«資料» IAEA RANET 福島の能力づくりセンターが始動

IAEAプレスリリース

2013年5月27日、福島市発

IAEA対応援助網(RANET)能力づくりセンターの命名式典が本日、挙行された。センターは、核と放射能の緊急事態への準備と対応に関する多様な訓練活動を調整する。

外務省の丸尾眞大使、福島県の内堀雅雄副知事、IAEAの事故緊急事態センター長のエレナ・ブグローヴァが、式典で講話を行なった。

セ ンターは、日本と全世界の双方において、核の緊急事態への準備と対応能力を、2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故を教訓としなが ら、強化することを目指した養成コース、ワークショップ、訓練の拠点となる。センターは、日本国外務省と、福島県との支援を受ける。

セン ターの最初の活動はIAEA・RANETワークショップの一つとして、明日から始まり、2013年5月31日に終了する。18ヶ国からの40人を超える専 門家たちが参加するワークショップには、福島県での実地訓練も含まれる。訓練の間、参加者は放射線モニタリング、環境サンプリングと分析の指揮を取る。 ベータ線、ガンマ線の線量率、地表の汚染レベルをモニターし、またガンマ線のスペクトル分析やカート利用のモニタリングも指導する。

RANETを通じてIAEAは、「核事故または放射線緊急事態の際の援助協定」の下での養成に基き、専門家による支援と、装備とを提供する態勢を取ることができる。

センターは国際的な緊急事態への準備と対応とをいっそう強化するIAEAの活動の一環で、2011年9月にIAEAの全加盟国により満場一致で採択された、「IAEA核の安全行動計画」に従っている。

「協 働を通じて、IAEAの加盟諸国はすでにこの分野では重大な進歩を遂げました。けれどもさらなる進歩のために働くのを、私たちが止めることは決してありま せん」とブグローヴァ氏は式典で述べた。「ここIAEA RANET能力づくりセンターを通じて、あるいはどこか他の場所ででもそうですが、IAEAは核エネルギーを人間の力で可能な限り安全にするために働いて います」

丸尾大使は付け加えた、

「世界の核の安全を強化することに、経験と教訓の共有によって、国際社会と共に、福島県から 貢献できるのは、大切なことです。核の準備と対応能力とを、IAEA-RANET能力づくりセンターの活動を通じて強化するのは、福島県内の、アジア太平 洋の、そして結果として全世界の、核の安全の強化に貢献するのです」

IAEAの職員1名がセンターには常駐し、必要に応じて、他の職員が派遣される。今後も、日本からと海外からとの双方の参加者を集めて、ワークショップは組織されていく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)