危険なALARA原則


ロジェ・ベルベオク

「放射線防護と原子力法制」(1998年)より

ICRPはたいへん早くから、労働者たち、あるいは一般の人たちが受けている、ないし受けるべき線量を「適正化」する重要性を認めていました。放射線が健康にとって危険であると考えるのならば、線量はもっとも低い水準にまで低下させるべきだと、但し書き無しに望むのが、健康防護の正しい論理のはずです。1950年にICRPは実際に、被曝を「可能な限り低い水準に」まで低下させることを勧告していました。遺憾なことに、委員会はこの「可能な限り」というのがどの程度なことなのか、明確にはしませんでした。物理的に可能な限りなのでしょうか、それとも、経済的に可能な限りなのでしょうか?二律背反は後に解決されることになります。

1977年にICRPは«合理的に達成できる限り低く(As Low As Reasonably Achievable)»、ALARAの原則を導入しました。放射線防護が高くつくからと言って、ある程度の高さの線量を受容させ、人々を癌による死に追いやるのは«合理的»でしょうか? 何人分かの死を避けるために、原子力産業に莫大な支出を余儀なくさせて、その発展を脅かすのは合理的でしょうか? ICRPは、こういう生の言葉使いで問題を提示していませんが、彼らが言いたのは、要は原子力産業を維持しようということで、そうすることで社会に利益があるというのが、大前提になっている一方、それが成り立つ条件を超えてしまえば、社会的に何らかの問題を生じさせることになるかのように言っているのです。

ICRPの論理は、諸個人(労働者も一般の人たちも)の放射線防護の改善に必要な金銭が、社会防衛の別の領域で使用されればより有益で、より多くの人たちを防護することになるのだ、というのならば、正当化されます。単純な議論で、結論も単純です: 原子力事業者が放射線防護を増やさないことによって節約できる金銭は、社会的な防護の予算に注ぎ込まれるわけではありません。その金銭は事業者の会計に入ったままです。

ICRPが«原価/利益»分析に基いて線量水準を定める提案をする時、それは何を意味しているのでしょうか? 何を含意しているのでしょうか? 諸個人を防護するには費用がかかることを意味しているのですし、そこから期待している利益というのは、被曝による死者が最小であるということです。誰にかかる費用でしょう? もちろん、事業者にかかるのです。 誰にとっての利益でしょう? 諸個人のです。この天秤を支えるには、何か第三の勢力が必要なのは疑いありません。最適化を事業者の手に委ねるのならば、結果は始めから分り切っています。この分析は何を含意しているでしょうか? 2つの違った大きさの間に等式を成り立たせるには、それぞれの大きさを共通の単位で測らなければなりません。費用は金銭的な費用の物差で測られます。利益はどうでしょう? 幾人かの人たちの命、あるいは死をどうやって、そしてどういう単位で測ることができるでしょうか? 数学的に分析するのであれば、諸個人の命(あるいは死)が金銭の単位で測られない限り不可能です。人ひとりの命は幾らにつきますか? これこそが、«原価/利益»適正化というシニカルな考え方が論理として含意しているものです。

声明へのこういうアプローチから、«あなたの命は、幾らだとお考えですか?»という類の主観的な判断規準に入り込まずに生命を見積るための、«科学的»な活動が一山、導き出されるわけです。生命と死を扱う技術者階層の飯の種となる一方で、専門家の大会も開かせることになる、猥褻な研究です。この研究は«人=シーベルトの金銭的費用»という名であり、そこではシーベルトが癌その他諸々の«傷害»を表象しています。

この主題で書かれものは山のようにあるわけで、私たちの社会の合理的思考の倒錯が、どこまで達しているかを示しています。

ICRP


ロジェ・ベルベオク

「放射線防護の神話」(1990年11月)より

この委員会は1928年に放射線学国際会議の議論を受けて創設された。放射線の使用がどんどん拡大していく中で、放射線専門家の間に、悲惨極まりない事態が拡がっていた。不注意な仕事のもたらす危険を警告するのは急務だった。「線量の限度値」と題する、ICRPの最初の勧告は、1934年に発表されている。年間、43レムを超えないように、というものだった。この限度値は、極端に高いものに思える。公式に許容されている現行の値は5レムで、その10倍に近いが、この5レムでさえ、今日明かになっている発癌の危険度を考えれば、既に高すぎる値である。

1934年に勧告された線量によって、火傷や放射線皮膚炎といった、短時日で発症する劇的な急性症状は避けられる。けれども;10年間この線量に曝された状態で仕事を続ければ、かなり高い確率で致死性の癌になる。しかしこの時代には、長期的な効果に専門家たちは不安を抱いていなかったのだ。

創設以来ICRPは、委員によって推薦された人が委員になる、という制度になっていたる。メンバー選択の規準は能力のみによるのが原則だ。メンバーはメンバー自身の代表であり、他の何者に対しても責任を負っていない。こうした原則は、政治的経済的権力からの独立の保証だと説明されている。たいへんに強度の倫理的責任の意識をもって、諸個人を防護することのみが関心事だということだ。

各国政府の公衆保健責任者たちや、放射線防護の専門家たちは、しばしばICRPを引き合いに出して、自分たちの考えを正当化しようとする。けれども、この委員会のメンバーたちが普段の仕事で何をしているか、あるいは、彼らの雇い主の名とかが引き合いに出されるいことはまずない。例として、ICRPのフランス人メンバーは誰と誰であり、彼らが国では誰に雇われているのかを、ここに書き出しておこう:

ジャメ: 原子力委員会、現在は現役ではなく、原子力委員会本部付の技術顧問である。1953年以来のICRPメンバー
ラフュマ: 原子力委員会
パルマンティエ: 原子力委員会
ネノ: 原子力委員会

このリストに、あと2人、原子力業界からは「独立」している人物を付け加えなければならない。私たちの心の健康を何が何でも防護しようというピエル・ペルラン教授と、その同僚で論文共著者のJ.P.モロニである。1986年にこの2人はチェルノブイリの放射能の雲が国境を超えてフランスに入ることを禁止したが、この心の健康の«専門職業人»たちは、私たちが有害な不安に陥るのを避けようとでもしたのであろう。

一般的に言って、ICRPのメンバーの大半は放射線、原子力産業かあるいは放射線療法に関係した専門の職業に就いていてる。フランスでは、状況がぐっと漫画的になっているが。

フランスの原子力委員会は、ジャメを通じて1981年以来、ICRP副総裁の座を握っていて、委員会の諸決定に圧力を行使できている。現在ICRPの総裁をしているベニンソンはアルゼンチンの核プログラムの責任者の一人である。

ICRPは2年に1度総会を開き、放射線防護の考え方を更新して声明を発表する。1987年の集りはコモ(イタリア北部)で開かれた。この機会に、イギリスの地球の友(FoE)の提案によるキャンペーンが展開された(フランスの地球の友(AdT)は加わっていない)。独立した立場の科学者たちはそうして、許容限度線量を、近年の疫学研究の成果に基いて、低くするようにと要求した。GSIEN(原子力情報のための科学者連合:フランスの団体)もこのキャンペーンに加わった。私たちの呼び掛けは、フランスの科学者の間では66筆の署名しか集めることができなかったし、マスコミにはまったく取り上げられなかった。私たちのフランスでは、原子力産業がこれほど巨大なものに発展しているのに、放射線に対する健康の防護は、肝要な争点とは考えられていないのだ。