『原発と大津波』セミナー開催

澤井正子

来年1/24(土)、「もっかい事故調」が下記セミナーを開催いたします。講師は、福島第一原発事故前から原発の耐震安全問題に取り組まれ、国会事故調協力調査員として電事連等の資料を調査し、『原発と大津波』(岩波新書)を上梓された添田孝史さんを講師にお招きします。
2011年3月11日以前、東京電力を初めとして電事連、学会、各機関、原子力安全・保安院等がどのように津波問題を蔑ろにし、対応を怠り、安全対策を先延ばししていたのか、検証します。原発再稼働によって、今日またそれが繰り返される懸念が高まっております。沢山の皆さまの参加をお待ちしております。

……………………………………………………………………………………

「もっかい事故調」オープンセミナー

「原発と大津波―警告を葬った人々―」

2015年1月24日(土)13:00-16:30
文京シビックセンター26階スカイホール
http://bunkyocivichall.jp/access
東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分

講演:添田孝史さん
(サイエンスライター、元朝日新聞科学医療部記者)
添田孝史twitter: https://twitter.com/sayawudon
添田孝史ブログ:http://media-risk.cocolog-nifty.com

資料代:500円

東京電力は、福島第一原発事故の原因は「想定外」の大津波だという。しかし、「大津波」は3.11地震の14年も前に報告されており、決して「想定外」ではなかった。今回の「もっかい事故調」オープンセミナーは、添田孝史さん(元国会事故調協力調査員)を講師に、3.11前の津波対策に焦点を当てます。

「電力会社は業界に都合のいい専門家を主に集めて、津波想定や対策を検討する。その報告を受け取った保安院は、内容をチェックしなまま、電力会社の「安全性は確保されている」という言い分を鵜呑みにする。その繰り返し。地震学者たちの最新の知見が反映される公正な仕組み、機会はなかった。そして外部から検証できないように、報告書や議事録は情報公開していなかった。東電、電事連、保安院などによる「密室の合議」の連鎖の中で、原発の津波脆弱性への警告は葬られ、それぞれの責任も曖昧にされていった。
―添田孝史著『原発と大津波―警告を葬った人々―』 (岩波新書)から
主催:もっかい事故調 (世話人 田中三彦)
*国会事故調において事故の原因調査をしたメンバー(元委員および元協力調査員)の有志がつどい、事故調査を継続しています。)

【連絡・問い合わせ先】
澤井正子:090-4422-5394
sawai@cnic.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)