自分の命と健康と、愛する人の命と健康を守るために何をなさなければいけないか

森園和重

2013年2月23日、東京新宿、アルタ前にて

kazue_lumina

皆さん、今日は。郡山市から来ました森園と申します。今日、本当に、沢山の方とお会いできて、嬉しく思います。

今日、私はここで何をお話ししたいかと言うと、東京の方も全国の皆さんも自分の命と健康と、愛する人の命と健康を守るために何をなさなければいけないかということを、真剣に考えていただきたいと思います!

今日、私は、昨年10月からですけれどガラスバッチを着けています。これです。これはガラスバッチです。1ヵ月間、着けて、それで計算をしてくれるところに出しますと、次の月に、先月の外部被曝がいくらかというのが出てきます。これを、去年も一昨年も、福島の子どもたちは首から下げて、通っていました。

こんなことは本当はあってはいけないことなんでね。それを慣れてきてしまっている大人が本当に今、どうしてこういう事態に陥ったかというと、私たち大人の責任だと思っています。余りにも無関心で、この50年、生きてきてしまいました。その責任が、それぞれが感じ取って、しっかりと、自分が成すべきこと、声を上げること、それから、若い人たちに背負わせてしまう、異常事態のこの日本の環境に対して、少しでも応えていくように…応えてと言うか、責任を取れないんですよね、もう放射能がこれだけ出てしまったので、責任が取れないんですが、一人ひとりがやれることを、しっかりと、皆さんと繋がってやっていきたいと思っています。

今、福島第一原発は収束していません! 先程も、避難された長谷川さんがおっしゃってましたが、まだまだ、危険な、危機的な状況を、被曝労働の皆さんが毎日、3000名の皆さんが、ここ東京、そして日本の危機に立ち向かってくださっていることを忘れないでいただきたいと思います!

福島県民はこの同じ思いで福島に生きています。どうか、そのことを突き詰めて、自分に何ができるかを考えていただける、今日をまたスタートにしていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)