情報を隠して進められる焼却炉建設

和田央子

フクシマアクションプロジェクト第3回総会での報告

3_sokai_3福島県内で19個所、24基もの焼却炉が、どんどん建設を進められています。建設ラッシュという と思うんですが、先程、白石さんから「情報隠し」というお話しがありましたが、この焼却炉問題はまさにその典型の一つでありまして、事実、日常で皆さまはこの焼却炉の情報にほとんど触れることが無いと思うんです。それだけ、相手にとって隠したい情報であるということです。ですので、積極的にこの情報を得るようにしていただきたいと思っています。

鮫川村の焼却炉は第1号だったんですけれども、その他の焼却炉でも、地元の住民のごく一部にしか計画が知らされないということが、徹底して行なわれています。どんなに市町村の境界に近くても、隣りの市町村にはまったく報せない、住民には報せないという方法を取っています。

それから、施設の設置許可申請と言うものが、県に出されるんですが、これも、県も一緒になって情報隠しをしています。県のホームページの後の方にこっそり載せるのです。それから、設置許可申請、現地の生活環境影響調査などについては、1ヵ月間告示縦覧して、利害関係者は意見を述べることができるということが決められているんですけれども、それを知らせないんです。

市町村については、縦覧態勢は取っているんです。「来れば窓口で見せますよ」っていうことは言うんですけれども、それを住民に知らせないんですね。広報紙にはいっさい載せません。縦覧だけがあって、告示がない状態です。告示・縦覧っていうのは、2つ合わさって始めて意味のあるものなんですけれども、その告示がなされないということが徹底して行われています。

まさに今、飯舘村の蕨平(飯舘村の南東部)に施設が3つ計画されておりまして、この告示が行なわれています。で、大きな焼却炉なんですけれども、この焼却炉の部分と、「仮設資材化施設」と言って、焼却灰および、中間貯蔵施設に入れる予定の汚染土壌の、再利用、セシウムを飛ばして路盤材にしようという恐ろしい計画があるんですが、その施設が建てられるということです。これはIAEAとの共同研究ということになっています。

IAEAは環境創造センターだけではなくて、蕨平にも入ってくるんです。この許可申請が今、県の方に出されてまして、告示・縦覧の状態になっていますけれども、何故か、焼却炉の部分だけなんです。この資材化施設についてはいっさいの申請が出されていないんですね。

これにどのような問題があるかと言うと、情報開示請求をしても、「その資料がありません」と言われる可能性があるということです。ですので、焼却灰という、もの凄い高濃度の放射能の凝縮したものと、それからダイオキシンとか有害物質のかたまり。そういったものを大量に扱う施設であるにもかかわらず、どのような施設かが知らされないという、恐ろしいことになってくるかも知れないということです。

それから、つい先日、123日に、テレビニュースで発表されたんですけれども、新たな焼却炉の建設候補地が公表されました。二本松市東和町の夏無という自然公園とキャンプ場のある、凄く景観の良い所です。キャンプ場っていうのは子ども連れで利用する可能性の高い所ですよね。そういった所に焼却炉を建てるというのは、どうなんでしょうか。焼却炉が稼動したとしても、そこを立入禁止にするわけではないんですね。「焼却炉は絶対安全です」っていうことで、進められているので、「どんどんキャンプにも来てください」っていう方向で進められることに間違いはないと思います。

この二本松の焼却炉は、事業主体が安達地方広域行政組合という、一部事務組合が主体となっているんですけれども、ここは日常は二本松と本宮市と大玉村の、3つの市町村をカバーしている、ゴミを処理しているところです。ということはその3つのエリアから出る汚染廃棄物をそこで燃やすということになります。

私が電話で二本松に確認したところ、36万ベクレルの稲藁があるというのが分かっています。農林業系の副産物、廃棄物も処理されるということになります。郡山市では50万ベクレルの稲藁が見付かっています。これだって、本当の汚染濃度かどうかは分からないんです。鮫川村では最初は4 500ベクレルの稲藁、というふうに発表されていました。が、今、稼動データを毎日、チェックしていますと、何と81 000ベクレルの稲藁が燃やされたことが分かりました。このように、国や自治体が発表している線量というのは本当に信頼できるものなのか、疑わしいと思っております。

川俣町が風下になりますが、その川俣町の人たちにはいっさい知らせない、「説明会の予定はありません」と言っています。これは間もなく説明会が開かれまして、12126時半から、二本松東和文化センターにて行なわれます。400世帯にしか通知されていないんですけれども、確認したところ、二本松の市民であれば入れるということですので、是非、二本松のお知り合いの方に知らせていただきたいと思います。

風下に当たる川俣町の町民の方にも是非、知らせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

仮設焼却炉_予算_A4チラシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)