香港に輸入された緑茶の放射能汚染

安藤直彦

20153月17日付けのEcoWatch***NYタイムズの報道として日本から輸入された緑茶に福島由来と思われる放射能がみつかったという香港政府が発表を報じている。

香港政府によると基準値100Bq0.93% というから1Bq/kg相当か。いま、日本でも1Bqの放射能は通常は検出限界以下とされ、問題にするひとはごく一部と思われる。

しかし、Ecowatch***はつぎのようにのべる。「フクシマにおける複合爆発とメルトダウンから4年後、この恐ろしい物語は丁度いま始まったばかりのようにみえる。

安倍晋三の日本の独裁主義的な政権の抑圧的な国家秘密法によってフクシマからの情報は厳しく取り締まられており、現場で何がおこっているのかについて正確に知ることはできない。

毎日300トンの放射性の水が太平洋に流れ出ていることは分かっている。また、使用済み核燃料が現場に放置されていることも。東京電力は4号機からのすべての燃料棒を取り除いたかもしれないし、そうでないかも知れない.しかし、1,2,3号機の上空には確実に多くのものが浮遊している。

私たちは安倍が福島地区への避難民の帰還を推し進めていることも知っている。ガンを含む甲状腺の障害率はこの地区の子どもたちのあいだで飛躍的に増加した。放射能のホットスポットは遥かはなれた東京でもみつかった。(中略)今福島の放射能の少量が日本から香港に船積みされた緑茶の中に見つかった.このことは、この地区から輸出されているすべての食品に疑問を投げかける恐るべき進展である」

 NYタイムズ*によると,「日本の千葉県から輸入された粉末状のお茶のサンプルは微量(traces)のセシウム137 を含んでいるとされる。

この発見はこの種のものとしては最初ではない。政府の食品安全センターは日本からの野菜の3つのサンプルに2011.3月の地震と津波によりメルトダウンした原子炉による放射能汚染で不適合なレベルの野菜を3種発見している

EcoWatchはつぎのように結んでいる

「今も私たちはすべての食品を放射能検知器を持ち歩いて食べるべきだろうか?

原発による食品の放射能汚染を多くの日本人はすでに忘れ去ろうとしている。しかし、いまNYタイムズがこれを大きく報道していること、さらにEcoWatchが安倍政権の原発、そして秘密保護の姿勢を強く批判していることはあらためて考えさせられることである。

ジェトロ**によると今なお(3.17現在)東北を中心にほとんどの水産物、一部の野菜、きのこなどが

多くの国によって輸入規制がなされている。しかし、このことを関係者以外の日本人は知らない。このことを政府が言うように過剰規制だというのか、あるいは素朴にフクシマ以前の値にもどしてくれ、というのが正しいのか、私たちも自分たちが測定した数値の意味を考えてみる必要がある。

*http://www.nytimes.com/2015/03/13/world/asia/hong-kong-finds-radioactive-contamination-in-sample-of-japanese-tea.html?_r=1

**http://www.jetro.go.jp/world/europe/eu/biznews/530bff99923d8

**http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kisei_all_150303.pdf

***http://ecowatch.com/2015/03/16/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)