311シンポジウム 福島を忘れない

満田夏花

3・11に、参議院議員会館にて、以下のシンポジウムを開催します。
この5年、ともに悩み、考え、たたかったみなさまとともに、3・11を振り返り、新たな一歩を踏み出したいと思いす。
ぜひご参加ください。

——————–
311シンポジウム 福島を忘れない

~福島第一原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年~
http://www.foejapan.org/energy/evt/160311.html
フェイスブック・ページ(ぜひ、お友達をお誘いください)
https://www.facebook.com/events/532428603584808/
ちらし
http://www.foejapan.org/energy/evt/pdf/flyer_160311.pdf
——————–

□日時:2016年3月11日(金)14:00~17::30 開場13:30
※13:30から参議院議員会館ロビーにて、入館証を配布します。
□会場:参議院議員会館 講堂
※最寄り駅;東京メトロ 永田町駅(徒歩1分)、国会議事堂駅(徒歩5分)

□プログラム(予定)

<第1部>福島
○基調講演:福島原発事故から5年…長谷川健一さん(飯館村・元酪農家)
○避難者はいま…宇野朗子さん(「避難の権利」を求める全国避難者の会)
○福島の母親たちが直面していること…福島のお母さんが参加します

<第2部>チェルノブイリ
○保養から見えてくること…佐々木真理さん(チェルノブイリ子ども基金)
○福島とチェルノブイリの比較…吉田由布子さん(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
○ベラルーシでみた「希望」と「かけはし」… 深草亜悠美(FoE Japan)
○ドイツからの報告…フーベルト・ヴァイガーさん(FoEドイツ代表)

<第3部>今、必要なこと
帰還政策/健康影響/保養/原発フリーの電力会社を選ぼう…FoE Japanより
コメント:メアリー・オルソンさん(生物学者。 米国・原子力情報サービス(NIRS)所属)、
核なき世界へ~脱原発と核不拡散
川崎哲さん(ピースボート)、スティーヴン・リーパーさん(平和活動家)
□参加費:500円 (学生・FoEサポーターは無料)
□主催:FoE Japan
□協力:
「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会、eシフト(脱原発とエネルギーシフトを実現する会)、チェルノブイリ子ども基金、ピースボート、「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク、「避難の権利」を求める全国避難者の会、原発事故被害者団体連絡会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)