放射能のまとめ : 空間放射線の測定


竹内雅文

放射能のある空間で暮さざるを得ない人にとっては、空間に常時どの程度の線量があるかを日常的に知っておくことは大切なことだと思います。簡単な測定器を用いて自分で測る場合のことを、まとめておきたいと思います。ここでは、福島事故以後の状況の中で、普通の人が普通の場所で生活するのに必要なことに限定します。

使用するメータは、例えば写真あるようなものです。生活空間の線量を一般の人が測る場合に、大型のNaIのヘッドを備えた蛍光分析式の高価な計測器(シンチレータ)などは、無用の長物です。日常的に測るのが大切なので、扱いやすいものを選んでください。

dosi5メータの裏のあたりに、小型のガイガーミュラー管が仕込んであります。安価なメータにはこの代りに半導体の使ってあるものもあります。簡単に仕組みを説明しますと、飛んできたエネルギーの強い電子や光子が管に封入してあるガスの分子に当たって電離させます。この時に一瞬起こる電圧の変化を読み取って、12回と数えていき、一定の時間の中で何回、飛んできたかを記憶しておいて、何回か繰り返してから平均値を出します。それをシーベルトに換算して表示するようになっています。

ガンマ線を測定します。裏蓋を開いた状態で用いると、ベータ線も測れるようになっている機種もあります。日常的な空間線量を知るという目的にとってはベータ線の測定はほとんど意味がありません。裏蓋を開けた状態は計器を損傷する可能性も高いので、ガンマ線に限定することをお奨めします。

屋外で地面から来るガンマ線を測定する時は、ガイガーミュラー管のある位置を手で塞がないように注意しながら、計器を水平に持ちます。計測スイッチを押してから、数値が安定するまでの間は、動かないことが必要です。動き回りながら測定すると、正確な値にならないことがあります。値が出るまで、計器の種類やその場所の状況によっては、23分かかることもあります。

同じ場所で、地面スレスレ、1cm程度の距離の場所と、体の腰のあたり、100cm程度のところと、両方測ってください。1cmは、地面から出ているままの状態を知るという意味で、100cmというのは、人体の真ん中という意味です。この時、1cmの測定位置から、動かないように、垂直に100cmまで上げて計測し、値がどの程度違うかを見ます。

距離が遠くなると、放射能は弱くなる

dosi1放射線源が点で、測定器も点であると仮定しますと、計器が受けとる放射能の強さは、距離の2乗に反比例して弱くなります。図の例で、距離aの場合と距離2aの場合とでは、距離の長い方の状態では、2×24ですので、強さは1/4になるわけです。

dosi2しかし、実際の放射線源は、地面の場合には広い平面で、測定器の検出部も点のわけではありません。地面スレスレの測定器はその直下から真っ直ぐに来るガンマ線を拾います。

dosi3しかし、ガンマ線は真上に飛ぶわけではありません。ありとあらゆる方向に飛びますので、計器を持ち上げていきますと、脇の方から斜めに飛んでくるガンマ線も拾うようになります。100cm程度の高さに構えている時には、かなり離れた地面から来るガンマ線も拾いますので、それを勘案しますと、だいたい、地面スレスレの場合の23割程度減衰した値になるはずです。

しかし、実際には、そういう値にならないことがあります。その時には、そうならない理由がありますので、なぜそうなのかを、測定した場所の状態にそって考えてみることが大切だと思います。

★ 100cmの数値が、1cmの半分以下になるなど、異様に減衰する場合

この場合は、その測定した場所が周囲に比べて極端に放射能が溜っている場所、いわゆるホットスポットである可能性が高いです。距離が離れると、線量の低い周囲から来るガンマ線が弱いぶん、急激に線量が下っていくことになります。

このような場合、ここだけの数値でそのあたり一帯の線量水準を判断しない方が良いと思いますので、数メートル移動して測り直してみてください。

★100mの数値が1cmに比べてほとんど減衰しない、あるいは、逆に高くなった、などの場合

まず、地面以外のところから、強いガンマ線が来ていないかどうかを考えます。周囲の木立、壁面、あるいは、錆びた鉄册なども放射線源ですので、そうした所により近づいた場所や、あるいは逆にそうした所から離れた場所で測り直して比較してみて下さい。

道路上などで測定した場合、路面は除染作業で削られて線量が低くなっていて、周辺は高いままである、あるいは、駅前広場の舗石の上は削られているが、花壇は高線量、とか、色々な場合があります。いずれにしても、測定器を上に持ち上げた場合の数値が高いのは、周辺部のどこかに、その場所の地面より線量が高い場所がある、ということだと考えて、その場所を突き止めてください。

屋内の数値は低くない

dosi4一般家屋の場合、室内の数値がかなり高い場合があります。特に2階の数値が高いようです。これは、壁面や、屋根にくっついているセシウムが犯人と思います。屋根や壁の材質にもよりますが、高圧水をかけて擦った程度のことでセシウムはなくなりません。

こと細かな測定による生活空間対処を

福島原発事故後、「この町の線量はだいたい●●くらい」といった発表があったり、それに基いた地図が配られたり、「ここに住むと年間●●くらいの被曝になる」といった計算式が発表されたりしてきました。

しかし、事故後3年半が経ち、計測器もかなり行き渡った現在では、こうしたもので満足せず、生活空間の放射能像を、細かに、また立体的に知ることが可能です。

実際に家の内部や周囲を丹念に測定したことのある方なら、「この家のあたりは●●シーベルトです」などということが簡単に言えないことをお分かりかと思います。「家の前の路面は0,25ですが、裏の土手は0,79です」なんていうのは、少しも珍しくないことです。

また、室内にいる間の被曝量を、屋外にいる間の1/2に見積った計算式が出回っていますが、屋外よりも部屋の中の方が線量が高いような場合も、珍しくありません。こういう計算式には何の価値もありません。

被爆者になることを強制されている私たち


佐藤和良

2011年5月15日、いわき市・平中央公園「放射能のない平和な未来を求めるパレード」会場での挨拶

kazuyoshi_tairakouen

どうも皆さん、今日は。脱原発福島ネットワークの佐藤和良でございます。

こんなに本当にいい天気に恵まれました。五月晴れです。しかし風向きが、何か気になりますね、やっぱり。今日、今朝、私の家の前の空間線量は地上1mで0,43から0,31ぐらいの数字でございました。しかし、中通りのほうはやっぱりかなり高いですね。1桁上になって1点いくら、っていうことになっていうと思います。今日はこんな中で、いわき市内外からこんなにも沢山の方がお出でいただきまして、本当に有難うございます。

残念ながら、原発震災が起きてしまいました。私たちがこの30年間、脱原発ということでこの苛酷事故をなんとか防ごうということで運動を続けてまいりましたが、ことここに至りまして、私たちいわき市民はじめ、福島県民が被爆者になる、被爆者に強制される、ということが今、日々、この日常生活の中で、強制されています。

昨日、郡山で働く者のメーデーの集会がございました。ある労働組合の関係の方が「広島長崎の原爆被爆者手帳のように、福島県民に原発被爆者手帳を配るべきだ」ということをおっしゃっておりました。まさにその通りではないかと思います。

今、このいわきでも線量の高いところは既に3月13日からの積算線量で1500μSvを超えております。つまり、今、国民の、一般市民の年間線量限度である1mSv、1000μSvをいわき市内でも超すところが既に出ております。

福島や郡山、二本松に至っては既に4500〜5000μSv近くになっているわけです。立地町はもとより、飯館村や川俣のように現に避難を強制されている多くの故郷を追われた福島県民のこの思いを、今日は、皆で、皆で表現していけたら…そういうふうに思います。

これから私たちいわき市民をはじめ福島県民、そして多くの全国の人たちが、この放射線被曝と向き合って、これからは生きていかなければなりません。昨日、ようやく、東京電力が認めましたように、第一原発1号機は既にメルトダウンをして、圧力容器の底部にドロドロになって熔け落ちてしかもなお、それは制御棒のハウジング等を通じて、格納容器まで落ちている。地震で大丈夫だった、あるいは津波で、想定外の津波で事故が起きたんではなくて、既にあの3月11日2時46分のあの地震で大口径破断、小口径破断、配管が破断して冷却材が無くなり、そしてメルトダウンに至ったということがはっきりしてきました。

私たちが警告してきたとおり、耐震安全規準などというものはまったくいい加減な作文だったのです!

全国のどの原発一つとっても、耐震規準などというものは何の役にも立ちません! この大地鳴動の地震活動期に全国の原発を止めていかなければ、日本は滅びるでしょう。日本を救うために、原発を止めなければなりません!

私たちは福島10基の廃炉を手始めに、既に浜岡も今、止まりましたけれど、これからが勝負です。あそこの直下の活断層が動かない前に、燃料棒をどうにかしなければなりません。そういう危機的な状況です。安心はできません。

東京電力も保安院も安全委員会も、そして一人ひとりの御用学者、マスコミ、総力を挙げてまた再び、私たちに原発を継続しようという、そういう動きに出てきていると思います。推進側は眠っておりません。この推進側の動きに、私たちは手を緩めることなく、脱原発の旗を掲げてエネルギーシフトを変えるように、全国で声を挙げていけたらというふうに思います。

最後に、今、第一原発のサイト内では多くの人たち、2次、3次…2次はあまりいないでしょうけれど、3次以降の協力企業の方たちが高線量被曝の中で本当に命を削って今、作業しております。そうした働く仲間のことを思い、100ミリというこの線量を超えさせないように、私たちは被曝労働者のことに思いをいたしながら、声を挙げていきたいと思います。

どうぞ皆さん、今日を皮切りにして、このいわき、子どもたちを守る«いわきアクションママの会»のこの動きを、福島県内、そして全国に拡げていきたいと思います。拡げていただきたいと思います。皆さん、頑張りましょう! 有難うございました。