東電株主代表訴訟 第29回口頭弁論

松田奈津子

2012年3月5日に東電取締役等に対して提起した「東電株主代表訴訟」ですが、今回の期日において、当方のIAEA技術文書に基づく主張への補助参加人からの反論(第20準備書面)への反論書面を陳述予定です。
なお、政府事故調のヒアリング調書に対する文書提出命令申立に関しても、まもなく裁判所の判断がなされる見込みです。

3・11からまもなく5年9カ月を迎えますが、未だだれも責任を取っていない東電福島第一原発「事件」。
この訴訟によって、取締役の責任追及の重要性を多くの人に知っていただく機会になればと思います。

期日後は、弁護団からの報告の後、原告でもある山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)を迎え、学習会「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」と題し、わかりやすく解説します。
最近の東電の不始末や実質国営化状態の継続などの背景を知るとともに、未だ収束の見えない核事故の現状を考える機会になると確信しています。
平日の昼間の時間帯になりますが、ぜひご参加ください。

2016年12月15日(木)13時半~

【直前地裁前アピール】
・12:30 ~東京地裁前(最寄:霞ヶ関)

【第29回口頭弁論期日】
・13:30~ 東京地裁103号法廷

【記者会見】
・14:00~ 記者クラブ(東京高裁2階)
出席:弁護団:河合弘之、海渡雄一、甫守一樹ほか
原告:堀江鉄雄(原告代表)、木村結(事務局長)、ほか

【報告&学習会】※14:30~通行証配布
・15:00~
裁判報告 甫守一樹 弁護士(弁護団)
学習会 講師:山崎久隆(たんぽぽ舎副代表)

参加費:無料
会場:衆議院第2議員会館第1会議室
(1階地下)
(最寄:国会議事堂/永田町)

▼詳細はこちら
http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)