«資料» フアン・カルロス・レンチホ、核燃料サイクル&廃棄物技術部長に就任

IAEAのニュースソースより

2012年6月12日

IAEA核燃料部門の核燃料サイクル&廃棄物技術部(NEFW)の部長職を、2012年6月12日、フアン・カルロス・レンチホが引き受けることになった。今年初めに母国フィンランドに帰任したテロ・ヴァージョランタの後任である。

レンチホ氏は核エネルギーと放射線防護の領域で30年の経験を積んでいる。スペインの核規制機関である、核保安委員会(CSN)にあって、レンチホ氏は技術監督を務めていた。

この役職にあった間、レンチホ氏は、燃料サイクル施設、核施設の閉鎖、低レベルおよび中間レベル放射性廃棄物、労働者防護、公衆と環境の防護、そして医療、工業、教育と研究での放射線利用、また緊急事態の処理と生体防護などの責任者であった。

「核 燃料サイクル&廃棄物技術部の部長としてIAEA入りさせていただきましたことは、多大なる喜びでございます。IAEAは核エネルギーと電離放射 の応用の分野で、世界をリードする組織です。核と放射線の部門でもっとも質の高い集団であると評価されているIAEAの一員となったことは私の誇りとする ところです。」とレンチホ氏は語った。

「私は核の安全と保安、そして放射線防護の規制を、私の職業的キャリアの中心に置いてきました。私個人の考えでは、核エネルギーと電離放射線は、安全と保安、そして放射線防護が最優先されるような仕組みの中でのみ、平和利用が可能です。

意欲的で挑戦的なプログラムをもったこの部の目指すものに、そしてより広く核エネルギー部門の目的、、またIAEAの目的に貢献でき、技術の発展と安全性の強化との間の協調性の強化に貢献できるのは、楽しみなことです。

NEFWが挑もうとしている最重要課題の一つは、福島の事故によって、損傷した施設からの燃料の取り出しと閉鎖に至る計画と、環境の回復プログラムにおいて、日本を支援するということです」とレンチホ氏は明言した。

「私はやる気満々ですよ。そして私はNEFWのスタッフたちの証明済みの技能と、専門知識とに信頼を置いています」

レンチホ氏はIAEAの会議や報告会、専門家派遣などに長年関わりをもってきたので、IAEAについても、その仕事振りについても、よく知っているのだ。

2011年には、彼はIAEAから日本に派遣された、福島第一原子力発電所周辺の広く汚染された地域の回復を目指した国際専門家チームの責任者であった。

彼はまた2011年5月にIAEAから日本に派遣された実態調査チームの一員でもあったし、ロシアに派遣された統合規制見直しサーヴィス(IRRS)でも活躍した。引き続くスペインでの任務では、スペインの規制官庁であるCSNとの連携担当官の一人として役目を果した。

フ アン・カルロス・レンチホの職歴は1982年に始まり、CNS入りは1984年である。沸騰水型原子炉(BWR)のある原子力発電所でプロジェクトマネー ジャーとして働き、1986年から1996年にはコンフレンテス原子力発電所でCNSの常駐査察官であった。1996年から2002年までレンチホ氏は緊 急事態と生体防護の副監督を経て環境放射線防護の副監督を務めている。2002年にレンチホ氏はCNSの放射線防護技術監督となった。

レン チホ氏はスペインのマドリード技術大学から工業技術者の称号を得ており、CSNのシニアエンジニアのためのMBAプログラムを修了している。彼は国内およ び海外の教育機関、例えばマサチューセッツ工科大学(MIT)、ベルギー核研究中枢SCK-CEN、スペインのCIEMATやTECNATOMなどで、核 エネルギー、核の安全保安、放射線防護の専門訓練を受けた。

「私はフアン・レンチホを歓迎します。彼が新しい任務にあって成功なさるようにと、願っております」とIAEA核エネルギー部門副総監督のアレクサンダ・ビチュコフは述べている。「これまで代理としてNEFW部門を運営してきたゲイリー・ダイク氏に感謝いたします。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)