«資料» 福島第一原子力発電所の汚染水漏れに関するIAEAの声明

2013年8月21日

IAEAのWEBサイトより

本日、IAEAは福島第一原子力発電所の状況に関し以下の声明を発した。

「日本の原子力規制委員会が、東京電力福島第一原子力発電所び放射性水漏れを国際核事件物差し(INES)で第3水準に格付けする意向であるとメディアが報じていることに、IAEAは強い関心を持っています。

日本の当局は機関に対し、発電所の状況に関する情報を引き続き提供していますし、機関の専門家たちは事態を注視し続けています。

IAEAはことは重大であると考えており、要求があればいつでも援助できる態勢をとっています。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)