811再稼働、私達は忘れない


在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク
 「よそものネット」

声明・811再稼働、私達は忘れない

私達は決して忘れません。

広島、長崎70年の原爆忌の直後に、「311」に対しての再稼働「811」を。

ヨーロッパ各国でも報道されています。非核三原則をヒロシマで言わなかった 安倍は、 痛烈な批判にさらされてナガサキでは言及したと。

民意を無視し、安全を無視し、人の命を軽視し、誰も責任を取らない、事故の避難も保障もできない態勢で、老朽化した川内原発 を再稼働させた公益企業たる九州電力を、私達は決して忘れない。

伊藤祐一郎・鹿児島県知事を決して忘れない。

岩切秀雄・薩摩川内市長を決して忘れない。

この日を、この「811」という日を、私達日本人は、この暴挙を行った安倍、自民公明政権をきっと忘れない。

人類に対して、日本人として、やがて来る大惨事を止められなかった慙愧の念とともに。
2015年8月12日

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク
「よそものネット」

日伊の架橋ー朋・アミーチ
スイス・アジサイの会
資料センター≪雪の下の種≫(イタリア・ピサ)
よそものフランス
さよなら原発デュッセルドルフ(ドイツ)

http://yosomono-net.jimdo.com/

鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション(東京・霞ヶ関)


川内原発再稼働阻止・原発いらない!
『鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション』(東京・霞ヶ関)の案内

川内原発の再稼働に対して、原発現地・周辺住民のみならず全国の人々から再稼働NOの声が上がっています。東京電力福島第一原発事故の被害、放射能汚染水の状況、廃炉への道が見えない状況を考えるならば、川内原発はじめあらゆる原発の再稼働が認められるべきではありません。
2月4日~5日、鹿児島と福島の女性たちが霞ヶ関にかけつけ、川内原発再稼働反対を訴えます。詳細の予定がほぼ確定したので以下に案内します。
川内原発再稼働に反対する皆さん、各アクションに是非ご参加願います。

<呼びかけ>「原発いらない鹿児島の女たち」/「原発いらない福島の女たち」
<賛同団体>
賛同団体として、薩摩川内市の市民団体をはじめ、3.11鹿児島集会実行委、1千万人アクション、再稼働阻止全国ネットワーク、経産省テントひろばなどが加わり、全労協も賛同支援しています。

★第1日目-2月4日(水)
◆13:30~15:00経産省申し入れ・抗議行動

◆14:00~15:00原子力規制委員会抗議・申し入れ行動-六本木一丁目規制委員会

◆14:00~16:15院内交渉集会-参議院議員会館B109
14:00~経産省  14:45~規制委員会  15:30~16:15内閣府
(提出済みの質問・要請書について、参議院議員会館で回答を得ることになりました)
◆15:30~17:00首相官邸前抗議・申し入れ行動

◆17:30~18:45九電東京支社抗議行動(主催:阻止ネット)-有楽町駅前電気ビル前

◆19:00~20:15東電本店合同抗議-東電本店前
(呼びかけ団体:テントひろば/たんぽぽ舎、賛同106団体)
◆18:30~19:45労働者集会-日比谷図書館コンベンションホール
(主催:全労協、開場:18時、終了後東電抗議行動に合流)

★第2日目-2月5日(木)
◆10:00~テント前フリー集会-経産省前テントひろば

◆11:30~12:10 霞が関ランチデモ
11:15日比谷公園霞門集合、11:30出発、12:10日比谷公園中幸門解散
◆12:30~15:00院内集会-参議院議員会館講堂
各地からのアピール/要請団の報告/議員への要請/参加者交流

★連絡・問合せ先
【鹿児島県内】鳥原良子(鹿児島の女たち)090-9498-9308
【福島】   黒田節子(福島の女たち) 070-5018-7478
【その他】再稼働阻止全国ネットワーク TEL070‐6650‐5549 fax03‐3238‐0797 メール:info@saikadososhinet.sakura.ne.jp

川内再稼働!鹿児島から状況報告


向原祥隆

みなさま

10/28日の薩摩川内市議会の推進決議、ご存知だと思います。反対を貫かれた4人の議員に心から敬意を表します。

さて、本日10月29日、伊藤知事が招集する臨時県議会、11.5(水).6(木).7(金)の日程が決定しました。伊藤知事がこの県議会の判断を受けて再稼働を了解するわけです。

5日は本会議で伊藤知事が招集の理由を説明した後、各会派からの質疑。
6日は原子力安全対策等特別委員会が開かれ、再稼働関連の陳情の審査と採決。
7日は本会議で委員長報告と陳情に対する討論・採決。

ここで、さっさと行政手続きを終えようとしています。議会の多数を占める推進派に対して、県民の大多数が、再稼働に反対しています。

はっきりと日程が示された以上、最大限の抗議が必要です。5.6.7 いずれも平日ですが、それぞれ10:00開会。県庁前に9:00に集合しましょう。休みを取ってください。最重要日は11/7です。11/7金曜日、9:00 、文字通り総結集です。

反対の意思のある方が、集まるだけでいいのです。私たちの再稼働反対の運動は、あくまでも、非暴力、不服従を徹底します。本を読みながら、音楽を聞きながら、そして語り合い、再稼働に反対するという運動です。

福井地裁は、「万が一の具体的な事故の可能性があれば差し止めすべき」という判断を示しました。
無茶苦茶な川内再稼働は万が一どころではありません。鹿児島地裁に提起されている、差し止めの仮処分が12月末に判断される見込みです。

負けるはずがありません。県議会が推進の決議をしたならば、冷静な司法の判断にあい醜態をさらけ出します。

一方、この県議会の強行採決への最大限の抵抗は、司法判断への大きな後押しになります。多くの人が反対しているということを、具体的に可視化させる必要があります。

バタバタと急ぐ議会は、国、県、電力の意思です。12月の司法判断、続く来年4月の統一地方選の前に既成事実化することで、反対運動の無力化を狙っています。そんな筋書きは、多くの人に見抜かれています。負けるはずがありません。集まりましょう。

★最後になりましたが、まずは10/31日(金)、8:00より、県庁前で早朝集会を実施します。
登庁する職員に向けてのアピールが第一目的ですが、来週、県議会に向けての方針確認の場となります。朝早いのですが、よろしくお願いします。

——————————–
ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会
事務局 向原祥隆
〒892-0873鹿児島市下田町292-1
TEL099-248-5455
FAX099-248-5457
info@nanpou.com
——————————–

川内原発再稼働…民意なき「地元同意」は許されない


満田夏花

FoE Japanは、薩摩川内市議会における再 稼働賛成陳情可決の事態を受け、以下の緊急声明を発出いたしました。ご一読いただければ幸いです。

FoE Japan 緊急声明川内原発再稼働…民意なき「地元同意」は許されない

鹿児島県は、公聴会の開催を 地元同意の拡大を本日、川内原発再稼働をめぐり、薩摩川内市議会の臨時議会を開き、市民から出 されていた再稼働反対陳情10件を否決、再稼働賛成陳 情1件を可決しました。 薩摩川内市長もこれを受け、再稼働同意の意見表明をしました。

再稼働反対の市議会議員は、原発事故がひとたび生じた時の取り返しのつかない 惨事となること、原子力規制委員会による審査は数々の問題を抱えていること、原発の地域経済への寄与は、短期的であり限定的なものであること等を切々と訴えましたが、数の論理で押し切られた形となりました。
今回の「地元同意」は民意を反映したものとは言えません。
10月9日に薩摩川内市で開催された川内原発審査書の説明会においては、発言した市民のうち、10人中9人が、審査書の内容に対する疑問や、避難計画についての批判、再稼働への反対を訴えました。多くの市民が、審査書の「説明会」ではなく、市民の意見をきくための公聴会を要望しました。
会場でとられたアンケートは、「理解できなかった項目は何ですか」というものであり、再稼働に対する納得を問うものではありませんでした。
川内原発を動かしてはならない理由はたくさんあります。逆に川内原発を今再稼働させなければならない理由は見当たりません。
川内原発に関する原子力規制委員会の審査はまだ途上です。火山噴火リスクや地震など、多くの具体的な対策が保安規定や工事計画に先 送りされています。住民のいのちと安全を守る最後の砦たる避難計画は、欠陥だらけであり、非人道的なものです。5km圏内の在宅の要援護者のうち、避難が難しい人たちは、原発至近距離の一時退避所に閉じ込めるなど、住民の被ばくを前提としたものです。
一時避難所や避難集合場所が、ハザードマップ上の危険エリアにあることも明らかになってきました。
鹿児島県は、上記の懸念を無視して、地元同意手続きを進めるべきではありません。また、少なくとも、30km圏内の自治体を地元同意に含めるべきであり、県民の意見をきくための公聴会や公開討論会の開催を行うべきです。
問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986 携帯:090-6142-1807(満田)

FoE Japan報告会 「川内原発と避難問題~これで命は守れるの?」


満田夏花

以下の報告会をやります。東京近郊の方、ぜひご参加ください!
—————————————————
★8/12 FoE Japan報告会 「川内原発と避難問題~これで命は守れるの?」
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/812-foe-japan-b.html
—————————————————
次々に明らかになってきた川内原発の避難計画の問題点。
高まる批判の声に、県知事も規制庁は、ルールを捻じ曲げて、紙の上だけでつじつま合わせを行う構えです。
まさに、住民の命を守ることよりも原発再稼働ありきの状況です。
社会福祉施設や自治体への聴き取り調査、規制庁との会合を踏まえ、最新情報を報告します。

【日 時】 2014年8月12日(火)18:30~20:30

【場 所】 地球環境パートナーシッププラザ(東京・表参道)
(東京都 渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)
【資料代】 500円
※避難問題に関するパンフレット配布します。

※こちらもよろしく!

★8/4 川内原発のパブコメ・避難問題ワークショップin かごしま
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
原子力市民委員会によるワークショップです。鹿児島のみなさん、ぜひ!
【日 時】2014年8月4日(月)18:30~20:30
【場 所】鹿児島県市町村自治会館 403号室(鹿児島県庁徒歩1分)
【詳 細】http://www.ccnejapan.com/?p=3653

★テーマ別パンフレット
川内原発~避難計画のここが問題 これでは命は守れない!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
PDFダウンロードはこちら
http://goo.gl/EWRDmq
8/6から印刷版も配布しています。
印刷版の申込みはこちらのフォームから
https://pro.form-mailer.jp/fms/13b7183062932
(カンパにご協力を。1部100円目安)

川内原発の審査書案をめぐり、原子力規制庁と交渉


阪上 武

みなさまへ<拡散希望>

明日と明後日になりました。よろしくお願いします!

<院内集会・政府交渉>

★政府交渉★川内原発審査・重大事故対策について http://goo.gl/LRIcS9
7月28日(月)衆議院第二議員会館第一会議室にて
事前集会:13:00~14:30
政府交渉:14:30~16:00
※通行証は12:30から第二議員会館ロビーにて配布します
◆井野博満さん、藤原節男さん、小山英之さん他参加予定です。
◆衆議院第二議員会館第一会議室
◆資料代:500円
◆問合せ:原子力規制を監視する市民の会/090-8116-7155
原子力規制を監視する市民の会 阪上 武

******************************

★政府交渉★川内原発審査・火山審査について http://goo.gl/Wxaxp6
◆7月29 日(火)14:30~17:00
◆衆議院第一議員会館多目的ホール
・趣旨説明:14:30~15:00
・政府交渉:15:00~16:30
・事後集会:16:30~17:00
※通行証は14:00から第一議員会館ロビーにて配布します
(13:00~14:00で同じ場所で火山審査についての勉強会を開催します)
◆反原発・かごしまネット北畠清仁さん他参加予定です
◆資料代:500円 火山パンフ:200円
◆原子力規制を監視する市民の会/090-8116-7155

原子力規制を監視する市民の会 阪上 武

緊急集会:川内原発再稼働を止めよう!


満田夏花

6月5日、火山リスクと避難計画に焦点を当てた集会を開催します。
鹿児島のいちき串木野市や薩摩川内市で繰り広げられる運動のポイントについて、現地とも結び、最新情報をお伝えします。
今後、川内原発の再稼働を止めるために欠かせない情報満載です!

※昼間は署名提出もあります。こちらもぜひ!

———————————————
■緊急集会
川内原発の再稼働を許さない緊急集会
http://goo.gl/uufbpm
6月5日(木) 18:30~@文京区民センター
———————————————

再稼働の優先審査が行われている川内原発は、火山学者が警告を発する中で、原子力規制委員会が、巨大噴火の危険が小さいとはいえず、噴火予知ができない可能性を認めるに至りました。川内原発は立地不適とすべきです。しかし、規制委は火山学者による検討を再稼働後に行うとしています。これは自らが定めたガイドにも反する行為です。
隣接するいちき串木野市では、いのちを守る避難計画がない中での再稼働に反対して、全市での署名活動が行われています。原発の避難問題は課題山積です。いのちを守る避難計画などとてもつくれません。
緊急集会では、火山審査と避難問題の現状を報告し、地元のみなさんとインターネットと繋いで最新状況について報告を受け、再稼働を止めるためにいまできることについて考える場にしたいと思います。ご参加ください!

〇日時:6月5日(木)18:30~20:30
〇場所:文京区民センター3階会議室(地下鉄春日駅・後楽園駅)

○内容
・原子力規制人事案とんだもない!
・川内原発の火山審査の問題点について/阪上 武さん
・どうなっているの?原発事故の避難計画/満田夏花
・串木野・川内の現場の状況/堀田千栄子さん/高木章次さん
<電話で繋ぎます:以下予定です>
石神斉也さん(避難計画を考える緊急署名の会会長)
江藤卓郎さん(避難計画を考える緊急署名の会事務局長)
鳥原良子さん(川内原発建設反対連絡協議会代表)〇参加費 500円

〇主催:原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会/FoE Japan
〇問合せ:090-8116-7155 阪上まで

■署名提出・アピール行動
川内原発の再稼働審査
火山リスク無視するな!緊急署名提出・アピール行動

〇6月5日(木)12:00~13:30
〇原子力規制委員会前(地下鉄六本木一丁目駅)
〇主催:原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会/FoE Japan
〇問合せ:090-8116-7155 阪上まで