記をお読みの上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
【参加費】 無料
【申し込み方法】件名に「5月10日 傍聴希望」として、以下を記載し、ご連絡
ください。
①お名前(ふりがな)、②ご連絡先 (電話番号かEmail)
【申込先】 脱原発をめざす首長会議事務局
E-mail : mayors@npfree.jp / FAX : 03-3363-7562
【締め切り】 4月30日(木)

フクシマ作業員の健康調査における難題


アレックス・ローゼン

IPPNWドイツ支部のアレックス・ローゼン医師による福島を巡る論考は、発表される度ごと、ドイツ在住のグローガー理恵さんが翻訳されたうえで、ご連絡いただいています。本サイトでは継続して掲載させていただいていますが、また新しい原稿をお送りいただきました。

2015年4月10日

和訳: グローガー理恵

フクシマ原子力災害の後、福島第一原発の敷地の中で働いてきた作業員たちは、途方もなく最も高い放射線被曝量を浴びたと言ってよいであろう。 しか し、現場の作業員たちの圧倒的多数は東電の従業員ではなく、もっと著しく酷い労働条件のもとで働く、下請け業者に雇われた臨時雇用労働者たちである。 労 働者の多くは、まともに登録もされておらず、彼らが受けた放射線被曝量も適切に記録されていないし、彼らの健康状態の実態や変化もモニターされていないの である。 多くの場合、現場で働く作業員は、短期間の臨時仕事に動員された不熟練の日雇い労働者たちであり、その後に、彼らを追跡できるような手がかりは ない。

日本のメディア報道によれば、日本のマフィア・やくざは、フクシマ原発現場のクリーンアップ作業、放射能汚染された冷却水の処理作業、または、事故 現場周辺における巨大な建設-構築計画などを請け負っている、東電の下請け業者との有利な労働契約のお蔭で利益を得ているという。

また、自ら進んで、または、善意からではあるが無鉄砲なボランティア活動の一環として、放射能汚染された地域において除染作業に関わっている数多く のボランティアもいるのだが、その中にも、高いレベルの放射線被曝量を浴びている人達がいるのである。 ボランティアの多くは、当局による除染作業努力に 成果が見られないために絶望しており、そのために彼らは、自分たちの手で、自分たちの故郷を再び住居可能にするための手助けをしたいのである。 しかし、 そうすることによって、彼らは自らを長期的健康被害に晒すリスクを冒していることになる。さらに、彼らの被曝がコントロールされるようなことはなく、被曝 線量も測定されることはないのである。

現在、広島・長崎原爆犠牲者の調査を長年にわたって行ってきた日米共同研究機関 「放射線影響研究所 (RERF-Radiation Effects Research Foundation)」が、 少なくとも、福島原子力災害の事故処理作業に従事したことが確認されている作業員達に及ぶ長期的な健康影響の調査をしようと試みている。 放射線影響研究 所 (RERF)は、2011年の3月から同年の12月までフクシマ原発現場での作業に従事していた計2万人以上の作業員を対象にして健康調査をしたいと述べ ている。 しかし実際に、不熟練の臨時雇用労働者や下請け業者の従業員として何年もの間、損壊した原子炉が並ぶ福島第一原発の敷地の中で危険な作業をして きた人々を、この大規模な調査に含めることができるのかどうか、疑わしい。

一例を挙げるなら、これまでに健康診断の参加を求められた凡そ2,000人の原発事故処理作業員達の中で、その内の35%だけが健康診断に参加する ことを明らかにしているのみである。 放射線影響研究所(RERF)の方は、作業員たちとの連絡がとれなかったり、または、作業員たちの現住所を突き止め ることができない、と主張している。 このことは、健康調査に、過度のレベルの放射線被曝量に晒された作業員たちのほとんどを引き入れることができないと いう懸念を確かなものにしているようである。  したがって、放射線被曝がもたらす長期的な健康影響に関する疫学上の評価をすることは不可能になるということである。

IPPNWドイツ支部は既に長い間、フクシマ作業員たちのための包括的な健康上のアフターケアを要求してきている。 そして、我々が繰り返し力説し てきたことは、「そのような健康調査には、安全規制・規準の対象に全くなっていない多数のボランティア作業者たちや、下請業者に雇われ、東電の従業員に適 用される安全-健康管理の基準に適わないような労働条件のもとで働く労働者たちも含めた、ありとあらゆる全ての作業員を引き入れなければならない」という ことである。

〈記事出典コード〉サイトちきゅう座http://www.chikyuza.net/
〔eye2955:150413〕

原文(独語)へのリンクです: http://www.fukushima-disaster.de/deutsche-information/super-gau/artikel/8c2ad6cfb8f78853ae03dd40ca40d3af/fukushima-arbeiter-verweigern-gesund.html

4月13日緊急行動の呼びかけ


福島原発告訴団

今年の1月13日に福島原発告訴団が旧保安院や東電の津波対策担当者らを告訴・告発した件(2015年告訴)について、4月3日、東京地検より全員を不起訴処分としたことが通知されました。

告訴してからわずか2か月半の決定であり、まともな捜査が行われたとは到底考えられません。不起訴理由についても、告訴団が以前に指摘した地検の事実誤認や新証拠についてはほとんど触れず、以前の理由書の焼き直しに過ぎません。

大津波を予測しながら対策を怠ってきた東電幹部、それを手助けすらする規制当局の官僚、その責任を問わず野放しにする検察庁、被害者が救われないあまりの惨状にあきれ果てるばかりですが、「あきれ果ててもあきらめない!」

私たちは、真実を追い求め、この原発事故の責任を追及し続けます。

告訴団から、緊急行動を呼びかけます。
ぜひ、ご参加をお願い致します。

4月13日(月)

*11:15~11:45   東京検察審査会への「激励行動」
【東京地裁 前】

*12:00~12:30   東京地検への「抗議行動」
【東京地検 前】