第38回郡山・田村 母と女性教職員の会


「わが子、教え子を再び戦場に送るな!原発・放射能から子どもたちを守ろう!」を掲げて今年度も「郡山・田村母と女性教職員の会」を下記のように開催いたします。

安倍政権は「特定秘密保護法」に続き「集団的自衛権行使のための安保関連法」制定を強行し「戦争をする国」へと大きく歩みを進めました。私たちは、原発・放射能汚染や戦争のない平和な世界、一人ひとりの人権と生活が守られる社会をつくりだすために様々な課題について話し合いたいと思います。皆さまふるって参加されるよう要請します。

2016年 1月1日

第38回郡山田村母と女性教職員の会実行委員会

実行委員長  大山和子
郡山市桑野2-33-9 県教組郡山支部内 ℡024-932-2144ijeonmi

◆日時   2016年1月23日(土)10時~15時30分

◆ 会場 郡山市総合福祉センター(市役所北隣)

◆ 内容

開会集会

分科会

1.「放射能汚染ゴミ処焼却の問題」 (ふくしま連絡会  和田央子さん)

2.「若者と語る安保法制」(戦争法案に反対する福島県若者有志の会)

3.「ママカフェかもみーるin郡山」 (はっぴーあいらんど☆ネットワークなど)

4.「ほんとにいいの?こんな働き方」(働く女性の全国センター伊藤みどりさん)

李政美(いぢょんみ/Lee Jeongmi) コンサート

◆ 参加 地域の女性、労働者、市民、学生、保護者、子どもたち、教職員(男性も是非!)

 

女たち・いのちの大行進


東京・上野で開かれた女たち・いのちの大行進には約1000人が集まりました。

その一部をビデオでご紹介します。

アイヌ女性による踊りとムクリ演奏

レラの会は、東京で古くから活動されているアイヌの方々のグループです。

平和に生きる権利

こぐれみわぞうさん
ちんどん太鼓〜平和に生きる権利〜We shall overcome
ジンタらムータのパーカッションとして活動されている方ですが、完全ソロは今回が始めてとか。

会津磐梯山

集会の締めくくりは、李政美さんの歌に合わせて、「会津磐梯山」。

 光のほうへ

「光のほうへ」は
大行進のために用意された
オリジナルテーマソングです。
ここでは李政美さんの音頭で歌わています。

被害者証言集会


3月1日、東京・池袋の豊島公会堂で開かれた「被害者証言集会」では、800人の人々が公会堂を埋め尽しました。

この集会の内容を、ビデオでご紹介します。

開会あいさつ(告訴団長・武藤類子)

証言:農業者として:中村和夫さん(郡山市)

証言:川内村仮説住宅について:蛇石郁子さん(郡山市議)

証言:放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会:和田央子さん(塙町)

証言:いわき放射能測定室「たらちね」理事、鈴木薫さんのレポート:«代読» 森園かずえ

ゲストトーク:広瀬隆さん

李政美さん 「あゝ福島」

李政美さん「ウナイの力」

新月灯火の皆さん 「打ち砕いて」

証言:島明美さん(伊達市)からの手紙:«代読» 大賀あや子

証言:除染作業員:中村匡庸さん

証言:栃木県那須町から:手塚真子さん

証言:警戒区域避難者:木幡ますみさん(大熊町⇒会津の仮設住宅)

証言:県外自主避難者:本田淳子さん(鏡石町⇒札幌市)

集会アピール:«朗読» 庄司郁子

閉会あいさつ(告訴団副団長・佐藤和良)