秘密保護法福島公聴会のようす

人見やよい

「ストップ秘密保護法!緊急市民集会」(2013年11月27日 議員会館)より

yayoi_秘密法緊急

郡山市の人見やよいと申します。私たちが福島市で公聴会があるって聞かされたのは金曜日です。で、公聴会は月曜日。金曜日から週末ですよね。もう、どこにも申し込む方法がないね、って言ってたら、申し込むどころか、傍聴券っていうのは一般市民は絶対手に入らない仕組みになっておりました。

たった50人、50枚しかない傍聴券はすべて政党に配られてしまっていて、そこに伝手のない人は誰も入れない、一般市民は外でワアワア騒ぐしかないっていう状況が作られておりました。私はたまたま意見陳述をした議員さん、佐藤和良さんを通じて、一枚だけ傍聴券を入手することができまして、中に入ることができました。

中に入ってやっぱびっくりしたのは、傍聴席の多さです。50、50、50、で150くらい席がありました。で、そこに傍聴人が50人入って、メディアの方がやっぱり50人くらい入って、50席ぐらいは空席でガラガラ空いてました。で、後ろの方の席がかなり空いているので、私も武藤類子さんも、「外に待っている人がいっぱいいるので、ぜひ入れてください」と委員長に、額賀さんにお願いしました。だけど額賀さんの方はこうゴソゴソと係の者とお話しをされてその結果として多分、NOという答が出たんだと思うんですけれども、NOということさえも言うことなく、開会されてしまいました。

で、もちろん、外で待っていた、これから話す森園さんなんかは中にも入れずに、待つしかなかったというヘンな状況です。公聴会と言うからにはね、広く聴かせるべき場所なのに、そうやって福島県民を排除して聴かせない。ていうのをまず、その段階からおかしいなって思っていたら、公聴会事態は実はさっき報告もありましたけれど、本当に素晴しいものだったんです。

7つの政党の議員さんがそれぞれ一人ずつ陳述者を選んで、立てたんですけど、その7人がそれぞれ、すべてが法案に反対である、慎重に審議すべきである、廃案にすべきである、という意見を述べました。もう、本当に素晴しくて、論理だっていて、村長さん、市議さん、弁護士さんが2名、大学教授が2名、そして原発使用者の方が1名、計7人だったんですけれども、すべての方が、「この法案はあってはならない」ということを述べました。

で、私たちはベントすることも知らされなかった。SPEEDIの情報も知らされなかった。いっぱい、今まで隠蔽されてきました。もう秘密にはウンザリしてるんです。秘密にウンザリしている福島県が、こんな特定秘密法案なんていうのに賛成するわけがないんですよね。先程の方がおっしゃったように、福島県民を舐めていたんだと思います。

で、自民党が推薦した町長ですら、本当に、これはあってはならないっていうことをはっきりおっしゃっていました。だから、パブリックコメントは77%の反対だったかもしれないですけれども、福島県の公聴会では100%が反対だったんです。だけどやっぱり不思議ですよね、修正合意ができていて、その上でこれから成立させようとしているその前の日になってやっと公聴会を開く、で、「公聴会で聴いた意見を持ち帰ります」って委員長さん、おっしゃりましたけれども、持ち帰っても反映させる気がないことは、如何な馬鹿な私でも分ります。これはもう絶対、活かす気なんかないんだ、と。

「どこで反映させるんですか」っていう質問も飛んでましたけど、それには答がありませんでした。そして、拙速に進めないでください、もっと慎重に審議してくださいという声には、「3週間も審議したんです」っていいうふうにおっしゃったんですね。3週間もっていうところで、皆、ザワザワしました。3週間しか話し合っていない、しかも国民の多くが反対している法案をね、どうしてこんなに無理無理通すんだろう? これから合法的に隠蔽できる、っていうことをね、どうして決めたがるんだろう?

で、福島県はこれから、燃料棒の取り出しが始まっても、教えてもらえなくなるのかもしれない。何が起っているのかも教えてもらえない、避難もさせてもらえない…そして福島の県民健康調査、これからとんでもない結果が多分、いっぱい出てくると思うんです。被害もいっぱい出てくる。子どもたちに甲状腺の異常が出てきたっていうことが、これからドンドン分ってくるんだと思うんです。それすらもね、ひょっとしたら秘密、特定秘密にされてしまうのかもしれない。私たちはそういう知る権利を塞がれようとしているのに、ただ、「話は聴きました」「福島の意見は聴きました」公聴させていただきましたっていう、そういうアリバイ作りのために、福島県が使われたっていうことに、本当に、憤りでいっぱいです。悔しいです。

昨日の国会中継の様子はテレビで見てました。本当に考えられないです。この国のトップの人たちっていうのは、何に、何所に向いているんでしょう? 本当に、国民の声を聴いてくれない、「やめてくれ」っていう声も聴いてくれない、そして、無理矢理、数の力で押し通していく。悔しいです。

でも、これから参議院にはもの凄く期待してます。きっと廃案にもってってくれると思ってます。だって、あり得ない法案なんですから。これはもう、廃案にするしかない法案なのだから、きっと参議院ではNoっていうのを突き付けてくれるって思ってます。そして福島県のあの7人が叫んだ叫びをね、参議院ではきっと取り上げてくれるって信じてます。で、「頑張ってください!」っていうエールをこれからいっぱい、参議院の皆さんには贈ろうと思ってます。

なので、差し戻されてきても、衆議院の皆さんにはぜひNOという声を挙げてもらいたいと思います。それがやっぱり、福島県の子どもたちの命を守ることにも通じるし、これ以上の嘘を横行させないっていう、大人がそういう視線をね、子どもたちに見せていかないと、本当に大変なことになると思います。

といういうことで、これからも私たちは、告訴団と同じになっちゃいますけど、「呆れ果てても諦めず」やっていこうと思います。どうも有り難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)