チュマク博士来日講演

—————————————————-
「チェルノブイリ事故の健康影響とは
~ウクライナ放射線医学研究センター・チュマク博士来日講演」

http://www.foejapan.org/energy/evt/151124.html
—————————————————-

◎ 日時:2015年11月24日(火)14時00分~16時30分
◎ 会場:参議院議員会館101会議室
◎ 定員:100人(要予約)
◎ 資料代:1000円 ※言語:逐次通訳あり(ロシア語)
◎ 予約申し込み(先着順・携帯電話・PCからお申し込みください)
http://kokucheese.com/event/index/350258/
◎ お問合せ:TEL: 03-3296-2720 (OurPlanetTV)
◎ 主催:「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
国際環境NGO FoE Japan/OurPlanetTV

◎アナトリー・チュマク博士:
1984年医学博士。1994年に免疫学アレルギー分野で教授。2012年から、
ウクライナ科学アカデミー、ウクライナ放射線医学研究センター副所長。
1986年、事故処理作業員の健康管理と医療支援のため、ウクライナ保健省の
代表としてチェルノブイリ原発の30キロゾーンで働く。 2011年に刊行した
「ウクライナ国家報告書」の健康影響に関する編集責任者、「チェルノ
ブイリ事故の健康影響?四半世紀の結果」の事務責任者をつとめる。
※参考情報
主催の「チェルノブイリ」女性ネットワーク」ほかによる日本語訳が、NPO市民
科学研究室のHPに掲載されています。
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/2013/04/34-1.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)