市民を締め出した秘密保護法福島公聴会

森園和重

「ストップ秘密保護法!緊急市民集会」(2013年11月27日 議員会館)より

kazue_秘密法緊急

今日は、福島県郡山市の森園和重です。本当に、関東の皆さんにはいつもこうしてお会いする度に、元気をいただいて、福島に帰ることができています。感謝しています。有難うございます。

私も人見さんと同じに、当日、満田さんたちがもう早々、8時くらいからですか、福島市の駅前で声を挙げていてくださってたんです。で、私も新幹線で飛び乗って、9時に到着して、私の場合はもう、とにかく、受付まで乗り込もうと思っていましたから、公聴会の受付の場所まで。傍聴券がないので、とにかくそこに行こうということでん9時半くらいから移動して、受付に行きました。

なんかちょっと、新聞か何かに、佐々木慶子さんとか武藤類子さんと一緒に撮っていただいた(写真)があって、その時に対応したのが佐藤さんっていう方なんです。課長さんなんですけど、「ぼくは受付だけの担当です」っていうことで、「とにかく入れることは絶対にできません、ルールを守ってください」っていう、そのルールっていうのに私はカチンときて、「ルールを守らないのはあなた方でしょう!」っていうことを言いながら、必死に食い下ったんですが、やはり…でも最後の5分ぐらいに一応、額賀さんに伺いを立てますっていうことで、その佐藤さんっていう方は一応、聞きに中に入ってくれました。
が、やはりNOという返事で、「だったら、佐藤さん、私たちの相手をしなさい」っていうことで、会場外のフロアーで、応接セットがあったのでね、そこに彼を呼んでガッチリ佐々木慶子さんと、言いたいことをガーッと述べてきまして、「何時になったらあなた方はね、市民である私たちの声を聴いてくれるんだ」っていうことを、ガッチリ申し上げました。

我が家がちょうど除染が終ったところだったんで、「除染ていうのはどういうものだか知ってるか」っていうことで私がアイパッドの写真を全部、見せると、「アーッ!」|アーッ!」って感動されてしまって、感動している場合かって思ったんですけど、こういうことをやるんですね、一つひとつ勉強してくださいっていうお話もしました。

で、昨日の国会です。人見さんも満田さんも坂上さんも話してくださいましたが、私も自宅で国会の委員会を傍聴ていうか、自宅で傍聴していまして、ブツブツブツブツ、テレビに向かってずっと物申しをしていたんですが、最後の段階で、ニュースに飛んだのを皆さん、覚えていらっしゃいますか? あの、採決をする瞬間にNHKはニュースを間に挟み込んだんですね。で、突然、そのニュースの中で突然、そのニュースキャスターが、「ただ今、動議が発動されて」っていうニュースが入った時に、いったい、何なんだろうって、凄く違和感がありました。いったいNHKも何を考えてるのかっていうのを、また再度、不信感を抱かせるような報道の形を取られてしまって、そこにも憤りがありまして、私たち福島県民の声は、何時まで経っても届かないし、もっと言いたいのは、福島県民の国会議員が何と言っても弱い、そこがもう、情けないっていうか、恥かしいっていうか、どっちを向いているんだ、もっと強く言えないのか、何を怯えているんだ、何を怖れているんだ、誰に言われてるんだ、って。

何時も同じことをマイクを持って言ってますけれども、そこを本当に知りたいです。どーしてここまで日本はコロコロコロコロ主張を変えられ、どっからどうされてこういう結果になっていくのか。皆、官僚がやっているんだ、官僚がやっているんだ、って言われてますけれど、どうなのか、そこが知りたいですね。

そこを追及して、そこに物を申しに行けばどうにかなるのかって、何時も思いながら、訴えを続けてきたこの2年半ですけれど、一向に動かないというこの現実に…先程、人見さんも言いましたが、本当に悔しい思いをしまして、今日から参議院ということなので、しっかり、参議院の議員さん一人一人にまた声を掛けて、で、しっかり、また勝ち取って、それで衆議院に戻して、そうなった場合に、衆議院の議員さんの中にも「やっぱり」と思ってくださる方がいると思うんですね。どんなに党議拘束がかかっていようが、これは間違っているんだ、っていう声を挙げる勇気がある議員さんがいることを信じて、やっぱり訴えていきたいと思っています。

今日は実は私は公明党を何とかしたいと思いまして、創価学会の本部っていうんですか、信濃町に行ってまいりました。で、たまたま新幹線に乗る時、人見さんに出会ったんで、「ちょっと信濃町に資料を届けに行くんだけど、一緒に行ってくれる?」って言ったら、行ってくれるっていいうとだったので、この集会の前にちょっと行って、受付の方に資料をお渡ししたんですけれど、やっぱり政教一致になってしまうからっていうことを述べられて、資料を受け取ってもらえませんでしたけれど、そういう、とにかく何でもやろう、と、また腹を括ったのでね、自分ができること、自分が「これをやってみよう」って思ったことはね、諦めずにとにかく、行動して、声を出していきたいと思います。

ぜひ皆さんも「これだったらできる!」ということがあったら、勇気をもって、諦めずに、お願いしたいと思います。有難うございました。よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)