長谷川健一著『原発に「ふるさと」を奪われて』英訳企画について


地脇美和

2011年3月11日に発生した東京電力・福島第一原発事故では、放射能の大量漏洩を日本政府が公表しなかったため、2012年2月に刊行された書籍『原発に「ふるさと」を奪われて』(宝島社)の著者である酪農家・長谷川健一さんたちの暮らす飯舘村では、2カ月にもわたり、小さな子どもたちを含む一般住民が大量の放射性物質による被曝に曝されました。

同書は、その渦中にいて自らも大量の被曝をした長谷川さんが、事故発生直後の模様や、自分の子どもや孫を被曝させてしまった苦しみ、家族同然の牛との別れ、酪農仲間の自殺など、「3・11」後に飯舘村民が味わった壮絶な体験を淡々と綴ったものであり、原発事故の被害者にしか語れない事実を克明に描写しつつ、それでも新しい希望を見出すために記されたルポルタージュ(現地報告)です。

この貴重な手記を、世界中の人たちにも読んでもらえる機会を作りたいと考えた市民・弁護士・ジャーナリスト・大学教員などから、本書を英訳化するよう強い要望が寄せられたことが、当翻訳計画の発端でした。

【プロジェクトのホームページ】
http://www.rupoken.jp/project_jp.html
長谷川健一著『原発に「ふるさと」を奪われて』英訳企画について

<企画概要>

【プロジェクト名】
kenichihasegawaproject

【プロジェクト内容】
福島県飯舘村の酪農家・長谷川健一さんの著書『原発に「ふるさと」を奪われて』の英訳電子書籍化。

【プロジェクト責任者名】
明石昇二郎(株式会社ルポルタージュ研究所代表)
mail:hasegawa_project@rupoken.jp

【プロジェクト開始予定日】
2014年2月28日

【プロジェクト完了予定日】
2014年8月31日

【プロジェクトのタイムスケージュール】
2014年2月28日:寄付を募るホームページの公開開始。
2014年5月末日:寄付募集受付期限。
2014年8月末日:電子書籍完成。アマゾン等で販売開始。

【プロジェクトの達成条件と撤退条件】
制作費の総額は、翻訳に100万円、電子書籍化に80万円の計180万円になります。
寄付募集開始から3か月後の2014年5月末日の時点で、その総額の半額に満たない場合、海外読者のニーズはないと判断し、プロジェクトを中止します。その場合は、2014年5月末日までに寄付をお寄せ下さった出資者に、寄付金の全額を返金致します。

【募金方法】
ペイパル(Paypal)を利用します。

【達成または撤退の判断期日】
2014年5月末日

【発行形態】
アマゾン「キンドル」及びアップル「iBooks」を利用した電子書籍。

【刊行予定日】
2014年秋頃を予定しています。

【英訳版刊行元・問い合わせ先】
(株)ルポルタージュ研究所
mail:hasegawa_project@rupoken.jp
電話:03-3577-5456
※進捗状況により、予定がずれこむことがあります。