フクシマ・アクション・プロジェクト共同代表の皆様へ

2013年3月22日

小渕樣、武藤樣、関樣

2013年3月12日付けの天野之弥事務局長へのお手紙を、ありがとうございました。

手紙は確かに事務局長自身が受け取りました。皆様にIAEAの公式報道官として皆様に今一度、お答えいたしますのは、事務局長の指示によるもので、彼の許可を得て、機関の意見を表明させていただきます。

正確を期すために一言指摘させていただきますならば、私が皆様からの手紙を声を上げて読んだという皆様の言明は正しくありません。事実は、私は手紙が日本語で読み上げられ、続いて英語に翻訳されている間、じっと聴いていたのでした。

皆様方のご質問に対し、私共の前回のご返事がIAEAの立場を一点一点ごとに指摘するまでもなく、明確にご説明していると、私は信じております。

あのお答えは、まず英語で書いてから翻訳したのではなく、最初から日本語で書いたものです。皆様ご自身の請願書が日本語で提示されたものだったからです。ですので、微細な点が間違っている、といった危険性もありませんし、公式な英語の翻訳も用意されませんでした。

敬具

ジル・チューダー
国際原子力機関、報道官/メディア広報部門責任者


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)