自分たちができることをやっていこう


大河原多津子

2011年12月28日、経産省前テントひろば にて

tatuko_nenmatu_tent

福島原発から直線で40kmのところで約30年間、有機農業をずっと続けてきた大河原と申します。

どうして有機農業を始めたかっていう理由なんですが、やっぱり自分の子どもたちを極力、安全な食事で育てたいって希望があったから、有機農業に就いたわけなんですけども、残念ながら、その気持は完全に今、裏切られてしまっています。私たちの畑、田圃…一粒の化学肥料も農薬も入れないで育ててきたんですが、汚染されてしまいました。

でも、ずっとこれで悲しい気持で、秋になって、木の葉が色付いたりすると、もう二度と福島は元には戻らないんだっていう気持で、悲しくてしょうがなかったんですけど、今、ようやく力が涌いてきて、日本中の、世界中の皆と原発を無くすために、動かないと、今、動かないと、もっともっと酷い状況に必ずなると、思いますので、繋がっていきたいと思っています。

11月の末から、チャンスをいただいて、ドイツに行くことができたんですが、そのところで、勉強してきたというか、感じたことは、世界中が今、日本に注目しているということです。広島・長崎があって、あれだけの酷いことがあったのに、この地震国にこれだけの原発を作ってしまった罪、それがまた今回、こんな福島の悲惨なことが起きて、それでまだ変わらないのか、と。日本は何をやってるんだって。世界中が注目してるんです。それを凄く感じてきました。

私たちが今、動かなかったら、もう二度と立ち上がれないです。私の農業の仲間もですね、デモに参加したこともなかったっていうようなおばちゃんたちばっかりなんですが、年明けたら、映画の上映会、鎌仲ひとみ監督の「みつばちの羽音」の映画の上映をして、そこから、自分たちができることをやっていこう、と。

立ち上がろうとしている人たちがいます。どうか皆さん、繋がって、力を与えていただきたいと思います。そして世界に対して、日本人だってこれだけの力を持っているんだということを、示していかなかったら、子どもたちが{1語不明}ないと思います。

よろしくお願いします。