フクシマ・アクション・プロジェクト 対県交渉

2015113011時~県庁

参加者:福島県環境創造センター整備推進室:橘潔(副課長兼主任主査)、柳沼平(主査)

佐々木慶子、小池光一、人見やよい、越智信一朗

橘主任主査

展示内容については、どの新聞を使うのかなど今検討している。

佐々木慶子

最終的なものはいつ決まるのか。

橘潔主任主査

常時決まっていっている。映像の写真を撮ったりなど。全体が完成する時にすべてが完成する。

佐々木慶子

ある程度内容が決まってないとできないんじゃないのか。

橘潔主任主査

文章の中身はまだできていない。外枠などは決まっていっているが。

佐々木慶子

ここにこういう趣旨の説明が入るというのは決まっていないのか。

橘潔主任主査

県検討委員会の内容がある。第4回の検討会内容が中心。

人見やよい

全体的な設計図的なものがあるのでは。

橘潔主任主査

検討委員会の狙いは変わっていない。

佐々木慶子

事故の当時から現在までに関してはある程度あると思うが、一番危機意識があるのは放射線が出続けている、廃棄物が溜まり続けている、このような問題を抱えているという現実を示してほしい。

橘潔主任主査

中間貯蔵や廃棄物の問題ももちろん取り上げます。

佐々木慶子

爆発したときの放射線の流れを動画で見せることができるととてもよい。プルームが海にも行き、関東にも広がった。

橘潔主任主査

福大の先生からも言われたが、調整している。ただ、映像としては難しいようだ。

人見やよい

ベラルーシではどこまで放射性物質が広がったかというジオラマがあった。

橘潔主任主査

発電所のジオラマを使おうという話になっている。

佐々木慶子

ただ動画がないというのもおかしな話だと思うが。押すと何か出るようなものがあるか。

橘潔主任主査

あります。

佐々木慶子

資料も作るのですか。

橘潔主任主査

渡せるような資料を作成する計画もある。

佐々木慶子

そのような内容も見せてほしい。

橘潔主任主査

はい。

佐々木慶子

危ないところとかをどのように意識するかということに私たちは関心がある。残酷だとか悲惨だとかそういうところも見ることができ、考えさせるような内容としてほしい。

橘潔主任主査

廃炉という方針は決まっているので、ブレていないと思う。放射性物質を理解するために測るようなものも準備している。

佐々木慶子

資料も完成する前に見せてほしい。見えない放射性物質をどうとらえるのかも教えてほしい。

橘潔主任主査

霧箱を置く。α線やβ線が出る様子を見える化ウォールで理解してもらえるような仕掛けを準備している。

佐々木慶子

まだ危ないところもあるというところも示してほしい。

橘潔主任主査

モニタリングポストのデータなども出す予定。

人見やよい

高いところは出してほしい。

橘潔主任主査

数字は数字として出さなければならない。

人見やよい

そのようなところも教えてほしい。

小池光一

コンテンツが決まるのは完成はいつ頃か。

橘潔主任主査

今年度中には。

小池光一

ほぼ固まる前に見てみたい。

橘潔主任主査

自分の考えで数字の高い低いは考えてもらう。原発の話だけでなく一般環境の話も出す。

佐々木慶子

交流棟ということなので、気楽に休憩できるスペースがあればいいという話をしたことがあるが、どうか。

橘潔主任主査

あります。また、会議室やホールなども利用できるように準備している。

人見やよい

書籍の販売などもいけないのか。

柳沼主査

営利目的だと無理。

人見やよい

もうちょっと緩くしてもらいたい。ふくしま宣言はふくしまのあゆみに出ていたのか。県内全基廃炉と書いてあるので。

柳沼主査

まだ決まっていない。

佐々木慶子

ふくしま宣言は県として重要な宣言なので、ぜひ出してほしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)