放射能汚染チップ裁判が始まります

石田紀郎

市民が告発した滋賀県放射性チップ不法投棄事件の捜査の結果、主犯が逮捕され、起訴され、公判が始まりす。公判になったことは画期的なことだと考えます。裁判を通じ、不法投棄の全容が解明されることを強く期待します。そして国•環境省がすすめる放射能拡散政策を阻止する闘いでもあります。

★裁判傍聴に多くの人々の参加をお願いします。

(日程等)
●日時:2014年11月6日(木)13時30分(開廷)~15時30分
(15分前に開場)
場所 大津地裁21号法廷(滋賀県大津市、JR大津駅近く)

●開廷前に、事前報告の場を予定しています。
●裁判日程は確定ですが、時間等、変更がある場合もあります。
●傍聴者(21号は70席)がマスコミと合わせ溢れる場合があります。
その場合、告発人、地元の方への配慮を。

石田紀郎(市民環境研究所)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)