【プレスリリース】 7/25 「福島県環境創造センター」の展示内容を原発事故と被災の教訓を踏まえたものに!

2014年7月24日
マスコミ関係者様

     記者会見のお知らせと参加のお願い

「福島県環境創造センター」建設に伴う交流棟における展示内容に対する私たちからの請願がこの6月福島県議会で採択!― を受けての活動について
フクシマ・アクション・プロジェクト
共同代表   小渕 真理
_                 武藤 類子

私たちがこの6月福島県議会に上程した「福島環境創造センター」交流棟の企画内容を原発事故と被災の教訓を踏まえたものにすることを求めることについて」が採択されました。
これは県内2カ所(三春町と南相馬市)に建設される予定の「県環境創造センター」の内三春町建設の起工式が5月9日行われました。建設予定3棟(本館 交流棟 研究棟)の内、交流棟に教育的展示がなされ、県内小学5,6年生全員の見学を県として行う方針と聞き、展示内容が原発安全神話に逆行しないことを確認するために前記の請願を上程しました。その内容と県としての進捗状況をお知らせいたしたく下記の要領で記者会見を実施いたします。すでに2週間前ほどに予約されてはおりますが改めてここにお願いいたします。なおこの前段に「福島県環境創造センター推進準備室」との交渉を行う予定です。
なにとぞ取材報道をお願いいたします。

― 記 ―
<対県交渉 ー 福島県環境創造センター推進準備室>
交渉日時: 2014年7月25日(金)13:00~14:30
交渉場所: 自治会館 3F 301会議室(福島県福島市中町8-2)
<記者会見>
実施日時: 2014年7月25日(金)15:00~
場  所: 福島県 県政記者室(東本庁舎 2F)
以上

―― 参考 ―
< フクシマ・アクション・プロジェクト >
1、目的
この団体はIAEA(国際原子力機関)が2013年に福島県に研究拠点を設置することに対して、IAEAとは何か、何のために、どんな研究をするのかを知って関心を高め、原発被災者のために真に活かされるかを見極めると共に、原発被災地から望むことをIAEAに届けます。また、福島第一原発事故を終息させ、「第2のフクシマ」を繰り返さないために最善を尽くすようにIAEA・日本政府・福島県に働きかけます。
2、活動
この団体は上記の目的を達成するために、主に以下の活動を行います。
1) 原発被災者としてIAEAへの関心を高めるために講演会・学習会・キャンペーン活動などを行う。
2) 原発被災地からの要望を集めてIAEA・日本政府・福島県に届け、その実効を求める。
3) IAEAの研究が透明性をもって行われ、真に原発被災者のために活かされるように働きかける。

(2012年11月24日発足予定、就任予定役員)
顧問     佐藤栄佐久(前福島県知事)
_                 崎山比早子(医学博士、国会事故調査委員)
共同代表   小渕真理(アウシュビッツ平和博物館)        武藤類子(福島原発告訴団)
副代表    アイリーン美緒子スミス(グリーン・アクション)
_               川崎哲(ピースボート)
_               満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)
事務局長   佐々木慶子(ふくしまWAWAWA ―環・話・和)の会
連絡先   佐々木慶子  080-5563-4516
以上


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)