マンガ「美味しんぼ」への福島県の対応に対して異論・反論を!


佐々木慶子

みなさま

私は福島市在住の佐々木慶子です。

去る4月28日と5月12日発売の雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」掲載の漫画「美味しんぼ」に対する執拗な程のバッシングは異常・異様としか言いようがありません。これこそ民主主義の根幹に関わる「言論・表現の自由」を脅かすものと言えます。

この度、福島県はこの「美味しんぼ」に対して、「遺憾の意の表明」を行いました。

「美味しんぼ」の表現に対して「共感」の意を伝える多くの県民もいる中、公正であるべき自治体が自分たちに不都合と思える論を封じ込めるような態度は不謹慎と言わざるを得ません。

私たちは未曾有の原発事故被災県民としての自由な言論を封じるかのような福島県の対応を看過してはならないのではないでしょうか

以上の理由から、私は「ふくしまWAWAWA-環・話・和ーの会」として以下の内容を盛り込んだ申し入れ書を福島県に届けます。みなさんもそれぞれの立場から、できればグループや団体として異論・反論を

福島県秘書課
024-521-7005/FAX 024-521-7900
に文書(又は電話)で伝えませんか。

現時点おいて、被曝と健康被害については医学的にも科学的にも因果関係が立証できないことは事実です。「安全」とも「危険」とも断言できないのであればなおさらのこと、グレイゾーンを含めて様々な意見が出て当然です。事実に真摯に向き合いしっかり論議する必要があるはずです。異論にしっかり耳を傾け自己の考えや利害関係に惑わされない冷静な論議が必要です。この中で双葉町前町長や福島大学准教授も実名で見解を述べています。彼らの見解は多くの県民の共感を得るものであり、一方的に断じられるもの
ではありません。

この度、福島県はこの「美味しんぼ」に対して、「遺憾の意の表明」を行いました。現段階で、一方の論を封じ込めるような意思表明は時期尚早であり、厳に慎むべきです。公正であるべき自治体として取るべき対応ではないと思います。

一人一人が小さくてもいいから声を上げ、一歩踏み出すことが今、問われています。

お互いがんばりましょう!