告訴団:緊急院内集会&東京地検前アクション

福島原発告訴団

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年明け早々に東京地検が、福島原発事故の刑事責任について東電役員(被告訴人)4人を不起訴処分にする方向であるとのリーク記事http://goo.gl/YhR1WC が年末に出ていたことから、年賀状作戦を呼びかけさせていただきましたが、ご協力いただいた皆様には、感謝申し上げます。

明日からいよいよ仕事始め。検察の動き(報道)にぜひ注目してください。

さて、福島原発告訴団は、とり急ぎこの緊急事態に対応するため、2月に予定していた院内集会を急遽1月16日に前倒しで行うことにしました。

基調講演には、東電の津波対策工事の先延ばし工作を、膨大な情報公開資料や緻密な調査活動で執念深く追いかけ明らかにした本「原発と大津波警告を葬った人々」(岩波新書)の著者であるサイエンスライターの
添田孝史さんを招いての集会となります。

この添田さんの本は、去年からかなり話題になっており、中日新聞書評欄でも写真家の樋口健二さんが2014年のベスト3の1冊として推薦していました。福島原発事故の真相と、原子力ムラの行動様式を知るためには「必読の書」です。それは、強靭な復元力でますます焼け太りしながら、原発再稼働に突き進む「今」の原子力ムラの構造を理解するのにも必ず役に立つと思います。

これでも起訴はできないのか!~院内集会&東京地検前行動~

1月16日
11:00~12:00 院内集会(参議院会館 講堂)
添田孝史さん講演
河合弘之弁護士、海渡雄一弁護士、保田行雄弁護士のスピーチ

12:30~13:00 東京地検前行動

尚、福島原発告訴団の福島本部のブログでは、この間明らかになった証拠などを分かりやすくピックアップして掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2014/12/blog-post_30.html
マスコミでは決して報道されないために、世間の多くの人々は、いまだに東電の「想定外」という言葉を信じたままでいますが、事実は全く違います。とにかく一人でも多くの人にこのことを知っていただきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)