勇気を持って、真実を明かし、福島の真実を語り、日本を守っていきましょう

渡辺ミヨ子

「つながろうフクシマ/さよなら原発集会」(2013年6月2日東京・芝公園23号地)より

miyoko_20130602

皆さん、今日は。

脱原発の思いを胸にこの会場にお集りいただいた皆さんに心より御礼を申し上げます。そして、私の尊敬する大江健三郎さん、そして落合恵子さんと同じ舞台で私が脱原発の思いを申し上げることができることを私は一生の宝と思いました。本当に有難うございます。

私は福島第一原発から25キロぐらいのところに住んでいました。今は小学5年生の孫と私たち夫婦の3人で田村市内の西側に住んでいます。これまでの全国の皆さん、そして世界中の皆さんからご支援いただき、心から御礼申し上げます。

私は戦時中に、昭和17年に生まれました。育ち盛りに、まわりの大人の人たちの話す戦争の話は子ども心にも大きな衝撃でした。その頃、ヨーロッパのスイスが平和だったことも知りました。私の心は平和なスイスのことを考えることで、いつも安らいでいました。

私が子育て中の頃に大熊町に福島第一原発が作られました。まわりの人たちがたくさん働きに行きました。私は広島に落とされたあの怖ろしい原爆のことが頭を過りました。しかしまわりのほとんどの人たちが私が聞いてもいないのに「絶対、安全だ」「事故は起きないんだ」「ここには大きな地震は来ないんだ」と口々に言っていました。そしてすべてが原発のお蔭で、生活が豊かになったように思い込んでいました。

あの3月11日の大きな地震の後、原発が4基も爆発して、広島に落された爆弾の何百倍もの放射能が飛び散らされてしまいました。生まれ育った時から私たちを守ってくれた豊かな自然はすべて、放射能という死の灰で汚されてしまったのです。

「安心・安全」という真っ赤な嘘と、少しばかりの豊かさに踊らされていた自分を悔み、未来を生きる子どもたちの空気を思い、自分の目から流れる涙を抑えられませんでした。

国は始めから「安心・安全」というキャンペーンをやる一方で、福島医大には膨大な予算が充てられました。復興予算、そして除染費用。毎日、新聞やテレビのニュースでは、福島県に充てられる予算の数字が大きな文字で映されていました。今、県内各地に大手企業が入り、除染が行なわれています。そして、手抜き除染のことも取り上げられました。水で洗い、土を剥ぎ、草木を倒して袋に詰め込むだけで、私たちの地域が元通りに戻るわけがありません。雨が降れば、大地の放射能は川へ、そして海へ流れるのです。汚染水のタンクが、汚染物の詰まった袋が、所狭しと増えるばかりです。

去年から入って良いとされる30キロ圏内の私たちの地域では、山菜から高いレベルの1万何千ベクレルというセシウムが検出されました。しかし入っている年配の人たちは知らずにそれを食べてしまうのです。福島で起きていることの真実を隠したいと考える人たちの強い力があるよに思えてなりません。

先日、総理大臣が、「わが国の世界一の技術を、原発を外国へ輸出する」と言っておられました。福島の原発が世界一のい技術であるならば、世界中の原発は今すぐ停めなければいけないでしょう。それを何故、世界中のどの国よりも放射能の怖ろしさを体験済みのはずの日本が、外国へ輸出することが許されるのか、それはまるで、日本は歴史認識が無いと外国から言われた、昔の戦争と同じになるのではないか、後に責任を問われることになるのではないかと、とても心配です。

経済成長戦略に、囚われすぎて、道を過ってはいけないでしょう。今、問わていることは、日本の使命はあの穏かに美しく凛と輝く宇宙から見た、この地球を、我らの母なる星を、地球を、知性と愛情と調和で守ることにあると思うのです。

未来の日本が昔と同じ責任を問われないため、原発のゴミと国の大きな借金で未来の日本が苦しむことがないように、今、考えを新にする時ではないでしょうか。勇気を持って、真実を明かし、福島の真実を語り、世界中の叡智を結集し、福島を、日本を、そして母なる地球を、守っていきましょう。

有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)