総会&記念講演のお知らせ


フクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)会員のみなさま
 ここ福島は雨少々、日照りなし、猛暑なしの異常冷夏が20日以上も続いています。みなさまのところはいかがでしょうか。
共同代表の佐々木慶子です。ご無沙汰してすみません。
昨年9月の総会以降、学習会(11.23)、事務局会4回、対交渉県2回などを行ってきました。県環境創造センターには再要望書を出して継続的に交渉しております。
さし当たっては、第5回総会&記念講演を以下の要領で開催いたします。参加可能な方にはご出席いただけたら、大変嬉しいです。
              ― 記 ―
(1)イベント名:フクシマ・アクション・プロジェクト 第5回総会&記念講演
(2)日   時: 2017年9月16日(土)13:00~16:30
①第1部ー総 会  13:00~13:50
②第2部ー記念講演14:00~16:30(含 開会、Q&A等)
(3)会   場: 福島市市民会館 第2ホール
〒960-8021 福島市霞町 1‐52 ℡024ー535-0111
-福島駅東口から車で10分程度
(4)講演テーマ:IAEAなど国際機関のもくろみと動向について知り、
FAPとしての対応方法を探る。
(5)演   題: IAEAとフクシマ
(6)講   師: 瀬川嘉之さん
(7)講師プロフィール:
1964年生まれ。早稲田大学理工学部物理学科卒業。
科学技術館職員後、
高木学校医療被ばく問題研究グループ、
NPO法人市民科学研究室低線量被曝研究会、
NPO法人市民科学者国際会議理事、
NPO法人シューレ大学非常勤スタッフ。
2011年4月以降、放射線・放射能に関する講演多数。
共著『受ける?受けない?エックス線CT検査』(七つ森書館)、
『原爆調査の歴史を問い直す』(市民科学研究室)、
『福島原発事故はなぜ起きたか』(藤原書店)他。