田中知氏は金塗れの御用学者ではないのだろうか?

竹内雅文

「福島県環境創造センター(仮称)設置準備検討委員会」というものが存在するようです。県の作成した会議の資料を見ると、この委員会の会長が田中知氏であることが分りました。

田中知(たなかさとる)氏は東京大学教授で、日本原子力学会会長も務めています。

2012年2月6日の「朝日新聞」(電子版)には、この学者に関して、私たちにとって甚だ心配な記事が載っています。田中氏ら3人の学者が「2010年度までの5年間に原発関連の企業・団体から計1839万円の寄付を受けていた」というものです。

福島第一原発の事故の後で、「原子力政策の基本方針(原子力政策大綱)を決めるため内閣府原子力委員会」というものができたわけですが、そこで田中氏は専門 委員に選任されています。朝日の記事は、こうした政府の機関で専門委員として発言する人が、業界から金を受け取っている人でいいのか、という疑問に立って 書かれているわけですが、朝日の記者に対して田中氏は「寄付を認めたうえで、「会議での発言は寄付に左右されない」などと話している」そうです。

こうしたスキャンダルを報道したのは朝日だけではありません。2012年8月19日の「デイリー東北」にも、この人物等3名が「2010、2011年度の 2ヶ年で計912万円を電力業界などから受け取っていたことが全国市民オンブズ連絡会議から発表された」という記事がついています。

その記事では「田中氏は日立GEニュークリア・エナジーから2カ年で計120万円、」と献金元も特定されています。モロ、日立とGE合弁の原子力企業から金を 貰っていたことになります。そういう甚だご立派な方がこの福島環境創造センターの設置の準備に当っておられるということは、私たちが常に念頭に置いておくべきことがらではありましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)