東井怜さんのご会葬参列ご報告

みなさま

佐々木慶子です。
24日(土)の東井怜さんの通夜と翌25日(日)の本葬に参列してきました。
24日17時半熱海駅着、タクシーで一区画、開始時刻18:00ぎりぎりに「熱海中央斎場」に到着。会場はこじんまりとしていて祭壇は全国の団体・個人から贈られた花輪ざっと30超えが3段に飾られ、静かに微笑んでいるご遺影を囲んでいました。そしてその前に御遺体が安置されているお棺が置かれ、その前に献花台がありました。
献花の上段の方に「原発いらない福島の女たち」と「ハイロアクション福島」からの花輪をしっかり見つけました。
(写真も撮りました。必要なら申し出てください。タブレットから送ります。)
お通夜は参列者ざっと40名、記帳を済ませた人から、献花いたしました。
その後、開始宣言のアナウンスがあり、遺族代表としてご長男様のおことばがあり、終了。その後、みなさんとゆっくり、東井怜さんのご尊顔を拝顔した時は涙が止まりませんでした。
東井怜さんは21日の早朝6時頃(?)ご自宅のマンションの地下にある温泉風呂に入りに行く途中の階段で胃から出血し転げ落ちたらしいとのこと。発見された時は意識はなかったとのこと。そのせいか御尊顔は少しぶちていました。でも表情は穏やかでした。
患っておられたガンそのものは小休止状態、というか共生(?)状態で落ち着いていたので、そろそろ活動を開始したいと本人が言っていた矢先だったとのこと。どんなにか悔しかったことでしょう。
参列者の中に私の顔見知りの方はほとんどおられず、少々心細かったのですが中手聖一さんから「お慶さん」と声をかけられたのと、私のことを知ってくださっていた方が少しおられ「福島から大変ですね。」とねぎらっていただけたのは嬉しかったです。なんとなく気の合った同年位の女性とそのお仲間4人で近くの居酒屋で夕食交流会を持ち、怜さんのすばらしかったことなどを語り合いました。
翌25日、本葬開始30分前9時半に会場に到着、顔見知りの方々も多く見られ、その数60人ほど(?)でした。大賀あやこさん、木村結さん、向井雪子さん、後藤政志さん、竹内雅文さん、高木章次さん、梅ちゃん…
10時開始。参列者全員が記帳と献花を行い、次男様の胸を打つ御ことばがありました。
「母は健康、平和・安全、子ども、環境、憲法などを守ろうと時間を惜しんで活動していました。今月16日、76歳の誕生日を迎えたばかりでした。自分は国外にいたが祝メールを送ったりしました。…亡くなった時のこと…感謝のことば…」

11時からは出棺で、みんなでお花で怜さんをさらに飾り、お見送りしました。すすり泣きの声があちこちから漏れていました。
香典なし、仏壇なし、読経なし、焼香なし、弔辞なしの型破りな葬儀でした。
それはそれでいいのですが弔辞が一切なかったので、私たち側から一言も声をかけられなかったのは少々、不完全燃焼でした。
終了後、木村結さんたちと昼食会を持ち「お別れ会を5月頃?にでも開きたい」思いが強く出されました。

以上、不十分で、的外れなご報告になったかもしれませんが私なりに感じたことを簡単にまとめてみました。


One thought on “東井怜さんのご会葬参列ご報告

  1. 佐々木慶子様  新座団地の佐藤紀恵です。 体調不良にて熱海でのお別れができませんでした 佐々木さんのご報告を読ませていただいて胸のつかえ和らぎました。東井怜さんに数年振りに三月五日 志木駅改札口近くで会いましたお元気ですかと聞きましたら 元気よ おしやいました。二十一日 まさか再会ご
    数日しかたってなくて・・・・・。   新座に引っ越してはじめて会ってから 三十年以上過ぎました 原子力についてはじめて知りました 福島に週に数回新座よりいらしてました。最後にお目にかかれたこと何か縁を感じました。怜さんありがとう。  佐々木さん 怜さんへの一文ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)