あたしの心は今でもまだ、川内村の土や山や川に繋って生きています


大塚愛

2011年5月15日、いわき市での「さよなら原発」パレード会場にて

イマジンにのせてフラを踊る大塚さん(右)

イマジンにのせてフラを踊る大塚さん(右)

私は94年から福島県川内村の山の中に住んでいました。美しい自然の中で自分の手で家を作り畑を作り田圃を作り、それから電気が来てないところだったので、エネルギーの自給ということでソーラー発電で独立型の電気だけを使って12年間、生活してきました。

美しい自然の中で暮しながら、20kmのところにある原発のことを常に心配しながら、生きてきました。そして今まで、起って欲しくないと一番、思っていたことが現実のことになってしまいました。

今は幼い子どもが2人いるので、岡山市の実家に家族4人で3月から避難して帰っています。でも岡山に帰って子どもたちも安心しましたけれど、心のほとんどは福島県に残ったままです。あたしの心は今でもまだ、川内村の土や山や川に繋って生きています。

そんな中で今、岡山市でできることをやろうと思って、原発災害の話を私なりにさしてもらったり、それから、福島県や関東から岡山市に避難してこられている方がいるので、そういう方に空家の情報を提供したり、サポートする活動をしたり、あと、福島県に正しい情報を伝えたいと思って田中優さんのDVDを送る活動をしたり、今、自分にできることをやっていこうと思って今、岡山市で生きています。

昨日、2ヵ月ぶりに川内村に帰ってきました。2ヵ月ぶりの川内で何を感じるかなって思ってたんですが、帰ってきて感じたことは、素直に、自分の好きな場所に帰れて山や田圃や畑や家に出会えて、嬉しいという気持でした。

これからも私は岡山にいて生活していきますけども、岡山から福島に心を繋げて生きていきたいと思っています。そして廃炉アクションの一環として私はジョン・レノンのイマジンという曲をフラで踊って、それで廃炉・脱原発をアピールいていきたいと思って、岡山でもそれを始めています。