「コミュタン福島」での学習会、予想以上の参集

佐々木慶子

11.23のフクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)の学習会は「環境創造センター交流棟/コミュタン福島」で行われました。会場が市街地でなかったので心配された参集者は予想MAXを超え準備資料数60を超え70人ほどになりました。
‟世界初の視点”と銘打って後藤忍さんによって行われた講演ー「『チェルノブイリ博物館』と『コミュタン福島』の展示を比較して」-はとても好評でした。両展示館の事実を比較することによっておのずと「コミュタン福島」の実相が浮き彫りになりました。

goto_situgi

続いてのミニ講和「環境創造センターの国際的文脈」はFAPの副代表でNGO連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン」の国際運営委員である川崎哲さんによって行われ、IAEA(国際原子力機関)やJAEA(日本原子力研究開発機構)と環境創造センターの研究棟との関連に触れ、グローバルな視点からの問題提起を受けました。

多くの参集者から「よかった。」という感想が聞かれ、当日、参加していたコミュタンの職員2人からも今後の参考にしたいとのコメントが寄せられました。(朝日11.27の福島版に大きく掲載)
3.11福島原発事故を風化させないように、どのように捉え、どのように後世に伝えていくか、そして放射能被ばくをいかに低減化するかをFAPとしてこれからもしっかり見据えていきたいと思っています。
参加してくださった方々にはあらためて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)