NSRW

竹内雅文

2013年6月18日にフクシマアクションプロジェクトは、福島県との話合いを行いまし たが、この時、3人の福島県側の出席者と並んで、IAEAの伊藤集通氏が出席されました。「NSRW局 プロジェクトオフィサー」という肩書の方です。そこで、NSRWがどういう部署なのか、調べてみました。

NSRWはDivision of Radiation, Transport and Waste Safety という局の略称のようです。日本語に訳す時は、「放射線・廃棄物・輸送安全局」と言うようなのですが、「局」ではなくて「部」とされていることもあります。

核 安全保安(Nuclear Safety and Security:略称NS)と言われる部門(Department)を構成する2つの局のうちの1つです。もう片方はDivision of Nuclear Installation Safety(略称NSNI)で、核施設安全局とでも訳せば良いのでしょうか。こちらは稼働中ないしはこれから稼動する核施設の安全保安を担当する局のよ うです。2007年の柏崎刈羽原子力発電所事故の後、年明けに来日したIAEAのチームはNSNIの所属でした。

ちなみにこの時、柏崎刈羽 にやってきたNSNIの責任者はフィリプ・ジャメというフランス人でした。ジャメ氏は2010年に退任してフランスの原子力保安院に戻っていますが、東日 本大震災の後、サルコジ大統領に随行して来日し、フランス原子力界からの支援のメッセージなるものを伝えています。

稼働中の原子炉の運営規準などを取り扱っているのはこのNSNIです。通常の放射線防護や教育プログラムなども、NSNIの管轄だということになります。

今回、NSNIではなくNSRWが出てきているということは、福島第一発電所が破壊され、どうやっても機能修復などあり得ないことを、IAEAとしても認めていることになるのでしょう。まあ、当然と言えば当然のことです。福島第一では、NSNIは出る幕がないのです。

NSRW は3つの部に分れています。被曝の管理とモニターをする部、移送など、核施設以外で核物質を扱う場合に対応する部、そして廃棄物などを取り扱う部がありま す。伊藤氏の肩書には所属の部がなく、「プロジェクトオフィサー」とされていますが、福島でのNSRWの本格的業務を準備する特任ポストであると考えて大 過ないのでしょう。IAEAの2013年5月末のワークショップは大半が測定の訓練だったようですが、NSRWの守備範囲をされていることがらと、よく合 致していると考えることはできます。

しかし、単に測定や分析をするためにIAEAの専門セクションを福島に常駐させることに、どんな意味があるでしょうか?
私たちは疑問を突き付けていく必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)