«資料» 福島の海水分析比較の結果提示と新試料採取のため、IAEA専門家2名が日本を訪問


2014年1031

IAEA プレスリリース

IAEAの海洋専門家2名が1147日、日本とIAEA研究諸施設との海洋水分析の比較の結果報告ために日本を訪問する。日本の12施設を含めた30の研究施設の能力考査の結果も報告される。専門家はまた、福島第一原発に近い海岸で、新しい試料を採取する。

2人の専門家、モナコにあるIAEA環境研究所のデイヴィド・オズボーンと、IAEA放射能測定研究所長のイオランダ・オズヴァトは東京の海外特派員センターで記者会見にも出席する。

この研究施設間比較と能力考査の目的は、海洋モニターの結果の透明性と信頼性を高め、また結果を科学的に正しく理解しやすい方法で一般の人たちに提示することである。「東京電力福島第一原子力発電所14号機の解体に向けた中期、長期行程表に関する、IAEA国際相互見直し派遣団」の報告書に含まれている、海洋モニターの助言が上げている諸点の路線に沿った仕事である。2013年の末の時点で、当該原発解体の計画案と装備に向けた日本の努力を、見直したのが、その報告書であった。

IAEAは、広く世界の分析研究施設に対して、分析能力が強化される助けになるよう、同様の作業を主導している。

東京の外国人記者クラブでの会合は2014114日の1500から行なわれる。出席希望の記者は、外国人記者クラブに事前の申し込みが必要である。また、日本の原子力規制委員会が、115日に久之浜港で、写真撮影とインタビューの機会を設ける。福島第一原子力発電所近海での試料採取の舟は、この港から出航する。参加希望のジャーナリストは、事前登録と詳細について、規制委に電話すること。[81-3] 5114-2105

« 資料 » IAEAの専門家たち、福島の海水採取のために日本を訪問


201495

IAEAプレス・リリース

IAEAの専門家2名が201498日から14日にかけて日本を訪問し、東京電力福島第一原子力発電所の近海で試料海水を採取する。日本の責任当局が放射能データの収集、分析を高い質で行なえるよう、支援する活動の一環である。

2013年の末に、施設の解体の計画と遂行へ向けた日本政府の作業を見直した、「東京電力福島第一原子力発電所14号機の解体に向けた中期、長期行程表に関する、IAEA国際相互見直し派遣団」の報告書に含まれていた海水モニター作業に関する助言項目に基いた、最初の行動が、今回の専門家訪問である。

この派遣団からの助言には、海洋モニターの透明性と信頼性を高めるための研究所間比較や、その結果の一般の人たちへの科学的に正しく、しかし分かりやすい提示が、含まれていた。

今回予定されている訪問中に採取された海水は、IAEA環境研究所と日本の諸研究所とに分配されて、それぞれが独自に分析することになっている。その結果は突き合わせて比較されて、分析の質をチェックされ、データの信頼性と比較可能性の証左となるはずだ。

IAEAと日本とは、海洋モニター作業での協働についても話し合いをもっている。IAEAは、同様の作業を世界中の分析研究施設に対して、その分析能力強化の助けとなるよう、実施している。

海水採取作業中の写真撮影は、日本の原子力規制委員会が担当することになっている。