『原発の町を追われて』上映+堀切さとみ監督トーク


西川直子

みなさま
小さなコミュニティスペース「谷中の家」西川直子からのご案内です。

7年前から福島県双葉町民の避難生活を追い続けてきた堀切ひとみ監督。長い時間かけて見えてきたものが
あります。第1部から第3部まで一挙上映。
カフェは、キューバ料理をご用意します。
監督を囲んで7年目の3.11を一緒に過ごしませんか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3月11日(日)15:30~第59回 月1原発映画祭/交流カフェ

『原発の町を追われて』上映+堀切さとみ監督トーク
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■日時・プログラム
2018年3月11日(日)開場15:00
15:30~17:10 上映
17:20~18:20 トーク
18:40~19:40 交流カフェ
■参加費/定員
・上映 500円/定員30名
・トーク 500円/定員30名
・交流カフェ 500円(1ドリンク+軽食付)/定員20名
■映画『原発の町を追われて』(第1部・第2部・第3部)
第1部、第2部では、2年間にわたる福島県双葉町民たちの避難生活を記録。
さらに第3部では、埼玉県で新たに農業を始めた元牛飼いの女性の3年間を伝えます。
(2012年・2013年・2017年/100分/日本)
公式ホームページhttp://genpatufutaba.com
■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築60年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム(上映・トーク・交流カフェ、別々にお申込みが必要です)
・上映http://kokucheese.com/event/index/507508/
・トークhttp://kokucheese.com/event/index/507509/
・交流カフェhttp://kokucheese.com/event/index/507510/
2.メールeigasai2018@jtgt.info<mailto:eigasai2018@jtgt.info>
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員の氏名)、
参加内容(上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。
3.電話 090-8681-4783(阿部)、または090-9492-0075(西川)
*トークと交流カフェは映画上映に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。
■主催:月1原発映画の会
問い合わせ先eigasai2018@jtgt.info<mailto:eigasai2018@jtgt.info>
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)

原発の町を追われて」堀切さとみ監督を迎えて


西川直子

築53年の木造民家を耐震補強改修した「谷中の家」で、
毎月開催の、「月1原発映画祭/交流カフェ」。

4月5日(土)は、監督の堀切さとみさんを迎えて、話題のドキュメンタリー映画「原発の町を追われて」と、その続編を一挙上映します。この映画は、避難所となった埼玉県・旧騎西高校を舞台に福島県双葉町の人びとの姿を追い続けます。この機会に、ぜひ、ご参加ください。

================
第24回月1原発映画祭/交流カフェ
堀切さとみ監督を迎えて
「原発の町を追われて」上映
================

■日時:4月5日(土)
昼の部 14:00~15:30(開場13:30)上映会
夜の部 17:00~20:00(開場16:30)上映会+交流カフェ

昨年12月末、全国で最後の避難所が幕を閉じました。
埼玉県加須市の旧騎西高校。原発震災で警戒区域となった福島県双葉町の人びとが2年9か月避難生活を続けた校舎です。避難直後から人びとの生活に密着して記録、2012年に完成した「原発の町を追われて」と、その後のようすを追った続編を上映します。
続編では井戸川町長辞任の前後や、さらに複雑化・深刻化する双葉町の状況が生々しく伝えられています。
日々の生活を取り戻したかのようにみえる私たちの日常のとなりに、住み慣れた故郷を離れ暮らす人々がいること、そしていまだ収束ならぬ原発事故・問題について、映画をみながら、一緒に考えてみませんか?
交流カフェでは堀切さとみ監督をゲストに迎え、いつものようにおいしいものをご用意して、みなさまのご来場お待ちしております!

■映画「原発の町を追われて?避難民・双葉町の記録」
http://genpatufutaba.com/
東京電力福島第一原発のお膝元にあり、2011・3・11直後、全世帯が避難勧告を受けた双葉町。事故から2週間後、町は役場機能を埼玉県加須市に移し、廃校になった高校(旧騎西高校)を拠点に避難生活が始まった。
日本初の原発避難民。放射能から逃げるしかなかった人々。いつ帰れるかアテもない中で、避難民たちはそれぞれの思いを語りはじめた。故郷から268kmも離れた旧騎西高校で過ごした双葉町民を追ったドキュメンタリー。
(堀切さとみ監督/日本 2012年/56分、続編:2013年/25分)

■交流カフェのゲスト:堀切さとみさん
さいたま市在住。2008年より市民メディアセンター・mediRで映像を学ぶ。初めて作った作品は、上関原発建設に反対する祝島の人たちを撮った「神の舞う島」(2009年/20分)。

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、 延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

■参加費
上映会(昼の部/夜の部):各500円
交流カフェ(夜の部のみ):500円(軽食+ワンドリンク付)

■定員:30名(要予約)
※中学生以下無料。未就学児可。ただし、託児はありません。

■予約方法:以下いずれかの方法で予約してください。
1.申込みフォーム
昼の部:http://kokucheese.com/event/index/155419/
夜の部:http://kokucheese.com/event/index/155427/

2.メール tukiichieigasai@jtgt.info
(件名を「月1原発映画祭申込み」として
参加者氏名、昼・夜の別、交流カフェ参加の有無を明記してください)

3.電話 090-1265-0097(植松)

*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:地域から未来をつくる・ひがし広場
http://www.jtgt.info/

☆これまでの開催レポートは
こちらからご覧になれます。
http://www.jtgt.info/?q=node/325

----------------------

西川直子
nishikawa@kj-web.or.jp
090-9492-0075