«資料» IAEA 福島に核緊急事態準備センターを開設へ


国連ニュースセンター配信記事

2013年5月23日

国際原子力機関(IAEA)の専門家たちが、福島に核緊急事態準備センターを、日本政府の支援を得て、開設するために日本に向っている。この海辺の都市は2年半前に地震と津波が重大な核事故を誘発したことによって、荒廃した。

日本でだけでなく、全世界において、核の緊急事態への備えを改善し、対応能力を強化することを目的とした数多の活動を、福島事故の教訓を活かしながら、センターで行うことになると、機関の水曜日付けのコミュニケは指摘している。

2011年3月に、日本は国土の東部をマグニチュード9の地震に襲われ、続く津波の破壊を受けて約2万人が犠牲となった。津波に続いて福島第一原子力発電所で起った事故は、1986年のチェルノブイリの惨事以来、最大のものである。

2ヵ月前、IAEA事務局長の天野之弥は理事会において、この2年間は、日本の人民や政府だけでなく、IAEAにも厳しいものであった、と指摘した。

「最悪の時期は過ぎ、私たちは事故後の局面に入りました」そう言葉を継いだ天野氏はさらに、日本が惨事の結果に向き合うために強固な援助をIAEAは提供し続けると、付け加えた。

センターの命名式典は5月27日に予定されている。28日から31日まで、センターは作業チームを受け入れるが、そこには18ヶ国からの40人の専門家が予定されている。