田中俊一委員長と会って、会話もできました!


佐々木慶子

去る7月28日、飯野町で開催された「飯館村幼稚園・小中学校教員研修会」で原子力規制委員会の田中俊一委員長の講演を聞いてきました。終了後、少しでしたが(約10分?)ご本人と1対1で会話(それも想定外な内容!)できるという貴重な機会を得ることができました。大変遅くなってしまい、今さらの感もありますがそのご報告をいたします。
(長くなりそうですみません。)
 会場の体育館には聴講の先生方ざっと40人、傍聴席には約10人、職員など合わせて計60人ほどがいました。偶然に座った傍聴席の隣には菅野飯舘町長がおられました。彼にも言いたいことがありましたが「二兎を追うもの一兎をも得ず」に従い、挨拶だけにとどめ、あくまでも「田中委員長」に狙い(?)を定めました。
 この講演会は飯舘村が来春3月以降、全村(除く長泥地区)避難解除宣言をしていることからその事前準備として「放射能不安をいかに払拭するか」の一環として開催されたことは明らかです。そこに学校教育に携わる教員を対象に「原子力規制(推進?!)委員会委員長」という重責を担う人物の肩書力をもってきて説得させようとする意図も見え見えです。
 彼の口調はとても穏やかでゆったりとしており、そこに押しつけがましさや居丈高さは微塵もなく、淡々と約2時間……。しかし、終わってみれば「放射能恐るるに足らず。1F現場からの放射能もれも心配なし。」の結論になっており、私にはエートス以上のエートス効果(?)の講演の感がありました。

以下に私が特に聞捨てならぬと思った個所のいくつかをあげます。

<その1>ー外部・内部被ばく問題についてー除染効果により飯舘地区の空間線量はほぼ全域下がっている。国の基準年間1m㏜で0.23μ㏜/h目標は高すぎで帰還の大きな妨げになっている。当面は1~2μ㏜/h程度でコントロール出来る。
<その2>-除染廃棄物についてー国の当てにならない中間貯蔵施設建設を待つよりも、村独自の処分場建設を考えてはどうか。
<その3>ー子どもたちへの期待ー放射能・放射線を正しく学んでほしい。放射線を知ることによって放射線が見えてくる。医療、宇宙、温泉などから自然や科学に幅広い知識が得られ、放射線被ばくの低減にも結び付く。「飯舘村の子どもたちは世界で最も放射線の知識を持っている」ことを誇れるようにしてほしい。
<その4>ー1Fの状況についてー
①1F敷地内汚染水タンクは1100基もありほぼ満杯に近く、破綻するのは明らかである。排出濃度以下のトリチウム水は世界中で海洋や河川に放出されている。排水濃度以下にして排水するという循環型システムにしなければ廃止措置も進まない。
②5年経過し、原子力規制委員会としては敷地外に大きな影響を及ぼす可能性はほぼなくなり、計画的に廃止措置を進められる段階にあると判断している。みなさんが再び避難しなければならないような事態は起こらないと思っていただいてよい。
<その5>ージェンダー意識の欠如についてー(私の見解)女性差別の代表的用語である「父兄」(親を指すのに母・女を無視した『家父長制度』の代表的名残)はマスコミはもちろんジャーナリストや知識人、日常用語としても事実上、使用不適切、禁止用語となっているのは周知の事実。最近はほとんど目や耳に触れることはなくなっている。ところが彼の講演中にこの言葉が何度か出てきたのである。最初、我が耳を疑ったが何度か繰り返され、彼のレジメにも明記されていた。
 講演が終了し、「これから質問をお受けしますが傍聴席の方はお帰りください。」との指示アナウンスがあった。私は田中委員長の至近距離にいる今というチャンスを捉えるべくのろのろして彼の動向を見ていました。(虎が獲物を捕らえる時のごとく?!)すると、彼は喉を潤すために私たちの近くのドリンクコーナーにやってきたのです。何人かに取り囲まれ挨拶などしていました。一瞬、人が退けたその時、私は彼の前に行って声をかけました。1問1答を以下に再現してみます。

<田中委員長との会話>

K(慶子):失礼します。私、(名乗って)福島県公立中学校の教師でした。本日は実のあるご講演、ありがとうございました。
Т(田中委員長):(きょとんとしていたが疲れていたせいか無抵抗の雰囲気)
K:今日、委員長さんは「父兄」という言葉をお使いになられましたが、現在は禁止用語扱いになっているのはご存知でしょうか。今はマスコミでも有識者のほとんどの方は使っていません。テレビなどで使われると「不適切用語を使って申し訳ありませんでした。」と謝るのが普通ですよ。
Т:(きょとんとして)どうしてですか?(すんなり聞いてきたのでこちらがびっくり)
K:(さりげなく私のうんちくを少々。最後に)この言葉を使うと「女性を敵に回しかねませんよ。」(と、とどめを刺しました。)
Т:(私の顔をあの眼鏡の奥からじっと見て聞いていた様子でしたが突然)ありがとうございました。
K:(素直に礼を言われてこちらがびっくり、一段落は成功!でも、ここで引き下がるわけにはいきません。畳みかけるように)分かっていただいてありがとうございます。委員長、再稼働はないでしょう。(と言ったとたん敏感に反応して)
Т:その問題は今日は別!(といって向きを変えて私から逃げはじめました。)
K:(逃げようとする委員長に向かって)避難計画もオフサイト建設もなしで「世界一厳しい基準」ではないですよね。委員長はさすが使ってませんが安倍総理は今も言ってますね。毎日出てくる廃棄物や汚染水も解決しないで
再稼働はありえません!地震も毎日のようにおきてます!
以上、長々と失礼しました。