結成集会での共同代表挨拶

小渕真理

皆さん今日はアウシュヴィッツ平和博物館の小渕と申します。今日は本当に皆さん、このアクションを本当に急に立ち上げできたので、なかなか広報になりませんで、その中でこんなにいっぱい、本当に有難うございます。

私 たちのアウシュヴィッツ平和博物館の施設を立ち上げた青木進々さんという方がいらしたんですけれども、常に「少数意見に対する知性と勇気、」とよく言って いました。色紙にもしばしばその言葉を書いて遺されたんですけれども、それと、ネスコを代表する思想家、パオロ・フレイレっていう方もいらっしゃるんです けれども、その方は「少数者こそ多数者である」と定義しています。

何故少数者が多数者になるかと言いますと、例えば被害を受ける者は様々な 被害を蒙り、それぞれがバラバラでは少数なんですけれども、被害という点では共通な多数者になったんです。今、私たちの間ではそれぞれの立場や境遇から 様々な意見が出されていますが、被害を受けている、少なくともその脅威に曝されているというところでは共通しています。ですからこの共通点で手と手を結び あい、多数者の意見として被害や不合理を訴え、状況を改善していきたいと思っています。

フクシマ・アクション・プロジェクトに集まった方々は、既に原発事故以来、個人だったり団体だったり、様々な組織やスタッフをしていると思います。

12 月に開かれる「原子力安全に関する福島閣僚会議」に向けて、さらにネットワークを強めていかなければならないでしょう。IAEAと国を相手に、しなやか に、したたかに、粘り強く闘っていきたいと考えています。その爲には知恵も勇気も必要です。語り合って知恵を出し合い、励まし合って勇気を出し合っていき ましょう。今日の結成総会はそのさらなる一歩となることを皆さんと確認し合いたいと思っています。

最後に、ナチスの台頭を振り返ってマルチン・ニーメラー牧師が書いたとされる文章をご紹介します。

「共 産党が弾圧された。私は共産党員ではないので黙っていた。社会党が弾圧された。私は社会党員ではないので黙っていた。組合が、学校が、新聞が、ユダヤ人 等々が攻撃された。私は不安だったが、関係ないので黙っていた。教会が弾圧された。私は牧師なので立ち上った。その時はもう遅かった。」

皆さんとご一緒に力を合わせていきましょう。今日はどうも有難うございました。

(2012年11月24日コラッセ福島にて)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)