シンポジウム 福島原発事故 「吉田調書」を超えて


澤井正子

福島第一原子力発電所事故原因に関するシンポジウムが雑誌『世界』の主催で開催されますのでご案内いたします。パネリストは、海渡雄一氏、田辺文也氏、 田中三彦氏、ほかです。
参加費無料ですが、申込み制(先着150名:1/18締め切り)になっておりますので、 参加ご希望の方は、下記要領にて岩波書店『世界』編集部シンポジウム担当  までお申込みください。

————————————————————
【転送・転載歓迎】
https://www.iwanami.co.jp/news/n17630.html

【シンポジウム「福島原発事故 「吉田調書」を超えて」@明治大学(1/22)】

シンポジウム
福島原発事故 「吉田調書」を超えて――何が究明され、何が究明されていないのか

■日時
2017年1月22日(日)12時30分開場 13時開会 15時40分閉会予定

■場所
明治大学駿河台キャンパス リバティタワー16階 1163教室

■講演・パネルディスカッション
海渡雄一氏(新書『原発訴訟』著者)、
田辺文也氏(叢書・震災と社会『メルトダウン』著者)、
田中三彦氏(新書『原発はなぜ危険か』著者)

■参加費
無料

■参加申込
氏名・年齢・連絡先(電話・FAX・メールアドレスのいずれか)を明記のうえ、1月18日(水)までに、FAX・メール・葉書にて下記までお申込みください。

メールアドレス:sekai@iwanami.co.jp

FAX:03-5210-4144

郵送:〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2-5-5
岩波書店『世界』編集部シンポジウム担当

※先着150名様までの受付とさせていただきます。
※受付順に予約番号をお伝えしますので、当日、受付にてお申し出ください。

■主催
岩波書店『世界』編集部/福島第一原発事故を考える会(共催)

■問い合わせ先
岩波書店『世界』編集部
電話:03-5210-4241
FAX:03-5210-4144
メール:sekai@iwanami.co.jp

シンポジウム:全文公開/「吉田調書」から見えてきたもの


澤井正子

政府事故調によって作成された元福島第一原子力発電所長・吉田昌郎氏(故人)のヒアリング記録(いわゆる「吉田調書」)が公開されました。 3/11の地震発生直後から事故対応の陣頭指揮を執った吉田所長が語った貴重な記録です。この「調書」から読み取れることは何か、過酷事故への対応は可能なのか、福島第一原発の事故原因を検討してきた元国会事故調のメンバーを中心に議論します。

10月15日(水)16:30~18:30
衆議院第1議員会館多目的ホール

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

▽パネリスト
佐藤 暁:サトウ サトシ
(原子力コンサルタント、元GE技術者)

伊東良徳:イトウ ヨシノリ
(弁護士、福島第一原発1号機電源喪失は津波襲来前であることを究明)

上澤千尋:カミサワ チヒロ
(原子力資料情報室、原子炉・事故問題担当)

▽ゲストパネリスト
添田孝史:ソエタ タカシ
(サイエンスライター、元朝日新聞科学医療部記者、東京電力の津波対策を調査)

▽司会進行:
田中三彦(サイエンスライター、元国会事故調委員)

▽主催:もっかい事故調*
[*国会事故調において事故の原因調査を担当したメンバー
(元委員および元協力調査員)の有志がつどい、事故調査を継続中です。]

▽【連絡・問い合わせ先】
澤井正子:090-4422-5394  sawai@cnic.jp