«資料» 福島県での協働プロジェクト

IAEAファクトシート 20121215

1 放射線モニタリングと除染

(1)福島での除染
・IAEAおよび国際的な専門家からなるIAEA派遣団を技術的助言の目的で急派する
・環境モニタリング、被曝経路、被曝の軽減ないし忌避の可能性、日常生活での放射線安全、人々の再居住などの研究を適切な地域ワークショップを通じて援助する

(2)除染活動で生じる放射性廃棄物の管理
・IAEAおよび国際的な専門家からなるIAEA派遣団を技術的助言の目的で急派する
・放射性廃棄物の保管、放射性廃棄物、放射性廃棄物取り扱い中の放射線被曝などの処理を地方および政府当局との対話を通じて援助する

(3)無人航空機(UAV)を用いた環境地図作成の適用
・福島でのモニタリング用途に向けたUAVベースの移動ガンマ線スペクトル測定システムを開発する
・専門家間で会議を開く。トレーニングと技術サポートを実施する

(4)一般人の利用できる地図の開発の、放射線モニタリング・データの使用による援助
・IAEAおよび国際的な専門家からなるIAEA派遣団を放射線モニタリング使用に関する技術的助言の目的で急派する

(5)放射線安全とモニタリング・プロジェクトの行政支援
・福島におけるIAEAの現地拠点にIAEAの専門家を1名配置し、IAEAのプロジェクトを福島との調整や必要ならば技術的助言を与えるようにする

2 人の健康
(1)保健従事者や医学生の能力養成を通じた、放射線医学教育の強化
・2013年後期の福島医大における関連した国際シンポジウムや、その他の技術的会合を開催する

(2)後期外傷ストレス障害を含む、放射線障害医療での研究協力の強化
・医療従事者の作業グループを立ち上げる
・核事故の後の放射線、保健、社会的リスクの国際的データベースを開発する

(3)核ないし放射線の緊急事態への援助における、医学的放射線物理学者の特別トレーニングパッケージの開発
・医学的放射線物理学者の特別トレーニングパッケージを用意し、インターネット学習用教材を制作し配布する。

3 RANET(対応援助網)
(1)能力づくりセンター(CBC)
・地域、全国および国際的な参加者のための緊急準備対応(EPR)の分野における訓練活動のめの「IAEA RANET CBC」を福島に創設する。目下のところは、地域および全国の参加者のための少なくとも1コースと、国際的な参加者のための2コースが5年の間、年毎に予定されている。
・訓練活動に使用でき、アジア太平洋地域での核または放射線の緊急事態が、あらゆる防止の努力にもかかわらず万が一起った際に、IAEAの手で展開されうる、放射線モニタリングの設備群を備蓄する

(2)RANETワークショップ
2013年中に、福島でRANETの国際ワークショップを実施する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)