DVDのご案内「イスラム国と公安部の真実」


早川由美子

先日、北海道大学の学生が「イスラム国」への渡航を計画し、「私戦予備及び陰謀罪」の容疑者として事情徴収
を受けたと、多くのメディアで報道されました。

これまでイスラム国へ3回も取材で入り込み、貴重なリポートを続けてきたジャーナリストの常岡浩介さんは、その北大生にも取材をしていたため、10月6日、常岡さんの自宅が関係先として家宅捜索を受けてしまいました。

携帯電話やパソコン、ビデオカメラなど62点が押収され、翌日から予定していた、4度目のイスラム国取材は断
念せざるを得ませんでした。警察庁自身が「戦後、私戦予備及び陰謀罪による強制捜査は例がない」と認めると
おり、もはや死文化した条文を持ち出しての無理やりの家宅捜索は、憲法が保障する「取材・報道の自由」を著しく侵害するものです。

10月28日、常岡さんと、彼の旧知のジャーナリスト・寺澤有さんが、高円寺で緊急のトークイベントを開催し、
警察の違法捜査の実態について赤裸々に語りました。イベントでは、イスラム国の戦闘員募集の貼紙を出したと
される古書店店主も来場し、場内は一時騒然となりました…!

私はこのイベントの撮影と編集を担当し、今回発売のDVDとブルーレイに仕上げました。「イスラム国」、「戦闘員」、「私戦予備」、「家宅捜索」なんて、普通に暮らしていると無縁に感じるかもしれませんが、常岡さん&寺澤さんの解説によって、法治国家であるはずの日本でも、実はとても身近で、誰にでも起こりうるということが良く分かります。そして、シリアスな内容ながら、なぜか大爆笑しながら観てしまう…というエンターテイメント作品にもなっています。

ぜひ、DVD(2口目以降はブルーレイも選択可能)をご購入いただき、ご覧いただければうれしいです。価格が「1口2,500円+税」となっていますが、1口目の20%、2口目以降は50%が常岡さんに印税として支払われます。印税は、取材機材を奪われて大きな損害をこうむり、今後は長い裁判闘争をたたかわねばならない常岡さんへのカンパとなります。(ちなみに、私にも15%の印税が支払われますので、私の取材・制作活動への支援にもなります!!)

ぜひ、ご購入いただき、フリーランスのジャーナリストたちの活動を支えてくださればありがたいです。お申し込み時、「備考・通信欄」がありますので、ぜひメッセージもお寄せください!(常岡さんあてのメッセージは、常岡さんに伝えられるそうです)。

========================
『イスラム国と警視庁公安部の真実』常岡浩介×寺澤有
DVD、ブルーレイ184分 1口「2500円+税」より 送料無料
ご購入はこちらより→ http://www.incidents.jp/
========================

DVD_2.png